puzzle_iphoneskin4_201204011309291




前回までの記事では、Facebook広告の画像選定におけるポイントについて

お話しました。

今回の記事では、Facebook広告において画像と同じくらい重要になる

「テキスト」のポイントについてお話しします。

また、テキストについては

・内容として押さえておくべきこと

・表現方法として有効な方法

がありますので、今回の記事では「内容」についてお話しします。

 

Facebook広告では、「画像」と併せて「テキスト」もユーザの目につく

場所に表示されます。

ユーザの行動の流れとしては

・画像に目が行く

・テキストを読んでどういう広告なのかを知る

となりますので、画像でユーザの注意を引いたとしても

テキストの内容によっても、その後のユーザの行動が左右されます。

ですから、テキストの考案も慎重に行う必要があります。

 

テキストを考案する際に「内容」として必要なポイントとしては次の3点です。

①ターゲット層に関する調査

②広告内容が自分にメリットがあると思う内容を記述する

③的確かつ正確に表現する

 

 

 

①ターゲット層に関する調査

テキストを考案する前に、ターゲット層に関する調査が必要です。

自社のビジネスに興味をもつであろうユーザは

どういったものを求めているのか、という点です。

例えば、雑貨屋を運営していると想定し、Facebook広告を出稿する際に

ターゲットとするのはおそらくは20代女性あたりが中心になると思います。

そして、運営する雑貨屋の商品として

・かわいいもの

・シンプルなもの

といった特徴があるとすれば、

そのターゲットとなる

「20代女性がどちらのタイプの雑貨をよりほしいと思っているか」

ということを知る必要があります。

それに合わせたテキストを考案する必要がありますし、

それによって広告の成果も大きく変動します。

 

 

②広告内容が自分にメリットがあると思う内容を記述する

当たり前のことですが、ユーザが「クリックすることで得になる」

といったメリットを感じないことには広告のクリックや

コンバージョンは向上しません。

広告主が「これをおすすめしたい」という内容よりも

ユーザが「これがほしい」といった内容に沿うことで

ユーザ視点に立つことが大切です。

 

③的確かつ正確に表現する

これは画像についての記事でもご説明しましたが、

最終的なコンバージョンに結びつけるためには

大切なポイントです。

広告内容と、ビジネス内容にずれがないように気をつけましょう。

 

 

以上、Facebook広告において、テキストを選定する際に必要な

「内容」についてのポイントを解説しました。

次回の記事では同じくFacebook広告のテキストに関して

「表現方法」のポイントをお話しします。