mixture-69523_6401


Facebook広告の掲載効果向上のためには、掲載場所についてもしっかりと分析する必要があります。
今回の記事では、Facebook広告の掲載場所の視点からより効果的な広告出稿に関するポイントをご説明します。


まずおさらいしておくと、Facebook広告の掲載場所としては次の3か所があります。

  • タイムライン(パソコン)
  • 右側広告表示枠(パソコン)
  • タイムライン(モバイル端末)

これらは、デフォルトの広告作成時にはどれも表示させる設定となっています。

しかし、ユーザ層によってどの場所で広告を見る可能性が高いか、という点には相違があります。
 

①タイムライン(パソコン)


ここはパソコンでFacebookを利用するユーザであればだれでも見る可能性があります。

しかし、投稿が並ぶ枠ですから「コミュニケーション用のSNS」として利用するユーザが多いです。
友達と、知人と、家族との近況報告などのチェックがそれにあたります。

ですから、「生活」や「エンターテイメント」をトピックにした広告は興味をひかれる可能性が高いです。


②右側広告枠(パソコン)


右側広告枠は、「ここは広告だ」というのが明確にわかる欄でもありますし、逆に言うと「ユーザが自分が欲しているものを探す場」でもあります。

しかし、これに該当するのは主にビジネスユーザです。


③タイムライン(モバイル端末)


スマホなどのモバイルからアクセスするユーザは、この枠の広告を必ずチェックします。



モバイルからタイムラインを確認するユーザは①と多くが共通します。
ですから主にコミュニケーションのツールとして利用するユーザということになります。


これらをまとめると、①と③は、「生活」や「エンターテイメント」をはじめとしたFacebook広告の利用に適しており、②はビジネスやある程度FacebookやSNSに知識があるユーザに適しています。

特に②では無駄に目立つ、派手な広告だと嫌がるユーザもいますので注意が必要です。


そして、Facebook広告を作成する際に「広告で使用するテキストとリンク」の画面でどこに表示するかを選択することができます。

「広告プレビューと配置」の下にチェックが入っているものはそこで表示されますよ、ということですので、不要なものは右側の「削除」を押して表示させないようにしましょう。
 

以上、Facebook広告の掲載場所に関する押さえておきたいポイントを解説しました。
次回の記事では、パワーエディタの機能でもある掲載時間についてお話します。





--Facebook広告の完全解説目次ページはこちら--
Facebook広告完成編のまとめ
Facebook広告のすべて。導入から実践、修正、発展までを解説!



Twitterでも情報を配信中!