201103072252211

 前回までの記事では、Facebook広告の完成編のうちFacebook広告の編集に際してのポイントとなる項目について解説してきました。
今回の記事では「分析」に際して押さえておきたいポイントについてご説明します。 

一般的な広告では「分析」というとただその結果を受け取る、といった意味合いが強いですがFacebook広告ではその多機能さから、ある程度自分でカスタマイズを行うことでより効果的な広告出稿へとつなげることができます。
今回は、Facebook「分析」機能の活用できる項目についてお話しします。

本サイトのFacebook広告分析編では、基本的な分析項目とその内容についてご説明しましが、デフォルトで設定されていない項目にもとても有用なものがありますので、そちらの項目からもご紹介します。

項目の追加には、「Facebook広告マネージャ」内の「レポート」項目にあるFacebook広告レポート画面にある、「列をカスタマイズ」から自由に選択できますので、ご参照ください。
さて、Facebook広告の出稿成果を的確に分析するために必要なのは次の項目です。

①ユニーククリック率


これは実際に広告をクリックした人の割合です。
同じ人による複数回のクリックを除外しています。

「広告を実際にどれくらいの人が興味を持ったか」ということを知る重要な指標ですのでこの割合が高いほど、ターゲッティングがうまくいっている、あるいは広告の効率が高いと言えます。

②クリック当りコスト


これは実際のコストの目安となる指標です。
Facebook広告出稿に際して、予算も非常に大切な要素ですのでこの項目を知ることで今後の出稿の際の目安にも利用できます。

③否定的な反応を示すユーザ


Facebook広告では、ユーザが広告を非表示にすることができます。

この機能を利用して、出稿した広告がどのくらい非表示にされたかという数を確認することができます。

非表示の割合が高い場合は、ユーザから見て広告に何らかの問題がある可能性がありますので、ターゲッティング・素材両面から一度見直しをする必要があります。 

④投稿のエンゲージメントごとコスト


これはFacebook広告によって獲得した投稿に関するアクションを得るためのコストです。
Facebook広告の重要な指標であるエンゲージメントを向上させるためのコストとして押さえておきましょう。 

以上、Facebook広告を「分析」の視点から効率化するポイントについてお話しました。
次回の記事ではこれまでの記事でご紹介してきた機能やテクニックなどを総括して効果的なFacebook広告出稿に必要な項目についてまとめを行います。

--Facebook広告の完全解説目次ページはこちら--
Facebook広告のすべて。導入から実践、修正、発展までを解説!