IMGP1005-1024x768



 インターネットビジネスでお金を稼いだら

確定申告で所得税と復興特別所得税を申告しないといけません。

でも確定申告する前に税金がだいたいいくらぐらいか知りたいです。

 

所得税は所得金額によって税率が決まっています。

―― 引用:国税庁 所得税の税率

課税される所得金額   税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20%427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超(平成27年分以降) 45%4,796,000円

 

※平成27年分から4,000万円を超える所得に対して増税されています。

 ※控除額があるため税率がぎりぎりあがっても

 急に税額が増えることはありません。

 

 

復興特別所得税は所得税額の2.1%となっています。

復興特別所得税額 = 基準所得税額 × 2.1%

所得税は収入から経費を引いた所得に対して計算されます。

 

また38万円の基礎控除や医療費控除

住宅ローン控除などを控除した残高が所得となります。

 

たとえばネットオークションで500万円の売り上げがあった

場合について考えてみましょう。

ほかに収入がなければ収入は500万円です。

 

ネットオークションであれば仕入れが必要です。

ほかにもネットオークションに使うパソコンやデジタルカメラ

交通費やインターネットプロバイダーに支払う通信費

サーバーや独自ドメインを持っていればその費用

これらはすべて500万円売り上げるために使ったお金です。

 

すべてあわせて200万円かかっていたとすると経費は200万円です。

利益は500万円から200万円引いて300万円です。

 

ここから控除額を引きます。

基礎控除の38万円は誰でも控除できます。

家族全員の医療費が10万円を超えていたら医療費控除

住宅ローンがあれば住宅ローン控除

配偶者がいれば配偶者控除(または配偶者特別控除)

ほかに扶養家族がいれば扶養控除

生命保険をかけていたり寄付をしたりふるさと納税・・・

控除できる可能性があるものはすべて調べてみましょう。

参考: 確定申告を提出して控除を最大限受けられるようにする基本テクニック

もろもろで100万円の控除が受けられたとしたら

利益300万円から100万円控除して「課税所得」は200万円となります。

 

195万円を超えますので税率10%で20万円

そこから97,500円を控除して所得税は10万2500円です。

復興所得税は所得税の2.1%ですので2512円

合わせて10万4652円となります。

 

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を使えばすぐに計算してくれます。

それだけではありません。

控除される可能性のあるものはすべて入力できます。

 

画面を見ながら入力できる数字をすべて入力すれば

控除の計算も出来ます。

インターネットビジネスで継続して利益をあげるつもりなら

個人事業として「e-Tax」で確定申告することをおすすめします。





確定申告するなら専用ソフトを使うと手間が省けて時間短縮にもなり便利です。無料登録するだけでも明細を記録できるので、使い心地を試してみてください。




「確定申告」に関する他の記事
ネット株取引における確定申告
外国為替証拠金取引(FX)における確定申告
確定申告の疑問 オークションでの収入
確定申告していないことがばれると大変なことに?


Twitterでも情報を配信中!