20161217_161353-540x405


インターネットビジネスで一定の利益があると確定申告が必要です。

ネットオークションでの売り上げを考えてみましょう。

 

何かを仕入れてきてネットオークションで売った場合

収入である売り上げから仕入れ値などの経費を引いて残ったお金が

利益となります。

 

これは「古物営業法」で定められた「古物営業」ですね。

都道府県公安委員会の「古物営業許可」も必要になります。

では自宅で使っていたテレビを買い替えるのに

古いテレビをネットオークションで売った場合はどうなるのでしょう。

 

買った時の値段が仕入れ値?

でも十分使って型落ちになっているから今買うともっと安いですね。

 

そもそもネットオークションを使っていない人が

中古屋さんに売った場合はどうなるのでしょう。

 

所得税法では以下のように決められています。

所得税法 第九条  次に掲げる所得については、所得税を課さない。

 

九  自己又はその配偶者その他の親族が生活の用に供する家具、じゆう器、衣服その他の資産で政令で定めるものの譲渡による所得

つまり家族が使っていたものを売ったときのお金は所得にはならずに

所得税もかからないので申告しなくていいのです。

 

古物営業にもあたりません。

 

 

しかし注意点として宝石や美術品などは一定金額を超えると申告が必要です。

以下の所得税法施行令で30万円を超える宝石や美術品は

使っていたものでも税金がかかると決められています。

 

所得税法施行令

 

第二十五条 法第九条第一項第九号(非課税所得)に規定する政令で定める資産は、生活に通常必要な動産のうち、次に掲げるもの(一個又は一組の価額が三十万円を超えるものに限る。)以外のものとする。

一 貴石、半貴石、貴金属、真珠及びこれらの製品、べつこう製品、さんご製品、こはく製品、ぞうげ製品並びに七宝製品

二 書画、こつとう及び美術工芸品

 

古伊万里のお茶碗で毎日ご飯を食べて

100万円で売って30万円の利益が出たってのは

申告の必要があります。

つまり普段使っていたものをネットオークションで売って

30万円以下だった場合には確定申告する必要はありません。

 

とは言っても本のせどりを行っていて

「全部読むために買って読み終わった本を売っているだけ」

と主張しても実態が伴っていないと認められませんので注意が必要です。

 

ネットオークションで継続的に利益をあげるなら

古物営業法にも準拠して古物商許可を取って

適切な確定申告を行ってください。