smart1



確定申告を提出できるようにするために収支を記録しよう

確定申告するには

「雑所得」か「事業所得」か

「事業所得」ならば「白色申告」か「青色申告」か

「青色申告」ならば「10万円の青色申告特別控除」か

「65万円の青色申告特別控除」か

によって税額が変わってきます。

 

個人事業主として事業を続けるつもりなら

「事業所得」で「青色申告」して

「65万円の青色申告特別控除」を目指しましょう。

 

「65万円の青色申告特別控除」を目指すなら

まずは事業の内容を正確に把握することからスタートしましょう。

そのためにはお金の出入りをすべて記録する必要があります。

 

はじめはお小遣い帳のようなものでもかまいません。

仕事でのお金の出入りを記入することが大切です。

領収書を保存しておくことも大切です。

ぜひ習慣にしましょう。

 

いつ何のお金がいくら出入りしたのかを証明することが大切です。

ここで出入りしたお金が現金なのか銀行振り込みなのか

キャッシュカードなのかを記録します。

お金が動くことが確定した日に収支を付けましょう。

そして実際にお金が動いたときに

たとえば銀行に振り込まれて手数料がかかった

とかを記録していきます。

ここまで記録してあれば複式簿記は目の前なのです。

 

インターネットでビジネスを展開しているからには

パソコンでスマートに集計したいものです。

会計ソフトを使えば簡単な入力で複式簿記を作成することも可能です。

 

でもできた帳簿から事業内容を判断するためには

帳簿が読めないといけません。

複式簿記に慣れてきたら自分でexcelなどの表計算ソフトを使って

使いやすいように作りこみたいですね。

 

収支がしっかり計算されていれば確定申告は単純です。

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で入力していくだけで

確定申告書が完成します。

 

収支がしっかり計算されていれば

必要な書類と共に」税務署の相談窓口に持ち込んでも

その場で確定申告が終了します。

 

慣れてきたら一緒に「青色申告承認申請書」を提出しましょう。

まずは「10万円の青色申告特別控除」を受けながらでいいので

ぜひ複式簿記に挑戦してください。

 

複式簿記は事業の実態を正確に表すために考え抜かれた様式ですので

複式簿記がマスターできれば自分の事業が

きっと今よりも正確に把握できるはずです。

 

そして複式簿記を作成すれば「65万円の青色申告特別控除」が

受けられます。

 

インターネットビジネスでさらなる利益をあげるためにも

今の事業の実態を今よりも正確に把握するためにも

確定申告で「65万円の青色申告特別控除」を受けるためにも

ぜひ複式簿記に挑戦してください。

 

確定申告の控除について

1.複雑な控除を攻略しよう

控除って複雑なのです。

そして申告納税方式では自分で申告しないと控除されないのです。

控除もれを防ぐ第一歩は確定申告のレベルアップです。

手順書を理解することも必要ありません。

国税庁の「e-Tax」を使ってみましょう。

 

それでもわからないこともあります。

そんな場合はどんどん税務署に電話してみましょう。

最後の手段は必要な書類をもれなく揃えて

税務署の相談窓口に行けばその場で確定申告が終わります。

国税庁・国税局や税務署は税金をちゃんと払う意思がある人に

やさしく接してくれます。

 

2.青色申告するだけで10万円控除

個人事業で確定申告する場合に白色申告と青色申告が選べます。

白色申告は簡単な帳簿で申告できます。

青色申告だと複式簿記が必要ですが税金が控除されます。

控除額は10万円ですが白色申告と同じ簡単な帳簿で

青色申告することができます。

ただし、新たに青色申告をおこなう場合は

事前に税務署に届けを出さないといけません。

 

―― 引用:国税庁 No.2070 青色申告制度

1 青色申告制度の概要

 我が国の所得税は、納税者が自ら税法に従って所得金額と税額を正しく計算し納税するという申告納税制度を採っています。

 1年間に生じた所得金額を正しく計算し申告するためには、収入金額 や必要経費に関する日々の取引の状況を記帳し、また、取引に伴い作成したり受け取ったりした書類を保存しておく必要があります。

 ところで、一定水準の記帳をし、その記帳に基づいて正しい申告をする人については、所得金額の計算などについて有利な取扱いが受けられる青色申告の制度があります。

 青色申告をすることができる人は、 不動産所得、事業所得、山林所得のある人です。

2 青色申告の申請手続

(1) 原則

 新たに青色申告の申請をする人は、その年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署長に提出してください。

(2) 新規開業した場合(その年の1月16日以後に新規に業務を開始した場合)

 業務を開始した日から2か月以内に「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署長に提出してください。

 

3.青色申告すれば所得金額から65万円控除されます

複式簿記で行います。

―― リンク:国税庁 No.2072 青色申告特別控除

まずは青色申告の届けを税務署に提出して

10万円の控除を受けながら複式簿記の考え方に慣れるところから

始めてみてください。

 

確定申告の簿記の基本

確定申告の方法によって税金は安くなります。

「雑所得」よりも「事業所得」のほうが

「事業所得」ならば「白色申告」よりも「青色申告」のほうが

「青色申告」ならば「簡易簿記」よりも「複式簿記」のほうが

税金面で優遇されていて税金が安くなる場合があります。

 

インターネットビジネスを行う個人ならば

「複式簿記」で帳簿を作って「青色申告」で「事業所得」として

確定申告するのがもっとも税金面で優遇されます。

 

そのためには「複式簿記」で帳簿をつけることが必要です。

「複式簿記」の基本的な考え方は「取引には原因と結果がある」という

取引の法則性」があるということです。

お金を払うときにはそのお金で物を買うとかサービスを受けるといった

何らかの対価が存在します。

 

たとえばアフィリエイターがブログを書くためにパソコンを10万円で購入したら

お金が10万円出ていきましたが10万円のパソコンが手元に残ります。

これを「10万円のお金」と「10万円のパソコン」とが置き換わった

と記録するのが複式簿記です。

 

そして今ある資産は「10万円のお金」が「10万円のパソコン」に

置き換わっただけですからこの取引での資産の合計額は変わっていない

と考えるのです。

 

減価償却の考えがあるのでこのパソコンを使っているうちに

価値がどんどん目減りして最後には「価値のないパソコン」になります。

そこでこの10万円が使ったお金となって「経費」になります。

 

1個または1組の取得価格が10万円以下のものは使い始めた年に

「備品・消耗品費」として使い切ったとして「経費」処理します。

もっと高額なものは「固定資産」として毎年少しずつ価値が減っていく

として「減価償却費」で計上します。

 

 

減価償却や勘定科目とは?

勘定科目」と言って複式簿記ではこの「勘定科目」ごとに記録します。

取引を記録する表の題名だと思ってください。

お金だと「銀行通帳」のイメージで出入りを記入して

物だと「倉庫」のイメージで出入りをすべて記入します。

用語として決まりはありませんが一般的に使われている「勘定科目」を

使ったほうが帳簿を作るほうも見るほうも安心ですので

参考にしてみてください。

―― リンク:勘定科目一覧表

―― リンク:勘定科目一覧表 別サイト

 

簿記と言うと難しそうですが

いきなり形式から勉強するのではなく考え方から理解を進めると

わかりやすいと思います。

 

確定申告の簡易簿記と複式簿記

インターネットビジネスを行う個人ならば

「複式簿記」で帳簿を作って「青色申告」で「事業所得」として

確定申告すると最大限税金面で優遇されます。

「複式簿記」とは「取引には原因と結果がある」として

お金とその対価を記録する方式です。

 

それに対してお小遣い帳のようにお金の出入りだけを記録した帳簿を

「簡易簿記(単式簿記)」と言います。

たとえばアフィリエイターがブログを書くために

2月3日にパソコンを10万円で購入した場合には

日付備考収入支出残高
2月3日パソコン購入 100,000内緒
     

てな具合です。

 

これを複式簿記で記入すると

仕訳帳

日付借方勘定科目  借方金額貸方勘定科目貸方金額
2月3日備品・消耗品100,000現金100,000
     

 

総勘定元帳 備品消耗品

日付相手勘定科目摘要 借方貸方残高
2月3日現金パソコン100,000 内緒
      

 

総勘定元帳 現金

日付相手勘定科目摘要借方貸方 残高
2月3日備品・消耗品パソコン 100,000内緒
      

となります。

 

総勘定科目の現金を見ると「簡易簿記」に似ています。

現金だけ見れば同じなのです。

「勘定科目」とか「借方」「貸方」なんて挫折しそうな用語が

出てきましたがただの言葉ですので気にしなくて大丈夫です。

 

「勘定科目(かんじょうかもく)」とは分類上の「品目」とか

現金とか銀行残高とか思ってください。

分類には特に決まりはありませんが一般的に使われているものを

利用するといいでしょう。

―― リンク:勘定科目一覧表

―― リンク:勘定科目一覧表 別サイト

 

「借方(かりかた)」「貸方(かしかた)」は調べるとどんどん深みに

はまりますので自分から見て増えたものと減ったものぐらいに思うといいです。

 

先ほどの例で「簡易簿記」と総勘定元帳の現金とがほぼ同じでした。

複式簿記で使用する仕訳帳は総勘定元帳への転記のために作成しています。

 

また仕訳帳の借方金額と貸方金額は一致しますので仕訳帳を

日付借方勘定科目貸方勘定科目金額摘要
2月3日備品・消耗品現金100,000パソコン購入
     

としても支障ありません。

 

「簡易簿記」に似てきましたね。

同じ取引を記録しているわけですから似ています。

「簡易簿記」を「複式簿記」の考え方を取り入れて

お金の動きが確定した日と実際に銀行振り込みなどでお金が動いた日

について記載してあればそのまま複式簿記に移行できるのです。

「複式簿記の考え方」を取り入れていれば「複式簿記」そのものも

決して難しくはないことを理解していただければ幸いです。

 

確定申告における現金主義と発生主義とは?

インターネットビジネスを行う個人ならば

「複式簿記」で帳簿を作って「青色申告」で「事業所得」として

確定申告すると最大限税金面で優遇されます。

 

同じ「複式簿記」でも優遇が「簡易簿記」と同じ

「10万円の青色申告特別控除」になってしまう場合があります。

満額の「65万円の青色申告特別控除」を受けるためには

正式な「複式簿記」が必要なのです。

 

正式な「複式簿記」では「発生主義」で記録することになっています。

お金の動きが確定した日と実際に売り上げたり仕事に使いだしたりした日と

実際に銀行振り込みなどでお金が動いた日について記録して

実際に売り上げたり仕事に使いだしたりした日に

収支として計上することになっています。

 

お金の動きが確定した日と

実際に売り上げたり仕事で使いだしたりした日が

同じだった場合でも2回

別の日ならば3回記帳することになります。

 

たとえばamazonでパソコンを購入してクレジットカード払いにした場合は

まずは発注した時点でクレジットカードの支払(買掛金)で

パソコンを手に入れて輸送中になります。

 

実際に受け取ってセットアップした時点で業務に使用しだしたということで

経費処理します。

代金を支払った時点で銀行預金によってクレジットカードの支払いを済ませた

という処理になります。

これが正式な「複式簿記」の「発生主義」です。

 

 

これをお金の動きに「だけ」着目して

実際に銀行引き落としがあった日に一度だけ記録するのが

「現金主義」です。

この方式を選択するためには小規模事業者であることなどの条件がありますが

あらかじめ手続することで「現金主義」で「青色申告」で確定申告する

ことも可能です。

―― リンク:国税庁

[手続名]現金主義による所得計算の特例を受けるための手続

 

ただし現金主義では正式な「複式簿記」ではありませんので

「65万円の青色申告特別控除」を受けられません。

―― 引用:国税庁 No.2072 青色申告特別控除

現金主義によることを選択している人は、65万円の青色申告特別控除を受けることはできません。

でも「10万円の青色申告特別控除」は受けることができます。

まずは「10万円の青色申告特別控除」でもいいですが

徐々にでも正式な「複式簿記」に慣れて

いつかは正式な「複式簿記」をマスターしたいものです。

 

インターネットビジネスで継続して利益をあげるのなら

正式な「複式簿記」で「青色申告」して「65万円の青色申告特別控除」

を受けたいですね。

 

確定申告のための貸借対照表と損益計算書について

満額の「65万円の青色申告特別控除」を受けるためには

正式な「複式簿記」が必要です。

そしてそれに基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書の添付が

必要です

―― 引用:国税庁 No.2072 青色申告特別控除

65万円の青色申告特別控除

この65万円の控除が受けられるための要件は、次のようになっています。

(1) 不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいること。

(2) これらの所得に係る取引を正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること。

(3) (2)の記帳に基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付し、この控除の適用を受ける金額を記載して、法定申告期限内に提出すること。

 

では「貸借対照表」と「損益計算書」とは何でしょう。

「貸借対照表」とは事業資金をどうやって集めて

どうやって保有しているかを表したものです。

バランスシート(B/S)ともよばれます。

 

今ある資産がその年の初めからあったものか(元入金)

借り入れたものか(借入金)その年の利益か(所得金額)など

集めた方法を右側に(負債・資本の部)記載します。

 

そしてそのお金が現金であるのか(現金)銀行にあるのか(当座預金等)

ツケなのか(受取手形、売掛金)在庫なのか(棚卸資産)

来年も使う物としてあるのか(機械装置等の固定資産)など

どうやって保有しているかを左側に(資産の部)記載します。

 

ここで今保有しているお金とそのお金を集めた方法の合計額は

等しくなりますので「資産の部」の合計額と「負債・資本の部」の

合計額は等しくなります。

―― リンク:中小企業庁 「貸借対照表」って、何ですか?

 

「損益計算書」はその年の事業成績を表したものです。

「Profit&Loss Statement」を略してP/Lともよばれます。

大まかには「総売上」から「原価」を引いて「営業利益」を算出して

「営業利益」から「原価以外の費用」を引いて「経常利益」を算出して

「経常利益」から「特別な損益」を引いて(足して)「税引き前利益」を

算出します。

―― リンク:中小企業庁 「損益計算書」って、何ですか?

 

どちらも確定申告の書類と一緒に申請書類を入手できます。

―― リンク:国税庁 確定申告書等作成コーナー

所得税青色申告決算書(一般用)【平成25年分以降用】(PDFファイル/459KB)

 

正式な「複式簿記」が作成してあれば転記するだけです。

逆に考えると「所得税青色申告決算書」をうめられるような「複式簿記」を

作成すればいいことになります。

 

インターネットビジネスで継続してお金を稼ぐのなら
正式な「複式簿記」で貸借対照表及び損益計算書を作成して
「青色申告」で確定申告をおこなって「65万円の青色申告特別控除」
を受けられるようにしたほうがとても得します。


【確定申告に役立つ関連記事】
確定申告書の見方(前編)
確定申告書の見方(後編)
確定申告書の質問集
確定申告における経費

Twitterでも情報を配信中!