20161204_150237-540x405


正式な「複式簿記」を作成して「事業所得」として「青色申告」で

確定申告すると「65万円の青色申告特別控除」が受けられます。

 

ただし個人事業主にとっていきなり正式な「複式簿記」を

作成するというのは少しハードルが高いと思います。

 

もちろんいつかは「65万円の青色申告特別控除」を受けるとしても

今すぐに正式な「複式簿記」で帳簿をつけるのは難しいかもしれません。

それでも「青色申告」のメリットを受ける方法があります。

「簡易帳簿」による「青色申告」制度です。

 

「青色申告特別控除額」は10万円に減額されますが

それでも「白色申告」と同じような手間で

10万円控除されてなおかつ他の「青色申告」のメリットは

受けることが可能なのです。

 

あらかじめ所轄の税務署に「青色申告承認申請書」を提出しておく

必要はありますが

あとは「簡易帳簿」による「青色申告」するだけでいいのです。

 

「10万円の青色申告特別控除」で受けられる主なメリットは



(1) 青色申告特別控除

「10万円の青色申告特別控除」です。

「65万円の青色申告特別控除」よりも額は減りますが

それでも10万円の控除が受けられるのです。

 

申告方法にかかわらず受けられる他の控除もありますので

所得額によっては「65万円の青色申告特別控除」と

変わらない場合もあります。

 

(2) 青色事業専従者給与

個人事業者の場合は同居の家族が仕事を手伝ってくれていて

給料を払っていても経費として認められる条件と額が決まっています。

 

しかし「青色申告」していれば事前に「青色事業専従者給与に関する届出書」を

提出することによって正当な報酬ならば全額経費として認められます。

 

(3) 貸倒引当金

まだ回収していない売掛金や未収金が残っているときに

万が一払ってもらえなかった場合に備えて残高の5.5%を貸倒引当金として

経費に計上できます。

 

(4) 純損失の繰越しと繰戻し

その年の事業が赤字だった場合に

前年の利益から控除して税金が戻ってきたり(繰戻し)

その損失額を翌年以後3年間にわたって繰り越して

それぞれの所得金額から控除することができます。

 

他にも条件によっては

特定の機械設備を導入すると一定の経費処理が認められるとか

本来「固定資産」となる資産でも一括経費処理が可能になる場合がある

といったいろいろな優遇があります。

 

個人事業主としてこれからも継続して利益を出していくのなら

まずは「青色申告承認申請書」を所轄の税務署に提出して

「10万円の青色申告特別控除」を受けましょう。

 

そして徐々に「65万円の青色申告特別控除」を目指す

ことをおすすめします。