20131112_636685



一定の利益があれば確定申告で

所得税と復興特別所得税を申告しないといけません。

 

インターネットビジネスを行う個人ならば

「複式簿記」で帳簿を作って「青色申告」で「事業所得」として

確定申告すると最大限税金面で優遇されます。

 

満額の「65万円の青色申告特別控除」を受けるためには

正式な「複式簿記」が必要です。

 

正式な「複式簿記」では現金や銀行預金を別の勘定科目として

記録して残高も管理する必要があります。

 

ここでもし普段生活費で使っている銀行口座をそのまま使う場合には

残高を管理するためにプライベートで生活に使ったお金の出入りも

記録する必要が出てきます。

もちろんちゃんと記録されていれば良いのですが管理が大変です。

クレジットカードでの支払いも同様です。

 

銀行からクレジットカードの利用料金を引き落とした時に

プライベートで使ったものか仕事で使ったものかを

しっかりと切り分けないといけません。

所得は収入から経費を引いて求めます。

 

ここで経費として計上したものにプライベートで利用したものが

入っていないことをちゃんと説明できないといけないのです。

領収書はすべて残していないといけません。

 

近距離の電車賃など

どうしても領収書がなくて領収書がない理由がしっかりとしている場合は

出金伝票などのしかるべき記録で代用します。

 

取引額が少ないうちはいいのですが

順調に事業が拡大して頻繁に取引が発生すると

切り分けるのは大変ですし

銀行口座やクレジットカードの総勘定元帳が膨大になります。

 

いろいろな銀行口座でいろいろなクレジットカードを使っていると

切り分けが大変なのです。

特にクレジットカードの引き落とし日を確定するためには

プライベートで使っているすべての銀行口座やクレジットカードを

申告することにもなりかねません。

 

これが株式会社だと法人ですので会社名義の銀行口座が作成できますし

その口座から引き落としするクレジットカードも作成できて容易に

切り分けが可能です。

 

個人事業では商号登録していても商号での銀行口座は作れません。

でも事業主個人名義の銀行口座は作成できますので

取引額が少ないうちに仕事専用の銀行口座を作成しておくと

良いと思います。

 

仕事で使うクレジットカードも仕事専用として

この銀行口座から引き落とすようにしておくと「生活費」と「経費」の

切り分けが明確になります。

 

報酬の振り込みはすべてこの銀行口座に入るようにして

仕事で使うクレジットカードは一枚にまとめておくと

切り分けが楽になります。

 

個人事業主としてこれからも継続して利益を出していくのなら

専用の銀行口座を作って

その口座で引き落とす専用のクレジットカードを作成して

仕事で使ったお金の領収書はすべて取っておく習慣をつけておくと

事業が拡大しても安心です。