poster-pont-de-pierre-in-bordeaux-bei-nacht-1568216


一定の利益があれば確定申告で

所得税と復興特別所得税を申告しないといけません。

 

インターネットビジネスを行う個人ならば

正式な「複式簿記」で帳簿を作って「青色申告」で「事業所得」として

確定申告すると「65万円の青色申告特別控除」が受けられます。

 

また「10万円の青色申告特別控除」でも「白色申告」でも「雑所得」でも

収入と経費は正確に申告する必要があります。

 

収入は「過不足なく」申告する必要があるのです。

 

収入金額を過少に申告したら税金逃れとなりますので

加算税」や「延滞税」を追徴されます。

 

悪質だと取られると「重加算税」と「延滞税」が追徴されます。

 

税務署としては当然「収入金額を過少に申告していないか」を最も

気にしますのですべての収入金額が申告されていることを説明することが

重要になります。

 

 

ここで収入がいろいろな銀行口座に振り込まれていてそれらの

銀行口座をプライベートでも使っている場合に

収入を「過不足なく申告している」ことを証明することは

容易ではありません。

 

税務署としては「収入金額をことさら過少に申告」しているのではないかと

疑いたくなりますね。

 

あらかじめ仕事関係を一つの銀行口座にまとめて

報酬はすべてその銀行口座に振り込まれるようにしてあれば

万全とまでは言えませんが収入を説明するにも説得力が出てきます。

 

 

新たに事業専用の銀行口座を作るのが理想ですが

銀行口座を余分に管理するのは大変です。

 

今ある銀行口座でも良いので事業で使う銀行口座を決めて

報酬はできるだけその口座に振り込まれるようにしましょう。

 

他の方法で支払われても一度必ずその銀行口座に入金することで

「収入はすべてこの銀行口座で管理しています」と明言できます。

 

できることならその銀行口座への「入金」は仕事の報酬だけに

するとさらにわかりやすくなります。

 

銀行口座の通帳は公的な書類と言えますので説得力があります。

 

また税務調査では反面調査として取引先の銀行口座も調べられますが

報酬支払元の税務調査で反面調査として調べられる場合も

特定の銀行口座でまとめてあれば調査も簡単です。

 

さらに正式な「複式簿記」で「青色申告」してあれば

その「銀行口座」の総勘定元帳を見れば

一度で対応する収入が証明できます。

 

あまりはっきりとは言い切れないのですが税務署の印象をよくすることも

きっと損はないと思っているのですよ。

 

 

個人事業主としてこれからも継続して利益を出していくのなら

専用の銀行口座を作って収入をすべて一元管理して

適切な確定申告をおこないたいですね。