繝「繝ウ繝槭Ν繝医Ν10



 一定の利益があれば確定申告で

所得税と復興特別所得税を申告しないといけません。

 

所得税と復興特別所得税は申告納税方式ですので

収入と経費は正確に申告する必要があります。

 

 

特に収入では過少申告に経費では水増しにならないように

適切に申告しないと脱税とみられる場合があります。

 

収入を管理する方法として専用の銀行口座を作って

すべての収入をその口座を通すことによって

収入をすべて申告しているという説得力を高めます。

 

 

では経費を水増ししていないという説得力を高める方法はどうなるでしょう。

 

その場その場で現金で支払ったり購入するお店によって

クレジットカードを使い分けたりすると経費を計上するのに

いろいろなカード類から抜き出して算出することになります。

 

インターネットビジネスでは経費もインターネット通販を利用する場合も

多いと思いますのでクレジットカードでの支払いも少なくないと思います。

 

まずは仕事で使う支出を一つのクレジットカードにまとめましょう。

 

仕事での支払いを専用のクレジットカードにまとめることで経費の計上が

ぐっと楽になります。

 

プライベートでは使わない仕事専用のクレジットカードを作ることを

おすすめします。

 

そして引き落としを仕事専用の銀行口座にしておきます。

 

新たに作らなくても使っていないクレジットカードがあればそれを

「仕事専用」としてもかまいません。

 

収入は仕事専用の銀行口座で管理して

支出も同じ銀行口座から引き落とされるクレジットカードで管理すれば

正式な「複式簿記」で申告する場合もクレジットカードや銀行口座の

総勘定元帳も一つで済みます。

 

 

そしてそのクレジットカーではプライベートの支払いをしないようにすれば

「このクレジットカードは経費の支出以外には使っていません」と

言い切れて説得力が増します。

 

もちろん現金やプライベートと知り分けられない支出は残るでしょうが

プライベートには使わない専用のクレジットカードで支出を管理している

というのは経費を申告するうえで大きなメリットになります。

 

また税務署側にも「仕事とプライベートの切り分けができている」と

いった印象を持ってくれます。

 

個人事業の帳簿にとって仕事とプライベートの切り分けができている

というのは非常に重要なことなのです。

 

 

個人事業主としてこれからも継続して利益を出していくのなら

専用の銀行口座を作って収入をすべて一元管理して

その銀行口座から引き落とされるクレジットカードで

支出をすべて一眼管理して

適切な確定申告をおこないたいですね。