繧サ繝シ繝悟キ晄イソ縺・・蠎・



 インターネットビジネスでお金を稼いでいる人は

個人事業主として「事業所得」として

正式な「複式簿記」で「青色申告」して

「65万円の青色申告特別控除」を受けるのが一番お得です。

 

しかし今まで簿記に携わってこなかった人が

いきなり正式な複式簿記をゼロから始めるのは

非常にハードルが高いと思います。

そのためパソコンとインターネットを活用することで楽にできる様になります。

Excel などの表計算ソフトに慣れている人は

実際の複式簿記の記入例があればそれほど苦労せずに作れます。

 

インターネットには簿記の解説があふれています。

簿記も初めてでExcelも苦手なら会計ソフトを使ってみましょう。

世の中には会計ソフトがたくさん出回っています。

個人事業主をターゲットにした商品もたくさんあります。

 

まず無料のツールで試してみてはいかがでしょうか?

そこから複式簿記を始めてみることが良いかと思います。

無料のツールでは機能が限られていますし

サポートもオンラインに限られる場合が多いです。

でも使っていて不満が出てくれば自分にどの機能が必要なのかが

わかってくると思います。

 

またオンラインでのサポートでどうしてもわからないことが出てくれば

その疑問に答えてくれるようなサポートを選ぶこともできます。

そうすれば自分に何があっているのかわかりますので有料のツールを

購入しても失敗が少ないと思います。

 

では無料のツールでは何を選べばいいでしょうか?

実際にいくつか使って検証してみました。

もちろん人によって向いているものが違うとは思いますが

まず試してみて一番使いやすいものを選べばいいのです。

 

[Excel簿記]

そのまま利用するには無期限で無料ですが

セルの計算式を修正したり

昨年のデータを持ち越して新たなデータを作るような使い方をするときは

有料の「標準マニュアル+パスワード」ファイルを購入することになります。

ひと月分入力してみましたが直観的で使いやすい

ツールだと思います。

 

入力した部分は青色申告書もリアルタイムで作成されますので

途中で事業の状態をチェックするのにも使えます。

 

多くの会計ツールがアプリケーション形式

インストールが必要なのですが

この「Excel簿記」はその名の通りマイクロソフトExcelなどの

表計算ソフトで使えるファイル形式となっています。

 

ですから開発者の都合でアプリケーションの更新が突然止まって

古いデータが参照できないとか

突然有料になって結局高いものにつくといったリスクはありません。

Excelのデータが読み込める環境があれば少なくともデータは読み込める

ということです。

 

マイクロソフトExcelの他にOpenOffice.orgのCalc でも使えます。

OpenOffice.orgは世界中のユーザーが「自分たちが使うために」共同で

開発しているマイクロソフトオフィス互換の無料オフィスツールです。

 

マイクロソフトオフィスとの互換性は非常に高く

オフィスのバージョンが合わずにファイルが開けない時などは

OpenOffice.orgで全く問題なく開いて編集することもできますので

使っていない人でもインストールをおすすめします。

マイクロソフトオフィスを持っていない人でもOpenOffice.orgと

「Excel簿記」を使って無料で始めることができます。