繝「繝ウ繝槭Ν繝医Ν6



 納税は国民の義務なのですがこれが慣れないとなかなか大変です。

でもやっぱり義務で確定申告しないと義務が果たせません。

これがインターネットビジネスを始めたばかりで

今まで確定申告をしたことがなかったりすると

すべてを一人で仕上げるのは本当に難しいのです。

 

 

そんな時は遠慮せずに相談しましょう。

税理士さんに相談すれば解決はしますが費用がかかります。

そんな時は税金を集めることが仕事の人

国税庁や国税局や税務署に相談するのです。

 

税金を払おうとしている善良な市民に対して

税務署は心強い味方です。そして税金のプロです。

 

実際に微妙な解釈がわからなくて税務署に電話で問い合わせて

税金が安く済んだ経験があります。

聞かなければ本来払う税金よりも多く支払っていたのです。

 

悪さをして税金をごまかしたりうその申告をしたり

そもそも申告しなかったりしなければ心強い味方なのです。

まずは国税庁のサイトを見てみましょう。

 

確定申告の時期が近づくと「○○年分確定申告特集」の特設サイトが

開かれます。

このサイトにはお得な情報が盛りだくさんなのです。

まずここで確定申告の概要が把握できます。

 

「確定申告に関する基本情報のご案内」や

「初めて確定申告をされる方」や

「ふるさと納税をされた方」などピンポイントの情報もあります。

 

なかでもおすすめなのが

パソコンで申告書等を作成される方(確定申告書等作成コーナー)

です。

 

確定申告のためのすべての手順と

すべてのノウハウが詰まっているといっても過言ではありません。

途中までのデータを保存して後で再開することもできますので

まずは気軽に入力してみることをおすすめします。

 

そしてわからないところは書き出しておいて税務署に問い合わせることも

できます。

 

税務署に電話をして問い合わせるのは気が引けるかもしれませんが

確定申告しようとしている善良な市民の疑問に答えることも

税務署の立派な仕事ですから遠慮せずに電話しましょう。

―― リンク:国税庁 国税に関するご相談について

 

電話で問い合わせる場合は「個人」が「確定申告」で

雑所得」または「事業所得」を「白色申告」または「青色申告」する

ことを最初に伝えましょう。

 

担当者につないでくれますので

国税庁の確定申告書等作成コーナー」または「手書き」で

どの用紙(申告書Bとか)」のどの部分を記入するのに何が疑問なのかを

伝えるとスムーズに済みます。



【確定申告に役立つ関連記事】
インターネットビジネスでの収入と確定申告の必要性
確定申告が必要となるのはどんな人?
確定申告した後に税金はいくら払うの?


Twitterでも情報を配信中!