繧ソ繧吶ヵ繧」繝シ繝悟コ・エ5



 インターネットビジネスで一定の利益をあげたら確定申告が必要です。

でも確定申告って初めての人にはわからないことだらけですよね。

 

税制は毎年変わりますので正確には国税庁のサイトとかで調べてください。

 


確定申告とは?

税金を払うのは国民の義務です。

でも一人一人の収入や家庭事情を国が把握して個人に税金を請求するのは

ほとんど不可能です。

だから税金を払う人が自分で税金の額を確定して申告するという方式を

取っています。(申告納税方式)その申告を「確定申告」と言います。

 

 

みんな確定申告するの?

「確定申告する必要がある人」と「確定申告すると税金が戻ってくる人」が

います。

少しでも収入があれば確定申告するのが基本なのですが

収入が少ない人などは「免除される」のです。

 

免除される人とは

・年間所得が38万円以下の人

・給料を1か所から受けていて給料以外の所得が20万円以下で

年収2000万円以下の人

などです。

 

確定申告はいつやるの?

個人の税金は1月1日からその年の12月31日までの1年間について

2月15日から3月15日まで(土曜日曜の場合は順延)の間に

申告することになっています。

 

確定申告は何から始めたらいいの?

帳簿をそろえたり申告書を入手したりですが

「国税庁のサイトを見る」ことから始めることをおすすめします。

 

確定申告の時期が近づくと特集ページが開設されますし

特集ページではなくても個人が確定申告するための情報が

たくさんあります。

 

利益が出だしたけど何か確定申告の準備が必要?

まずは仕事に関係する領収書をすべて残しておくことです。

そして帳簿を付けましょう。

何をしてどこからいくら入ったとか

どこに行っていくら使ったとかの情報がないと確定申告できません。

 

帳簿ってよくわからないし確定申告って難しそう

税金でわからないことはとにかく何でも税務署に問い合わせるぐらいの

姿勢でも大丈夫です。

 

確定申告は税理士さんに頼まなくても大丈夫?

大丈夫です。

税理士は代理で確定申告することができる資格ですが

あなたの事業はあなたにしかわからないのですから

あなたが自分で自分の事業の内容を確定申告するのが一番正しい姿です。

 

確定申告は簿記を勉強しないとだめなの?

 

お金が出入りした「日にち」と「相手が誰か」と

「何のお金か」と「金額」とを記入していきます。

紙でもいいですがパソコンのほうがあとで便利です。

これが「簡易簿記」の帳簿です。

「65万円の青色申告特別控除」を受けるためには

正式な「複式簿記」の帳簿が必要です。

 

確定申告のためには簿記の勉強が必要?

まずは「何が」「何に」変わったかを記入しましょう。

「LANケーブル」を買って現金で支払ったら

「現金」が「LANケーブル」に変わったのです。

パソコンの表計算ソフトとかならこの表がたまってきたら

「何が」の列と「何に」の列を入れ替えて「何が」を「貸方勘定科目」に

「何に」を「借方勘定科目」に書き換えれば複式簿記の「仕訳帳」の完成です。

紙だったら初めから「何に」と「何が」の順番で記録しましょう。

「仕訳帳」があれば複式簿記はまったく怖くありません。

 

パソコンで帳簿をつけるならお高い会計ソフトが必要では?

個人事業でそこまでは必要ないと思います。

会計ソフトだと業種ごとにカスタマイズされていて

数字を入れるだけで必要な伝票が印刷できたり

入力データーをインターネット経由でバックアップしたり

地球の裏側まで共有できたりして便利ですが取引回数や売上が応じて

導入を検討するといいです。

無料のソフトもありますしマイクロソフトexcel用のファイルも

公開されていますので使ってみるのもいいと思います。

 

無料のツールで確定申告書まで作ってくれる?

確定申告書は国税庁のサイトに開設される

「確定申告書等作成コーナー」を強くおすすめします。

毎年税制の細かな変更がありますし「○○特例法」とかが

新しくなったりとかで「その年の」お作法にそった確定申告書を

作成しないといけません。

 

Q&Aページや無料電話サポートも充実しています。

 

 

確定申告書の用紙の入手方法

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で入力すれば自分のデータが

記入されて完成した「確定申告書」がダウンロードと印刷が可能です。

そのまま提出できます。

手書きなら用紙はすべて国税庁のサイトからダウンロードできます。

また「開業届」を提出してあれば「番号」が記入された

「確定申告書」用紙一式が郵送されてきます。

さらに税務署に行けば相談もできますし用紙一式ももらえます。

 

確定申告書にいろいろ種類があるけどどれを使うの?

インターネットビジネスで収入がある人は「確定申告書B」を

利用しましょう。

青色申告書は「所得税青色申告決算書(一般用)」です。

 

青色申告について

インターネットビジネスの所得は

「雑所得」

「事業所得」の「白色申告」

「事業所得」の「青色申告」で「簡易簿記」

「事業所得」の「青色申告」で「複式簿記」

の4種類が考えられます。

そして下に行くほど優遇されています。

「事業所得」だと損出を出した時に他の年の利益を相殺することが

可能などのメリットがあります。

「青色申告」するためには事前に

「開業届」と「青色申告承認申請手続」が必要ですが

10万円の所得控除を受けられるなどのメリットがあります。

正式な「複式簿記」で「青色申告」すると65万円の所得控除などの

メリットがあります。

ぜひ「開業届」と「青色申告承認申請手続」を提出しましょう。

提出先は税務署です。

 

確定申告で他にもメリットが受けられる方法について

「e-Tax」で電子申請しましょう。

金銭的なメリットは残念ながら終わってしまいましたがそれでも

必要な書類の提出義務を免除されたり便利だったりのメリットがあります。

「e-Tax」を使うためには

市区町村役場で「電子証明書」が記録された「住民基本台帳カード」を

発行してもらって

「住民基本台帳カード」に対応したICカードリーダライタが必要です。

費用は最初に2~4千円ほど必要になりますが一度利用したら便利さがわかります。

 

税務署が開催する確定申告相談センターなどでも利用できますので

一度体験してみることをおすすめします。

 

確定申告における複式簿記とは?

お金が動くときって何か目的があって動きますよね。

たとえばパソコンを買った場合には

お金を払ってパソコンを手に入れているのですよね。

お金が消えてなくなったわけではなくて

お金がパソコンに変わったということです。

そのパソコンはこれから使えるわけですから

お金は消えてなくなったわけではなくて

これから何年かパソコンを使って便利に仕事ができる。

急にお金が必要になった時にもパソコンを中古屋さんに売れば

少しはお金になります。

この時のお金は突然わいて出るわけではなくて代わりにパソコンが

なくなっているわけです。

パソコンは中古屋さんに持っていっても

あまり高く買ってくれないかもしれませんが

金塊だったらどうでしょう。

買った時よりも高く売れるかもしれません。

パソコンや金塊があるってことをちゃんと覚えておかないと

今の状態が正確にはわからないことになります。

それをちゃんと帳簿に書いておきましょうというのが複式簿記です。

 

 

確定申告のための複式簿記

 

たとえばお財布に入っている現金だけでその人がお金持ちかどうかは

わかりません。

立派な豪邸やピカピカのベンツに壁にはフェルメールの名画が飾ってあって

預金通帳にはパッと見ていくらかわからない数字が書いてあって

隠し金庫に「何か」が保管してあるってことは

お財布に入っている現金だけではわかりません。

帳簿も一緒です。

複式簿記では「貸借対照表」に全て記載します。

 

貸借対照表とは?

今ある財産をどうやって集めたかを右側に記載します。

 

事業のために事業主が出したお金(元入金と事業主借)なのか

借りているお金

(支払手形、買掛金、借入金、未払金、前受金、預り金など)なのか

もうかったお金(所得金額)なのかを記載します。

 

「e-Tax」以外の確定申告方法

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を利用しましょう。

必要な個所に入力していくだけで自分の確定申告書が完成します。

必要な用紙の選定から作成まで流れに沿って入力するだけで

完成するのです。

「e-Tax」を利用しなくても「確定申告書等作成コーナー」だけでも

十分に楽ができるのです。

さらに国税庁のお墨付きですから最新の税制や一時的な特例に完全対応しています。

 

「確定申告書等作成コーナー」は何も準備しなくていいの?

必要なのはインターネットにつながったパソコンとプリンターです。

パソコンは「windows」でも「macintosh」でもOKです。

ただしwindows8シリーズではデスクトップ画面での利用となりますので

windowsRTでは利用できません。

 

アプリをインストールする必要はありますか?

利用するのはOS標準のブラウザソフト

windowsパソコンなら「Internet Explorer」

macintoshパソコンなら「Safari」などのJavaScript機能と表示や印刷用にAdobe Readerだけです。

どちらもインターネットを利用するために使っているものなので特に必要なものはありません。

 

カラープリンタを持っていなくても大丈夫です。

モノクロプリンターでも大丈夫です。

pdfファイルで出力されますのでどこかでプリンターを借りるか

確定申告書相談コーナーにデータを持っていくか

用紙だけ手に入れて画面を見ながら書き写すかだけでも便利です。

 

だれでも使えますか?どのような内容でも大丈夫でしょうか?

ほとんどの人が使えるのですが例外はあります。

【確定申告書等作成コーナー】-ご利用になれない方-

 

入力した内容を税務署は把握しますでしょうか?

「確定申告書等作成コーナー」を使うだけなら税務署にデータは送られません。

途中のデータを自分で自分のパソコンに保存しておいて

途中から入力を再開することはできますが

「e-Tax」を使ってデータを送信するまで税務署にデータが送られることはありません。

逆に「e-Tax」でデータを送信しない場合は紙に印刷して

送る必要があります。

税金の情報は納税者の収入がすべて記載されているわけですから

非常に高度な個人情報なのです。

そのため「e-Tax」でも高度なセキュリティーが必要になってくるのです。

「確定申告書等作成コーナー」を利用して便利だと思ったら

「e-Tax」にも挑戦することをおすすめします。