110426bookgw1

世界一のネットショッピングモール「アマゾン(Amazon)」。

このアマゾン(Amazon)を活用して商品を転売し、

利益を上げていくのが、一般的なせどりの方法です。

ここでは実際に、

商品をアマゾン(Amazon)で販売する方法について探っていきましょう。


せどりで販売する方法「アマゾン出品者登録」

アマゾン(Amazon)で商品を販売するためには、

「アマゾン(Amazon)出品者登録」を行う必要があります。

 

ステップ1「購入者としての登録」

アマゾン(Amazon)で購入したことが一度でもある場合には、

購入した時のアカウントを使用して、出品者登録を行いますが、

アマゾン(Amazon)で購入した経験がない場合には、

初めにアマゾン(Amazon)で新規登録を行うことから始めます。

 

アマゾンジャパンのページを開くと「新規登録はこちら」というタブが

表示されています。

このタブをクリックし、氏名やメールアドレスを登録すれば完了です。

このメールアドレスはせどりで販売する際にも利用しますので、

できればアマゾン(Amazon)専用のアドレスにするか、

通知があるとお知らせするプッシュ機能付きのものにするのがお勧めです。

 

ステップ2「出品者登録を選択する」

アマゾン(Amazon)での出品者は、

「大口出品」と「小口出品」の2つの種類に分かれています。

 

小口出品の場合は、商品が一つ売れる度に「基本成約料」として100円を

アマゾン(Amazon)に支払う必要があります。

完全出来高制ですので、月々の基本料は必要ありません。

 

一方、大口出品の場合は、基本成約料が必要ない代わりに

月々の利用料金が4,900円請求されます。

単純に考えると、月に50個以上売れる見込みがあるならば

大口出品がお得になり、

月に50個未満しか売れないならば小口出品がお得になります。

 

初めは小口出品で様子を見ながら販売していき、

販売個数が増えていけば大口出品に乗り換えることも可能ですが、

登録し直す手間がかなりかかってしまいますので、

「せどりでお金を稼ぐ!」と決意をした人なら、

迷わず大口出品を選択することも良い方法でしょう。

 

ステップ3「店舗の名前を決める」

個人で出品する場合も、個人名を店名にする必要はありません。

多くの購入者に安心感を与えられる店名にすることで、

売上アップも望めますので、良い店舗名を選びましょう。

 

大口か小口を決定した後、出品者登録のページで

店舗名と住所、クレジットカード情報を入力します。

そしてアマゾン(Amazon)とのやり取りに使う電話番号を入力し、

「電話を受ける」ボタンをクリックすると、

アマゾン(Amazon)から確認の自動音声電話がかかってきます。

 

この電話で伝えられるPINコードを聞き取り、

出品者登録のページに入力すると、

右下の「出品開始」をクリックできるようになります。

これで、出品者登録のすべての作業が終わります。

 

せどりで販売する方法「セラーセントラルを読む」

アマゾン(Amazon)出品者登録を行うと、

出品者専用のマイページ「セラーセントラル」を使用できるようになります。

セラーセントラルは、アマゾン(Amazon)での出品や販売・発送の管理を

行うメインとなるページです。

一日に最低でも一回は確認するページですので、ブックマークしておきましょう。

初めて、セラーセントラルを使用する前に、

しておくべき登録作業は、次のものがあります。

 

初回限定の登録作業①「銀行口座」

出品者登録する際に登録したクレジットカードで、

大口出品者の月々の利用料金4,900円が決済されます。

ですが、アマゾン(Amazon)で商品が売れた場合の売上は、

「銀行口座」を登録しなくては受け取ることができません。

 

セラーセントラルの「設定」のページから、

「出品者用アカウント情報」を開き、「銀行口座情報」を登録します。

 

初回限定の登録作業②「出品者情報」

ネットなどで通信販売を行う際には、

個人・法人を問わず販売する者全てに義務付けられているのが、

「特定商取引法に基づく出品者情報」の登録です。

 

セラーセントラルの「設定」のページから、

「情報ポリシー」を開き、「出品者情報」に入ります。

このページで店舗名と代表者の名前、住所と電話番号を登録します。

携帯電話の番号や自宅の住所・電話番号を使用したくない人は

レンタルオフィスや、月額数百円のIPフォンなどの番号を

登録することも可能です。

 

初回限定の登録作業③「在庫管理画面」

商品の価格やコンディション、出品終了日などを管理する「在庫管理画面」。

この在庫管理画面に表示させる内容も、

出品者個人が利用しやすいように変更させることができます。

「在庫」のページから「在庫管理」に入り、

画面中央の「設定」をクリックすると、

表示させる項目を選択することができます。

 

ビジネスレポートを読む

セラーセントラルにおける登録作業が終わったら、

ビジネスレポートの読み方について理解しておきましょう。

アマゾン(Amazon)のビジネスレポートとは、

アマゾン(Amazon)に出品した商品をどれくらいの人が閲覧しているか、

どの商品がどの程度売れているかを知らせる内容になっています。

 

1週間に一度程度はこのビジネスレポートをよく読んで、

商品における販売戦略を練り直すことも、お金を稼ぐポイントとなります。