7be174ec7e79c1c1fd3026c9b8e4c8d0_s

店舗で商品を仕入れる際や、ネットで商品を仕入れる際に、

クレジットカードを活用することで多くのメリットを得られます。

仕入れにクレジットカードを利用するメリットと、

クレジットカードの選び方について探っていきましょう。


せどりでクレジットカードを使うメリット

クレジットカードを利用して商品を仕入れることで、

大きく分けて2つのメリットが得られます。

1つ目のメリットは、現金とは異なり、支払いを後伸ばしできるという点です。

クレジットカードは月に一回「締め日」があり、

その「締め日」までの利用は、翌月の「支払日」に決済されます。

 

例えば、締め日が20日で、支払い日が15日のクレジットカードで、

8月19日にせどりの商品を仕入れた場合、

購入代金は最短9月15日に支払われることになります。

 

なぜ、「最短」9月15日かと言うと、

店舗によっては販売した商品をすぐに売り上げとしてカウントせず

複数日分をまとめて売り上げに計上するからです。

8月19日に購入した商品を8月20日までに売上としてカウントするなら

9月15日に支払うことになりますが、

8月21日以降に売上として計上するなら、10月15日に支払うことになるのです。

 

また、8月21日に購入した商品は、10月15日に支払うことになります。

一括払いで支払うなら(カードによっては2回払いも含まれる)、

約2ヶ月間、無利子で資金を借りることにもなるのです。

 

個人でせどりを行う場合、

売上を次の商品の仕入れに回すなど、資金の回転が重要になってきます。

クレジットカードを利用するならば、

売上回収と仕入れの支払いがほぼ同時期になりますので、

資金の回転もよくなるのです。

 

せどりの商品仕入れにクレジットカードを利用するメリットの2つ目は、

クレジットカードのポイント制度にあります。

大抵のクレジットカードにはポイント制度があり、

1000円の利用につき1~4ポイント程度が付与されます。

このポイントをためることで、

キャッシュバックや景品を受け取ることができるのです。

 

同じ商品を購入する場合でも、現金は支払ってしまえば終わりですが、

クレジットカードはポイントと言う「お楽しみ」がある分、お得とも言えます。

せどりでお金を稼ぐ規模が大きくなると、

クレジットカードの利用額も増え、ポイントも飛躍的にたまるようになります。

年間に換算すると何万円ものお得になることもありますので、

「たかがポイント」と侮れない金額になるのです。

 

クレジットカードを使用する際の注意点

クレジットカードでせどりの商品を支払うことがお得になるためには、

支払いは金利がつかない方法で行うことが最低限必要です。

基本的には、翌月一括払いを選択すると金利は0になり、

カードによっては2回払いやボーナス一括払いも金利は0になります。

過度の分割払いは、利子を支払う分、利益が減ることを意味します。

なるべく、翌月一回払いを選択するようにしましょう。

 

せどりで使うクレジットカードの選び方

普段、よく使用しているクレジットカードがある場合は、

そのクレジットカードを活用して、せどりの商品を仕入れることができます。

 

ですが、せどりを行っていくうえで、取引量が増え、

もっとクレジットカードの限度額が多い方が良いのにと感じるときには、

複数のクレジットカードを保有することも必要となります。

そのような場合は、

どういった基準でクレジットカードを選ぶことができるでしょうか。

 

利用する店舗のオリジナルクレジットカード

せどりの商品の仕入れに使用する店舗が決まっている場合で、

その店舗がオリジナルのクレジットカードを発行しているときは、

新しく作るクレジットカードの候補に、

店舗オリジナルクレジットカードを入れることができます。

 

大抵の場合は、他のクレジットカードを使用して買い物するより、

店舗オリジナルクレジットカードを活用して買い物すると

ポイント還元率が高くなったり、

商品自体を値下げして販売してくれることもあります

 

店舗オリジナルクレジットカードは、

ほとんどの場合が年会費・入会費ともに無料で発行しています。

上手に活用して、せどりによる利益を上げていきましょう。

 

ポイント還元率が高いクレジットカード

ポイント還元率は、クレジットカードによって異なります。

また、ポイント還元率が低くても、

1ポイントが5円、10円の価値があったりする等、

ポイントの価値もクレジットカードによって異なります。

 

せどりの商品仕入れのメインに使用するクレジットカードは、

やはり還元率が高いことが重要なポイントになります。

どの程度のポイント還元率なのか、

1ポイントは何円の価値があるのかを比較してからカードを作りましょう

 

使える店舗数が多いクレジットカード

ポイント還元率が高いクレジットカードでも、

使用できる店舗が限られているカードではあまり意味がありません。

世界でもっともよく利用されているクレジット会社の「VISA」や

日本で圧倒的な加盟店舗数を誇る「JCB」などが付帯されている

クレジットカードが、

利用する店舗を選ばず、使用できるカードと言えるでしょう。

 

せどりで使うクレジットカードの注意点

賢く使えば、大きなメリットになるクレジットカード。

計画的に使うことが大切なのは言うまでもありません。

 

クレジットカードを初めて発行する場合は、

クレジットカード会社に対する信用も低いので、

限度額が10万円や20万円に設定されていることも少なくありません。

 

たくさん仕入れをして、

はやくせどりでお金を稼ぎたいと考えるのは当然ですが、

限度額を増やしたいあまり、

何枚ものクレジットカードを同時に発行するのはおすすめできません。

 

発行する場合は、1カ月に1枚か2枚が適当と言われています。

1カ月に3枚以上のクレジットカードの申請を行うと、

金銭状態が良くないのかとクレジットカード会社に判断されて、

クレジットカードの審査が通らなかったり

要注意人物としてマークされてしまう可能性があります。

 

また、発行したもののあまり使用しないクレジットカードを

解約する場合にも注意が必要です。

クレジットカードによっては、新規にカードを発行する場合、

現金や商品券・クレジットカードポイントなどの

プレゼントキャンペーンを行っていますので、

そのプレゼント目的でカードを発行したのではと

勘繰られてしまいます。

 

新規に発行したクレジットカードを3カ月以内に解約する場合は、

次回に、それが別のクレジットカード会社であっても

審査が下りにくいこともあるのです。

 

クレジットカードを発行するときは、1カ月に2枚まで、

解約するときは、最低でも4カ月は期間を空けることを覚えておきましょう。