繧サ繝シ繝悟キ晄イソ縺・・蠎・-2

「安く仕入れて高く売る」・・・これがせどりの基本です。

ですが、卸売りではなく普通の小売店で、

どのように安く仕入れることができるのでしょうか。

いくつかのシチュエーションに分けた仕入れのポイントを見てみましょう。


せどりの仕入れ①「小型店舗」

ネットショップなどの販売手段を持たない小型店舗の場合、

在庫を抱えないで商品の回転をよくするために、

頻繁に「セール」を行うことが多いです。

 

そのような小型店舗では、

広告費を掛けてセールの宣伝を行わないので、

実際に店舗に行ってみないとセールをしているかわからないことも

しばしばあります。

 

せどりで出品したい商品が売られている小型店舗を見つけたら、

電話番号を控えるなどして、

セールを行っているのか、いつから行う予定なのかを

店舗に出かける前に尋ねることもできるでしょう。

 

このような小型店舗の場合、

商品価格の相場と大きくかけ離れた値段で売っていることも

珍しくありません。

いわゆる「掘り出し物」に出会えるチャンスも非常に大きいですので、

家の近くや普段行動している圏内に良い小型店舗がある場合は、

こまめに商品を購入したりしてお得意様になっておくことができます。

 

せどりの仕入れ②「大型店舗の決算期」

せどりを行う人たちが心待ちにするのが、

家電量販店やディスカウントストアなどの大型店舗の決算期です。

日本では3月末に決算を行う企業が多いですので、

2月の終わりごろから3月の下旬にかけて

大規模なセールを行う光景がよく見られます。

 

また、店舗によっては四半期ごとに決済を行いますので、

3月末、6月末、9月末、12月末にセールを行うこともあります。

決算までに売り上げを伸ばすためのセールですので、

普段セールになりにくい通年使えるアイテムや

発売されてまだ日が浅い商品なども対象となることもあります。

 

せどりの仕入れ③「シーズンの終わり」

クリスマスやハロウィンなどの季節のイベントが終わると、

そのイベント関連の商品が安くなることはよく知られていますが、

最近では、イベントが終わるよりも早くにセールが始まることも少なくありません

 

例えば、ツリーやリース、

クリスマスカードやオーナメントなどのクリスマス関連商品は

12月の半ばころからセール価格で売られていることもしばしばあります。

 

実店舗ではセールになったと言っても、

実店舗まで商品購入にいくことができない人や、

ショッピングは主にネットで行っている人にとっては、

これらのセールアイテムがたとえ割増価格になっていたとしても

充分に魅力的な価格の商品になりえるのです。

 

その他にも、季節のイベントではなくシーズン物の商品、

例えば、水着や浮き輪などのビーチグッズ、ネックウォーマーや湯たんぽなども

実店舗では、シーズンが終わる前にセールを開催していることもあります。

季節が異なる国々へ海外旅行に行く人などにとっては

季節を問わず必要となる商品ですので、

ネットでいつでも手に入れることができれば、非常に役立つ商品なのです。

 

せどりの仕入れ④「新商品の発売後」

家電などで良く見られるのが、型が新しくなると旧型は安く売られる光景です。

実際に機能の上ではそんなに大きな変更がなくても、

型が1つ変わるだけで、それ以前の型は急激に値下げされることもあるのです。

 

家電量販店などでは、販売する商品を全て倉庫に保管していますので、

新商品を仕入れると、旧型の商品を置くスペースがなくなってしまい、

値下げをしてでも処分してしまわなくてはならなくなるのです。

 

実店舗では価値が低くなってしまった旧型の電気製品ですが、

ネットの世界では高く支持されていることもよくあります。

型が変わってもあえて旧型を買いたいと思う消費者や、

機能が少ないシンプルな商品を求めている消費者も

たくさんいるのです。

 

まだまだ人気が衰えていない旧型の家電が安く売られているのを見つけたら、

またとないせどりでお金を稼ぐチャンスと言うこともできるのです。

 

せどりの仕入れ⑤「ワゴンセール」

スーパーマーケットやディスカウントストア、家電量販店では

ワゴンに値下げ品が積まれた「ワゴンセール」を見かけることがあります。

 

子どものおもちゃや小物、CDやDVDなど

小さめの商品で、数が多くないものをワゴンに入れて

非常にお得に販売しているのです。

もともとの商品数が少ないために、ワゴンにあるだけの数のことが多いですが、

意外とネットでは高く取引されている商品が見つかるのも

この「ワゴンセール」なのです。

 

店舗内でワゴンセールをしているのを見かけたら、

「せどりすと」や「せどろいど」などのバーコード読み取りアプリを使って

いくらで売られているのか、人気がある商品なのかをチェックしてみましょう。