eab9c63744114af93fcb5a5e44078b20_s

アマゾン(Amazon)で商品を販売することで

お金を稼ぐスタイルのせどりを行うなら、

アマゾン(Amazon)では実際にいくらで販売されているかが

商品の仕入れの基準となります。

 

アマゾン(Amazon)より安く売られている店舗を

オンライン上で探す方法、仕入れの方法について探っていきましょう。

電脳せどりの仕入れ①「ネットセール」

セールを行うのは実店舗だけではありません。

ネットショップでもセールを行うことがあります。

ネットショップでは、セールの告知が店舗のメールマガジンや

ツイッターやフェイスブックなどのSNSで行われることが多いので、

よく商品を仕入れているネットショップがある場合は、

メールマガジンやツイッターなどに登録しておくようにしましょう。

 

また、ネットショップは実店舗と異なり、24時間いつでも購入できますので、

セール開始とともに多くの注文が殺到することもあります。

セール開始時間をきちんと把握して、

欲しい商品が品切れになるまでに確保するようにしましょう。

 

電脳せどりの仕入れ②「ポイントアップ」

ヤフーショッピングなどでは、

週末ごとにポイントアップセールを行っていることもあります。

また、ポイントアップキャンペーンにエントリーすることで

普段より多くのポイント還元を受けることもできます。

ポイントが増えると言うことは、実質的には安く購入することともなりますので

しっかりポイントアップの機会を逃さないようにしましょう。

 

その他にも、クレジットカードのポイントサイトを経由することで

クレジットカードの利用額に応じて還元されるポイントが増えることもあります。

セゾン系のクレジットカードなら「永久不滅ドットコム」を経由するだけで

通常の場合、利用額1000円につき1ポイントもらえるところが、

2~20ポイントに増えることもあります。

 

せどりを副業として実施していくと、

仕入れ額も個人のショッピングとはけた違いに大きくなりますので、

小さなポイントも年間に換算すると決して侮れない額になります。

普段利用しているクレジットカードに「ポイント経由サイト」がないか、

しっかりチェックしておきましょう。

 

電脳せどりの仕入れ③「オークション」

商品にプレミアが付いていない限り、

通常の値段で仕入れていては、せどりでお金を稼ぐことはできません。

少しでも安く仕入れたいなら、「オークションサイト」をチェックするのが一番です。

ただし、オークションでは、常に全ての商品が販売されているわけではないので、

こまめにチェックすることが必要となりますが、

もし販売されている場合は、

常識では考えられないほどの安値で売られていることもあるのです。

 

とくに、「ヤフオク」や「楽天オークション」などの

だれでも参加できるオークションサイトの場合は、

相場をリサーチせずに出品する個人出品者も多くいますので、

驚くほどの安値で購入できるチャンスも多く転がっているのです。

 

グーグルクロームの拡張機能である「スマサーフ」を活用すると、

そのようなオークションサイトでいくらで売られているかを一括で表示できますので、

せどりの仕入れが非常に便利になります。

 

オークションサイトの注意点

オークションサイトで購入するときには、注意すべき点があります。

例えば、アマゾン(Amazon)で商品を販売する場合は、

アマゾンの登録番号に沿って、同じ商品は同じ商品名・同じ画像で販売されます。

 

ですが、ヤフオクや楽天オークションなどでは、

個人が各自で登録を行いますので、

正式な商品名でないことや、画像もはっきりと見えないことも少なくありません。

 

アマゾン(Amazon)仕入れに欠かせない拡張機能である「スマサーフ」では、

商品名が完全に一致しないと表示されませんので、

実際にはオークションに出品されていても、

商品名が異なるために検索結果として表示されていない可能性もあるのです。

 

仕入れたい商品が「スマサーフ」上では見つからなかった場合には、

ヤフオクや楽天オークションなどのサイトで

直接キーワードを入力して探してみることもできます。

数字が漢字なのかアラビア数字なのかローマ数字なのか、

英語で表記されているのかカタカナで表記されているのか、

いくつか変えて検索することで、

お目当ての商品を見つけることもできるかもしれません。

 

その他にも、気をつけておきたいポイントがあります。

ヤフオクや楽天オークションなどの個人が出品できるサイトでは、

新品も中古品と同じように販売されています。

商品のコンディションをしっかりチェックしないで購入すると、

「安いと思ったら、商品の状態が悪すぎた」ということもありかねません。

コンディションに不安を感じるときは、

出品者に気軽に質問を行い、しっかり把握したうえで購入するようにしましょう。