12ad61e7eac300660caf95ae9aa3375d_s

ネット上で商品を探す「電脳せどり」の場合は、

初めにある程度どのジャンルの商品を仕入れるかを絞らなくては、

どこから手をつけて良いかわかりません。

何か検索語を入れなくては、グーグルやヤフーでも探すことはできませんし、

アマゾン(Amazon)も扱う商品数が多すぎて、

キーワードなしには商品を表示することができないからです。

 

ですが、実際の店舗で商品を仕入れる「店舗せどり」の場合は、

実際に店舗に足を運んで売れそうな商品を探しますので、

あれもこれもが目に入り、どこから購入すればよいのか迷うことが

多くなるかもしれません。

 

とくに、商品数の多い家電量販店やディスカウントストアの場合、

商品量に圧倒されて、結局何も手に付かないまま

店舗を後にすることもあり得ます。

店舗でせどりの商品を仕入れ、着実にお金を稼ぐために、

見るべきポイントについてご説明いたします。

せどりで仕入れる商品①「広告の品」

せどりで仕入れようと考える店舗が、住んでいる地域の店舗の場合、

出かける前にぜひ、新聞折り込みの広告をチェックしておきましょう。

大抵の量販店やスーパーマーケットなどでは、

週末や休日前にお客さんが増えることを見越して広告を入れています。

 

広告を見て、店舗に出かける人が増えることを想定していますので、

店舗側も値段に自信がある商品しか広告に載せていません。

新聞折り込みの広告をよく読んで、

ネットで幾らで売られているのかをチェックしてから出かけるなら、

仕入れに掛ける時間も短縮できます。

 

広告に載せられている商品は、限定個数であることも多いですので、

できれば店舗の開店と同時にでかけ、

目当ての商品を購入するようにしましょう。

 

せどりで仕入れる商品②「ワゴンセール」

値下げをしたものの商品数が少ないものや、

商品に少々難があり定価では売れないものなどを

「ワゴン」に入れて売っていることがあります。

 

目立つようにエスカレーター脇やレジの近くにおいてあることもありますが、

ひっそりと店舗の奥の方におかれていることもあります。

ワゴンセールは、ほとんどの場合、広告に書かれていない商品です。

驚くような値引き率のこともありますので、チェックしてみましょう。

 

せどりで仕入れる商品③「目立つ位置にある商品」

店舗側が商品の値下げをするのは、

お客さんを多く引き寄せるために目玉となる商品である場合、

もしくは早くその商品を売ってしまいたい場合が考えられます。

 

いずれにしろ、人目に付かなければ、いくらお得な商品でも買い手はつきません。

目立つ位置に置いてある商品の場合はなおさら、

「早く売ってしまいたい」という気持ちの表れですので、

店舗側から見てもお得な商品であることが多いのです。

 

「せどり」というと、つい「掘り出し物」を見つけたいと思いがちですが、

目立つ場所に堂々と置かれているものにも、「せどり」で売れる商品があるのです。

店舗の隅を探すよりも、

まず目立つ場所・真ん中に置かれているものから見ていきましょう

 

せどりで仕入れる商品④「在庫限りの商品」

ワゴンにおかれている商品も当てはまることが多いのですが、

「在庫限り」と書かれている商品は、お得な値段になっていることが多いです。

「在庫限り」とは、同じ商品をたくさん買いたいと思っても、

倉庫の方にはもう商品はなくて、売り場に出ている限りしか数がない商品です。

 

棚に並べるほどのたくさんの数がありませんので、

店舗側としても早く売りきってしまいたいという気持ちが強い商品です。

原価ぎりぎりの値段や、原価割れの値段のこともありますので、

せどりを行うなら、要チェックの品物です。

 

せどりで仕入れる商品⑤「タイムセール」

家電量販店やディスカウントストアで、

時間を決めてタイムセールを行うことがあります。

新聞折り込みの広告などには時間が記されていることはあまりなく、

店舗でショッピングをしていると、

突如「タイムセールの時間です」と放送が流れることがあります。

 

始めていく店舗の場合は、「突然、タイムセールが始まった」と感じますが、

よくいく店舗の場合は、「このお店は大体5時からタイムセールになる」と、

タイムセールのスケジュールを把握できるようになります。

 

タイムセールでは、売り場を決めて、もしくは店舗全体が

1割~3割オフになることも珍しくありません。

また、2個、3個とまとめ買いをすることで、割引対象となることもあります。

 

同じ商品を購入するなら、

少しでも安く買える「タイムセール」を狙って買い物をするのがおすすめです。

 

せどりで仕入れる商品⑥「限定個数の商品」

商品によっては、「おひとり様 2個まで!」という風に、

個数を限定されて販売しているものがあります。

 

このように個数が限定されているものは、

商品の数が少なく、なるべく多くの人に買ってもらいたい場合か、

値下げ幅が大きいので、転売目的(せどり目的)で購入されるのを防ぐ場合か、

どちらかと考えることができます。

 

いずれにしろ、このように一人当たりの買える個数が限定されている商品は、

非常にお得なことが多いですので、

バーコードを「せどりすと」や「せどろいど」で読みとり、

せどりによる利益が得られそうと判断したら、購入しておきましょう。

 

せどりで仕入れる商品⑦「シールが重なっている商品」

値段のシールが重なって貼られている商品は、

ほぼ間違いなく値下げした商品と言うことができます。

シールが何枚も重なっている商品は、

値下げした回数が非常に多い商品と言うことになります。

 

店舗によっては、値下げしたことが分かるように

色の異なる値段シールを貼っていることもあります。

これらの値段シールを見つけたら、お得な商品である可能性が非常に高いので、

アマゾン(Amazon)で売れると判断したら、購入しておきましょう。

 

せどりで仕入れる商品⑧「手書きの値段がある商品」

値札を貼り直す時間がなかったのか、

値札の上に手書きで値段が書き直してあることもあります。

また、商品を宣伝するPOPを作る時間がなかったのか、

マジックで簡単に手書きの値段が書かれていることもあります。

 

このように「手書きの値段」が書かれている商品は、

緊急に値下げを行ったことを示していますので、

お得である確率も非常に高いと判断できます。

 

アマゾン(Amazon)での販売価格を参考に、

売れそうと思える商品は仕入れておきましょう。

 

せどりで仕入れる商品⑨「周りの商品より安い商品」

商品の陳列棚を見ても、明らかに周りの商品より安い値段の商品がある場合、

・値下げを行った

・型番が古くなった

・値段設定を誤った

いずれかの理由が考えられます。

 

いずれにしろ、非常にお得な商品である可能性が高いので、

アマゾン(Amazon)で販売されている値段や、売れ行きを見て、

利益が出そうだと判断したら、購入しておきましょう。