c64150742beaa86642d0c62c526b00e5_s

副業としてせどりを行うなら、

土日や祝日、平日の夜間に商品を仕入れることになります。

ネットで商品を仕入れる「電脳せどり」の場合は、

24時間好きなときに商品を購入することができますが、

実際の店舗で商品を見てから購入する「店舗せどり」の場合は、

店舗の営業時間中に商品を仕入れなくてはなりませんので、

ゆっくりとお得な商品を見て回る時間的な余裕がないことも

少なくありません。

 

店舗せどりを効率よく行うには何ができるか、

どんな準備を行うことで、短時間での店舗せどりが実現するかについて

具体的に探っていきましょう。

 

店舗せどりの効率性を高める①「店舗の特徴」

普段よくショッピングしている店舗や、

せどりができる店舗のロケーションを示すスマホアプリ「せどりランド」や

家電量販店やディスカウントストアなどの店舗形態別に位置を示す「ロケスマ」で

検索した店舗に実際に出かけることで、

「この店舗はどのジャンルの商品に重点を置いているか」を見極めます。

 

同じチェーン店のディスカウントストアでも、

店舗によって得意分野や品ぞろえが強化されている分野が異なります。

 

また、価格も同じチェーン店内では統一が図られているのが常ですが、

セール品やお買い得品などは各店舗の裁量で決められていますので、

店舗によって値段が異なることも、珍しくありません。

 

大まかでも良いですので、

「パソコンのメモリを買うなら○○ショップの△△店」、

「アイドル系のDVDを買うなら○○書店の□□店」などと

得意分野の商品を売っている店舗をピックアップしておきましょう。

 

そのように得意分野が把握できると、

巨大なディスカウントストアや家電量販店の売り場を全て回らなくても、

「この店ではこのコーナーだけ見れば良い」と

効率よく回れるようになります。

 

店舗せどりの効率性を高める②「ルート」

限られた時間を活用して、効率よく店舗せどりを行っていくには、

お店を回るときのルートも、よく考える必要があります。

 

いつも掘り出し物や値下げ率の高い商品に出会えるお店「A」と、

ときどき驚くような安値の商品にであることができるお店「B」、

めったにお得な商品には出合えないけれど

売れ筋やトレンドをつかむうえで見ておきたいお店「C」がある場合、

 

時間がない時の店舗せどりは、「A」だけを回り、

時間に少し余裕があるときの店舗せどりは「B」を見てから「A」を回り、

2~3時間ほど店舗せどりをおこなう余裕があるときは、

「C」→「B」→「A」の順に回ることができます。

 

複数の店舗を回るときは、

実際に買い物をたくさん行うと考えられる店舗は後に回ることで

荷物を抱えてショッピングをするという効率の悪さを回避できます。

また、売れ筋商品やトレンドを知るつまり「マーケティング調査」は、

店舗せどりの度に行う必要はありません。

時間があるときだけ「マーケティング調査」を行うことで、

商品の仕入れの時間を短縮することができるのです。

 

店舗せどりの効率性を高める③「下調べ」

店舗に商品を仕入れに行くときは、必ず下調べをしてから行くようにしましょう。

「何かお金を稼ぐことができそうな商品はないかな」などと

店舗で実物を見てから考えるというスタンスで臨んでいると、

結局、何を買ってよいかわからないまま時間だけが過ぎてしまいます

 

「今日は、調理家電を中心に見よう」

「今度上映される映画の関連商品を探そう」などのように

漠然とでも良いですので、目標を立ててから出かけるようにしてください。

 

家で下調べに充分な時間が取れる場合には、

「スムージーを作るミキサーの型番○○ー○が、8,000円以下なら買おう」

「メーカー○○のパソコン用メモリ64GBが、5,000円以下なら買おう」

のように、

アマゾン(Amazon)で実際に売られている相場から

利益が確実に上がると予想される値段で売られている商品を見つけ、

ピンポイントで探すこともできます。

 

ですが、このようにピンポイントで探すときは、

商品がない場合や、実店舗の方が高いこともありますので、

20種類以上のリストを作成してから店舗せどりに臨むことがおすすめです。

 

店舗せどりを終えてから

店舗せどりを終えると、購入した商品を出品する作業が待っています。

意外と反響が良くすぐ売れてしまうような商品の場合は、

人気があるうちに再度仕入れて販売することができます。

 

初めての商品を購入するときは、

1点、2点と、少量購入する方が、リスクも低くお勧めですが、

「売れる」という確信をもった商品の場合は、

まとめて購入することで、店舗に仕入れに行く手間を省くことができます。

 

次は、何を中心に仕入れることができるのか、

さらに開拓すべき店舗や分野は見つかったのか、

簡単でもいいのでメモにまとめて、反省点を書いていきましょう。

 

このような地道な作業を繰り返すことで、

それぞれのせどりスタイルが身についていきます

一人一人がそれぞれのスタイルを確立するのに、

半年から1年かかるとも言われています。

気長に、自分にあったせどりスタイルを確立して行ってください。