cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

ネットショッピングで商品を仕入れる「電脳せどり」。

そして実店舗で商品を仕入れる「店舗せどり」。

どちらのスタイルで仕入れを行っても、

商品を販売することで初めてお金を稼ぐことができます。

 

個人出品者も月々4,900円(税込み、2015年8月現在)で商品を販売できる

世界的なショッピングプレイス「アマゾン(Amazon)」を活用して、

積極的に販売していきましょう。

この章では、アマゾン(Amazon)で商品を出品する具体的な手順をご説明します。

せどりの商品を出品する①「商品検索」

アマゾン(Amazon)の出品者用のページ「セラーセントラル」を開きます。

上部に記されている「在庫」にカーソルを合わせるといくつかの選択肢が表示されますので、

「商品登録」を選択し、クリックします。

 

すると、「アマゾンで検索する」ページに移動しますので、

商品のJANコードもしくは商品名を入力し、

すでにアマゾンで取り扱われている商品かをチェックします。

 

登録する商品数が増えてくると、このJANコード入力の作業も大変になってきます。

その場合は、USBケーブルでつなげる「バーコードリーダー」があるならば、

商品のバーコードに当てるだけでJANコード入力も終わります。

せどりビジネスが軌道に乗り、商品数が増えてきたら購入を検討してみましょう。

 

アマゾン(Amazon)内に既に登録されている商品の場合は、

商品の詳細情報入力ページが表示されます。

 

せどりの商品を出品する②「商品状態の登録」

商品状態を入力する場合には、

お客さまに見てもらえることを念頭に丁寧に書き込んでいくようにしましょう。

特にコンディションの説明については、

中古品の場合には、質問を受けなくても済むように丁寧に記す必要があります。

 

開封したが中身は新品なのか、

何か問題や傷などがある商品なのか、

「この出品者なら安心して購入できる」とお客さんに思ってもらえるように

丁寧に書き込んでいきましょう。

 

商品のコンディションを書き込んだら、次は販売価格の登録です。

FBAで販売している価格を参考に、少しでも優位に立てる価格を設定します。

販売価格は、出品後も訂正することができますので、

ライバルたちの動向に合わせて、機敏に反応していきましょう。

 

販売価格を決めると、次は出荷方法の選択です。

アマゾン(Amazon)に販売・出荷を代行してもらう場合には、

FBA在庫を選択します。

自己発送する場合は、利用する発送方法を登録します。

 

その他にも商品のサイズや原産国など事細かな情報を登録することができますが、

基本的に「コンディション」と「販売価格」「出荷方法」のみ記入すれば

「保存して終了」ボタンを押すことができます。

急ぎの場合は、この3点のみを記入して、商品登録を完了させましょう。