6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

せどりでお金を稼ぐには、

「安い商品を見つける」ことがもっとも大事とも言えます。

 

近所にネットでの販売価格よりも格安の商品を売る店がある場合は

その店舗を利用して、せどりを行うことができますが、

現実問題として、副業でせどりを行う場合、

手軽に家で商品を仕入れることができる

「オンラインショッピング」を活用する人が多いでしょう。

 

オンラインショッピングで、せどりをおこなう場合、

「安い商品」の情報はどのように仕入れることができるのでしょうか。

せどりの仕入れ情報①「ツイッターを活用する」

ちょっとした感想を140文字以内でつぶやく「ツイッター」。

利用している人が世界的に多いことでも知られています。

ツイッターの場合は、情報がすべてオープンで共有できますので、

「売りつくし」や「バーゲン」「セール」「閉店セール」などのキーワードで

安売りをしているお店を探すこともできます。

 

また、「在庫切れ」や「プレミア」などのキーワードでも、

せどりでお金を稼げそうな商品を見つけるヒントが検索できます。

 

ツイッターでは、「プレミア」のことを「プレ値」と表記したり、

「Amazon」のことを「尼」と表記する人がかなりの割合でいます。

ツイッターでの検索を勧めていくうちに、

「この言葉は、この意味を指しているのかな?」と気付くことがあれば、

キーワードを随時変更して、知りたい情報を得られるようにしましょう。

 

せどりの仕入れ情報②「グーグルアラート」

グーグルの無料で利用できる便利機能「グーグルアラート」は、

知りたい情報のキーワードを登録しておくと、

新しい検索結果が見つかった時に、メールで通知してくれるサービスです。

 

グーグルアカウント(gnail)を所有している人はそのアカウントで、

アカウントがない人は、グーグルアラートを検索し、

新規にアカウントを開設することで利用開始ができます。

 

グーグルアカウントを開き、上部に表示される検索窓に

調べたい商品名や「定価超え」「激安」などのキーワードを入れ、

検索窓の右側に表示されている「アラートを作成」をクリックします。

 

「アラートを作成」のさらに右側には「オプションを表示」のボタンがありますので、

プルダウン形式で、更新頻度や、アラートを知らせるメールアドレスなどを設定します。

 

ネット上のお得情報を検索する場合

アマゾン(Amazon)でせどりで仕入れる商品を探している人の場合なら、

「Amazon」「○○(商品名)」「タイムセール」などのキーワードを入れ、

アマゾンで○○がタイムセールする情報が新規にアップされる度に

登録したメールアドレスに情報が配信されるようになります。

 

もちろん、この情報を通常のグーグル検索で探すのも良いのですが、

グーグルアラートにすると、

「新規にアップされた情報」だけを得ることができますので、

間違いなく最新の情報を入手することができるのです

 

実店舗のお得情報を検索する場合

ネットで実店舗のお得情報を入手することもできます。

例えばお住まいの地域で、閉店セールをしている店舗を探すなら、

「○○(地域名)」「閉店セール」をキーワードにしたり、

もっと広くセールを探したいなら

「○○(地域名)」「セール」というキーワードにして、

新規に公開されるセール情報の配信を受けることも可能です。

 

ただしグーグルアラートでは、ツイッターには連動していないので、

ツイッター上に記される情報のお知らせは受けることができません。

 

せどりの仕入れ情報③「ヤフーのリアルタイム検索」

 

また、ヤフーのリアルタイム検索では、

ウェブ上にアップされる情報が新しい順に表示されますので、

キーワードに関する最新の情報を得ることができます。

 

グーグルでもヤフーでもよいので、検索窓に「ヤフーリアルタイム検索」と入力し、

ヤフーのリアルタイム検索の検索窓を表示させます。

「アマゾン」や「プレミア」もしくは「プレ値」などの

せどりに必要なキーワードを検索すると、

最新のツイッターのつぶやきを見ることができます。

 

気になるツイッターの情報が見つかった場合は、

ユーザー名の右側に表示されている時間をクリックすると、

そのユーザーと他のツイッターユーザーの会話が確認できます。

それらの会話から、特別にお得な商品が売られているのか、

商品にプレミアがついて、定価超えで販売されているのか

などの情報を収集します。

 

画像をつけて説明している人もいますので、

商品仕入れの参考になることもあります。

非常にお得な商品や、定価と比べて非常に高い値で売られている商品がある場合には、

ツイート数も、膨大になりますので、

世間的な注目度の高さも把握することができます。