dcd3b63835f75c9e7142a8cb91fac164_s

せどりで安く商品を仕入れても、

その商品を高値で販売することができなければ、お金を稼ぐことはできません。

世界的なネットショッピングプレイスであるアマゾン(Amazon)を活用して、

せどりで仕入れた商品を販売している方は、非常に多いですが、

アマゾン(Amazon)で販売するときには、

アマゾン(Amazon)ならではの販売のコツを知っておくことが、

売上アップにもつながります。

 

アマゾン(Amazon)販売に役立つ「コツ」を見ていきましょう。

販売のコツ①「FBA商品の値付け」

アマゾン(Amazon)に販売と発送を依頼する「FBA」サービスを利用して

せどりで仕入れた商品を販売する場合、

「値付け」が売れ行きを左右する重要なポイントになってきます。

 

FBAで販売される商品は、個人出品者が発送する場合よりも高値で売れますので、

実際にFBAで売られている値段を参考に、同じ値段設定で販売するようにしましょう

「他の出品者が出している商品よりも早く売れたい」という気持ちで、

FBAの最低価格よりも安い値段で販売してしまうと、

すぐに他のFBA出品者も値段を下げて設定し直し、

結果的に価格破壊が起こってしまいます。

 

非常によく売れる商品でも、価格破壊が起こると利益を上げにくくなります。

普通に売れている商品に価格破壊が起こると、

売れる度に赤字が増えるだけになることもあるのです。

 

くれぐれも最低値段よりも低い設定で価格を決めないように注意しましょう。

 

また、まだFBAには登録されていない商品を販売する場合、

FBAはアマゾン(Amazon)が販売・出荷を行うという点で

お客さん側からも人気を集めやすい販売方法ですので、

通常出品の最安値よりも高額でも十分に売れる商品となります。

 

通常商品の最安値を参考に、アマゾンの出品手数料や、

FBAの手数料・送料などを足して、充分に利益の上がる値段で

販売するようにしましょう。

 

販売のコツ②「全体で利益を見る」

実際の店舗でも、ネットショップでもそうですが、

全ての商品が利益を生み出しているのではありません。

お客さんをひきつけるために赤字覚悟で販売しているものや、

売れる時期が過ぎてしまったため、在庫を減らすために販売しているもの

などもたくさんあるのです。

 

そのような利益を生みださない商品を抱えながらも、

大きく利益を生み出す商品も取り扱うことで、

トータルとしては利益を上げることができているのです。

 

特にFBAのように、販売個数は増えるけれども、

その分、手数料も増えてしまう方法で出品する場合には、

一つ一つの商品で確実に利益を上げようと考えるのではなく、

「全体として利益が上がればよい」という考え方を持つことが大事です。

 

販売のコツ③「販売状況、利益状況を把握する」

ネット上では様々な情報を比較することができますので、

一般の実店舗よりも価格競争が激しいと言うことができます。

安いと思っていた商品が急に高値で売られていたり、

最安値設定をしたはずが、さらに安い値段で販売する出品者が現れたり、

刻々と商品を取り巻く状況が変化しているのです。

 

副業でせどりを行う場合には、空いた時間を使って商品管理を行いますが、

その際に、実際に今、その商品がアマゾン(Amazon)で幾らで売られているのか、

他のショッピングモールでの相場は幾らくらいなのかも、チェックしておきましょう。

 

また、仕入れにかかった値段や、発送にかかった値段、

実際に商品が売れてアマゾン(Amazon)から振り込まれる利益などを

きちんと記録しておくことも必要です。

 

商品を買って売るということに夢中になってしまい、

実際には利益を無視した活動を行っている人も、

実際のところ、少なくないのです。

 

ですが、そのような「お店やさんごっこ」を楽しむのではなく、

「せどりをしてお金を稼ぐこと」を目的としているのですから、

仕入れにかかった値段や経費としてかかった値段、

そして実際の利益を明らかにしておくことが、

せどりを長く続けるためのポイントでもあるのです。

 

販売のコツ④「高い評価をお客さんからもらう」

商売と言うものは、多く売れるところに人が集まるものです。

同じ値段で販売しても、人気のある店はよりたくさんの商品を売り上げます。

アマゾン(Amazon)での販売も同じです。

人気のある出品者からはたくさんの商品が売れ、

人気のない出品者からは、同じ値段に設定しても売れ行きが芳しくありません。

 

アマゾン(Amazon)での人気は、「お客さまからの評価」で分かります。

お客さまからの評価は数字化され、出品者名の横に表示されますので、

初めて商品ページを見る人でも、

「この出品者は高く評価されているよい出品者だ」とか

「この出品者は評価が低いから、ちょっと避けておきたいかも」などと

出品者の良しあしを判断することができてしまうのです。

 

つまり、良い評価をもらうことができれば、もっと売れる出品者になれるのです。

では、良い評価はどのようにもらうことができるでしょうか。

商品が売れたときに、お客さまに「評価をしてほしい」旨のメールを送り、

一つ一つ評価をためていくことしか、良い評価を増やす道はありません。

次のような、評価依頼メールを送るなら、

お客さまも「良い評価をつけよう」と考えてくれるかもしれません。

 

評価依頼メールの例

この度は、ご購入、本当に有難うございました。

お客さまがご購入された商品の販売を行っております○○(ショップ名)です。

本日は、お客さまのご購入体験に関する評価をお願いしたく、

メールを差し上げました。

 

お手元に届きました商品はいかがだったでしょうか。

この度の私どもの対応に、ご不満な点はなかったでしょうか。

お忙しい中、本当にお手数を掛けることになってしまいますが、

できれば、良い評価を頂きたいと考えております。

 

現在、アマゾン(Amazon)では、評価が4.8以下のショップに対しては

販売することが非常に難しくなっています。

ご不満な点がもしおありでしたら、評価前に「○○@○○.com」に

ご連絡いただけると嬉しいです。

もし、ご満足して下さっている場合は、5の評価を頂けると

従業員一同、大きな励みになります。

 

良い商品をできるかぎりお安くお客さまにお届けすることをモットーに、

誠心誠意努めてまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

       ○○(ショップ名)お客さま担当 ○○(個人名)

 

販売のコツ⑤「低い評価をもらった場合」

誠実に対応したにもかかわらず、何らかの行き違いで低い評価をもらった場合は、

まずは、原因を究明しましょう。

FBAを通じて送った商品の「箱がつぶれていた」場合や、

「届くまでに時間が非常に長くかかった」場合は、

出品者ではなく、FBAつまりアマゾン(Amazon)に責任があります。

 

このような場合は、アマゾン(Amazon)のテクニカルサポートに連絡をして、

購入者からの評価を削除してもらうように依頼しましょう。

アマゾン(Amazon)側に非がある場合は、すぐに対応してもらえます。

 

ですが、商品のラベルの貼り間違いなど、

FBAを利用した場合であっても、出品者に非がある場合は、

お客さまに直接、削除依頼をお願いすることもできます。

 

購入履歴の中から、低い評価を付けたお客様の名前をクリックすると、

お客さまへ直接送れるメールページが表示されます。

誠実に謝り、問題解決のためにどんな対応ができるかを提示した後、

アマゾン(Amazon)でのビジネスを続けていくためには

高評価が必要なことを誠実に訴え、評価を書く除してもらえるように

お願いします。

 

お客さまの同意が得られた場合は、

アカウントサービスの注文履歴欄の「その他」から

「出品者の評価を確認する」のボタンをクリックして、

同意を得た評価に対して「削除する」ボタンで削除を実行します。

 

販売のコツ⑥「販売個数が増えすぎた場合」

せどりをしてお金を稼ぐ人にとって、非常に嬉しい状況ですが、

販売個数が増えすぎて、一人で梱包などの地道な作業が追い付かない場合は、

どのように手間を解消することができるでしょうか。

 

知人や親せきにバイトという形で、梱包作業をお願いしたり、

クラウドソーシングサービスを活用して、

梱包作業を手伝ってくれる個人を募集したりすることができます。

 

人を雇うことに抵抗がある場合は、出品を代行するサービスもあります。

ネットで「出品代行」で検索すれば、利用できるサービスが見つかります。