201103072252211

ギャンブルが予測が全くできなく

しかも資金が0になってしまう恐れがあるのに対し、

貨取引は、ある程度予測や分析をすることができ、

しかも資金が減ることがあっても、

掛け金が全く0になることはないことが異なると言えます。

 

ですが、ある程度、調子に波があることは

ギャンブルと外貨取引に共通して言えることです。

 

頭が冴え、なぜか予想が的中を繰り返すという時があります。

そのような好機は、ギャンブルにも外貨取引にもあることです。

もちろん、好機だからと言って無計画に資金を投入することは

決して勧められることではありませんが、

少しの通貨単位、1000通貨単位ずつを増やして投入することは、

運試し的な要素が強いですが、

外貨取引を楽しくする、一つの方法でもあります。

 

外貨取引を続けていくうえで、少しの冒険心を持つことは必要ですが、

いつでも慎重に、上限をきちんと決めてその時の感情で投資をしない事が

非常に重要になってくるのです。

 

つまり、ギャンブル的な少しのリスクを冒す挑戦は必要ですが、

とにかく直観に従って行動するギャンブル的な性格は不要なのです。

 

自制して掛け金を増やしていく方法に、

資金の上限ではなく、資金の何%が損失になってよいかを

初めから固定して決めてしまうことがあります。

 

具体的に例を述べると、

10万円の資金がある場合、損失は5%以内と初めに設定します。

つまり、初めは5000円までの損失なら許容範囲と考えます。

このように許容できる損失額を損切りの幅で割って、

初期の注文量を決定します。

 

予想がうまく当たって、資金が12万円、つまり元手が2万円増えたら、

次は許容できる損失は、12万円の5%で、6000円と設定します。

そして同様に許容できる損失額から注文量を決定します。

 

反対に、予想がうまくいかなくて、資金が8万円に減った場合も、

次の取引での許容できる損失額は8万円の5%で、4000円と設定します。

そして同じように許容損失額から注文数を割り出します。

 

このように増えた元手や減った資金の金額に振り回されずに、

常にトータルで動かせる資金から何%損失として許容できるかに

照準を合わせて、取引通貨単位を決定していくのです。

 

金額ではなく割合で計算することで、

一度一度の取引の結果に一喜一憂しないで、

安定した取引を継続していくことが可能になるのです。

 

このような安定した取引と、

好調の波があるときの臨時的な資金の投入を組み合わせることで、

安定した利益と、ボーナス的な収入を得ることが可能になるのです。