レバレッジとは、「てこ」を意味する英語です。

この「てこ」を用いて、小さな力で大きなものをうごかすこと、

外貨取引においては、

小さな資本で大きな金額を動かすことを意味します。

 

レバレッジの倍率とは、

「証拠金」つまり実際に動かすことができる資金と、

その何倍まで取引ができるのかを示す数字です。

 

資金が10万円しかないのに、100万円分の外貨を買うならば、

レバレッジが10倍の取引をすることになるのです。

 

これは、通貨は個人や企業などの団体が発行しているものではなく、

国家と言う大きな安定した組織が発行しているからこそ

可能になる仕組みなのです。

 

つまり、アメリカドルと日本円の通貨ペアで外貨取引を行う場合、

今日、1ドル100円だったのに、明日は1ドル50円と、

アメリカドルの価値が半分になることは、

国家が破たんでもしない限り、予想すべくもありません。

 

比較的安定した範囲内を動く為替であるからこそ、

少額をかけて大きな損失や大きな利益は生まないからです。

 

このように安定していると保証されている中で取引を行うので、

レバレッジが25倍、

つまり10万円の資金で250万円のアメリカドルを購入しても

損失が10万円を超えるとは考えにくいので、

このような取引も、証券会社は受け入れてくれるのです。

 

ネット証券会社では、

最大25倍のレバレッジを許容しているところが多いですが、

これは、外貨取引と言う比較的安定した取引、

また、価値が下がることはあっても0になることはない取引、

であるからこそ、認められているのです。

 

株式の取引においても、このレバレッジを利用して、

小さな資金で、資金以上の金額を動かすこともあります。

ですが、株式は外貨とは異なり、

急激に価値を失うことが頻繁にありますので、

レバレッジは自己資金の3倍程度に定められていることが多いです。

 

損失が賄えるだけの、証拠金つまり資金があればよいのかと言うと、

それは少し危険な考え方と言うことができます。

 

損失が考えられる分だけ、資金ぎりぎりに取引を行うなら、

実際に損失を被った時、全ての資金を失うことになるからです。

つまり、利益を大きくしようとレバレッジを増やせば増やすほど、

損失も同じ倍数だけ増えるのです

 

手堅く、しかも、最大限の利益を得るためには、

許容レバレッジ25倍と書かれてあっても、

最大限のレバレッジを利用して、資金を大幅に減らすことがないよう、

慎重に取引額を決定するようにしましょう。

上手に味方につけて、小さな資金を増やしていくようにしましょう。