外貨取引を行う上で、

一番と言っても言い過ぎではないほど重要なことは

「損切り」を前もって指定しておくことです。

 

取引を行っている間、予想とは違う値動きを見せていると、

いつかは盛り返すかもしれないと、

なかなか損失を被った状態で決済を行うことができません。

エントリーした時点から、

この時点になったら損切りを実行すると決定してしまうことで、

損失を最小限に食い止めることができるのです。

 

この重要な「損切り」の注文が、操作ミスなどで入っていなかった時に、

相場が激しく加工もしくは上昇して大きな損失が生まれそうなとき、

被害を食い止めるために証券会社が行う対策が

「自動ロスカット」と呼ばれるものなのです。

 

「自動ロスカット」は、外貨取引を行う個人にとって、

予想外の大きな損失を防いでくれる仕組みですが、

取引を行う証券会社にとっても、

大きな損失を防ぐ仕組みなのです。

 

これは、レバレッジを使って実際の資金より何倍も大きい額を

動かしている投資家が多くいるので、

もしそれらの投資家たちの支払い能力を超える損失が出たとしたら、

非常に大きな損失を証券会社自身が被ってしまうのです。

 

投資家にも証券会社にも損が生じるようなことにならないために、

投資家たちが預けた証拠金のなかで損失が補われるように、

「含み損」がある一定の水準になると

自動的に保有しているポジションを「損切り」するのです。

これが、「自動ロスカット」なのです。

 

この「自動ロスカット」は、FX証券会社によっては、

「マージンカット」もしくは「強制ロスカット」

と呼ばれることもあります。

 

自動ロスカットが行われる基準は、証券会社によって異なります。

また、自動ロスカットを行うはずの時点で、

相場の急激な変動が起こった場合には、

自動ロスカットを超えた時点でロスカットが行われてしまい、

証拠金以上の損失や、資金以上の損失を招くこともあります。

 

ですが、ニュースにもなるような相場の急激な変化でない場合は、

証券会社各社の自動ロスカットの基準で、

証拠金以上の損失が生じないように損切りが行われますので、

1日中、相場をじっと見つめている必要はないのです。

 

このように、損失の額ではなく、

元金や証拠金の額もしくは割合に応じて

「自動ロスカット」の作動するポイントが決定されますので、

証拠金が少ない人は、

自動ロスカットが行われやすいということもできます。

 

変動する相場で、有利に取引をするためにも、

レバレッジを低く余裕を持った取引を行いましょう。