株式は、各国の証券取引所などで取引をされていますが、

為替は具体的な取引場所はありません。

主に、銀行同士がブローカーを通して取引を行っているのです。

 

ですから、株式市場のように、

朝○時から夜○時までといった営業時間はありませんし、

今年の取引納めなどの、取引の区切りとなる日時も存在しません。

 

ですが、お金を動かすのが人間である以上、

人間のタイムスケジュールに従って、相場が変動します。

日本のFXを扱う証券会社は大抵の場合が、

月曜日の朝7時から取引を開始し、

土曜日の朝6時55分にその週の取引を終了します。

アメリカ合衆国がサマータイムを実施しているときは、

土曜日の朝5時55分にその週の取引を終了します。

 

そのようなタイムスケジュールで動くことが多いので、

ネット証券で取引を指定する場合の「1日」は、

朝7時から次の日の朝6時55分もしくは朝5時55分

指す場合が多いです。

 

取引を選択するときに、通貨ペアのリストを見ても、

主にアメリカやヨーロッパの通貨を扱うことが多いのと同じく、

為替の市場は、

主にアメリカやヨーロッパの市場がメインとなります。

 

このように証券会社の営業時間に合わせて、

市場の取引が活発になる時間帯と言うものが存在します。

時差があるので、

世界中でいつもどこかの国の為替が活発に動いていると言えます。

 

日本時間を基準にすると、

一番早い時間から市場が動き始めるのがニュージーランドです。

日本時間の朝5時から午後3時まで、活発に動きます。

そしてその次がオーストラリアです。

日本時間の朝7時から午後5時まで、取引が行われます。

 

そして日本の市場が朝8時ころから動き出し、

続いて香港の市場、シンガポールの市場、

中東のバーレーンの市場、ドイツの市場、

ロンドンの市場と動きが連鎖していき、

ニューヨーク市場は日本時間の午後9時ころから動き始めます。

ニューヨーク市場が閉まる1時間は、良く相場が変動するので、

日本時間の朝5時から7時を狙って

取引する人も少なくありません

 

自分が扱う通貨の市場の動きに合わせて、

賢く時間を調整しながら取引を行うこともできます。

 

比較的安定している日本の為替の時間帯は無視して、

アメリカの市場だけに的を絞っている人も多くいます。

外貨の種類を多く取引しているなら、

24時間ほとんどの時間を、

為替市場の動向の観察に費やさなくてはなりません。

 

ネット証券会社の取引設定を上手に使って、

1日中監視しなくても賢く取引ができるように、

時間的にも無理のない取引を行いましょう