日本の証券会社で外貨取引を行う場合は、

当然のことですが、

日本円が絡む通貨ペアから選択できることが多いです。

 

「カナダドルと日本円」「ユーロと日本円」

「スイスフランと日本円」「オーストラリアドルと日本円」

アメリカドルと日本円の通貨ペアを除く

日本円が絡むペアを総称して、「クロス円」を呼びます。

 

実際にはオーストリアドルと日本円の取引は大きくありませんが、

取引量の多い「日本円とアメリカドル」と

「アメリカドルとオーストラリアドル」を掛け合わせて、

レートを算出しているので、

「クロス」円と呼ばれるようになりました。

 

国際的に最も力を持つ通貨であるアメリカドルが絡む取引も、

日本の証券会社でも多く扱われています。

 

「アメリカドルとユーロ」「アメリカドルとイギリスポンド」

そして「アメリカドルと日本円」。

このようなアメリカドルが絡む通貨ペアを総称して

「ドルストレート」と呼んでいます。

 

これらの通貨ペアの取引は、実際に多く行われており、

アメリカ以外の大抵の国で、

アメリカドルとの関係で、通貨の価値が決定される

つまり、その国の為替市場では

アメリカドルとの関係が最重要視されることが多いので、

他の通貨との媒介を含まない通貨ペアという意味で、

ドル「ストレート」と呼ばれています

 

通貨ペアの次は、通貨の分類について見てみましょう。

通貨そのものが強い力を持っている、

すなわち先進国の通貨を「メジャー通貨」と呼ぶことがあります。

アメリカドルやユーロ、日本円、イギリスポンド、スイスフラン

これらのメジャー通貨は、比較的安定した相場が見込めます。

 

南アフリカランドやトルコリラ、シンガポールドルなど

新興国の通貨は「マイナー通貨」と呼ばれることがあります。

新興国ですので、安定しない事が多く、

金利が非常に高くなる場合がありますので、

リスクも高いですが大きな利益が望める可能性も秘めています。

また、取引量も全体的に見て少ないです。

 

オーストラリアドルや、ニュージーランドドル、カナダドルは

資源の価格に非常に影響を受けるので

「資源国通貨」と呼ばれることがあります。

オーストラリアもニュージーランドもカナダも

豊富な資源を輸出することで、国力を維持していますので、

資源の需要と価格が、通貨の力にも大きく反映されるのです。

 

外貨取引を始めて行う場合は、

比較的情報量も多く取引量も多い「メジャー通貨」から始めると

大きな損失などが発生しにくいと言えるでしょう。