daisyo_top_5-11

現在、

日本の中だけでも100社以上あると言われているFX会社から

自分に合った一社を選ぶことは、

非常に難しいこととも言えるでしょう。

 

いくつか基本的な基準を覚えることで、

自分が最も重視したいことから順に

あてはまる最良のFXパートナーを見つけていきましょう。

 

少額の取引を行うか

外貨取引を始めたばかりで、

いきなり10000通貨以上でしか取引ができない会社を選ぶのは無謀です。

10000通貨と言えば、

アメリカドルと日本円の取引の場合は、ほぼ100万円を表しますし、

この単位で動かすと、生じる損失も大きくなる可能性がありますので

1000通貨単位で取引ができる会社を選びましょう

資金が潤沢にあり、外貨取引が初心者でない場合も、

打診買いや挟み撃ちなど、細かな取引を行う時に

1000通貨単位で動かせるなら、非常にリスクが軽減されます。

 

手数料が少ないか

リスクを軽減するために、

1000通貨単位で取引ができる会社を選択しても、

1000通貨の取引でも手数料が多くかかってしまうなら、

利益を上げていくことは非常に困難になります。

また、取引の度に手数料が発生するならば、

細かな注文を実行することができなくなります。

1000通貨で取引するときは、

手数料が無料もしくは格安の会社を選ぶことが肝要です。

 

信頼できる会社か

これだけFX会社が増えてくると、

中には資本金が少ない会社や、上場していない会社もあります。

上場しているということは、

厳しい基準をクリアしているつまり信頼度の高い会社と言えますので、

会社を選ぶ一つの目安にもなるのです。

 

安定したシステムを保有するか

為替が大きく変動するときは、注文や決済が殺到しますので、

取引が一時的に行いにくくなることがあります。

ですが、この時システムが完全にダウンしてしまうなら、

千載一遇のチャンスを、

会社の不手際で逃すことになってしまうのです。

過去にシステムダウンしたことがあるか、

また、システム強化が頻繁に行われているかも、

良い会社を選ぶ基準と言えるでしょう。

 

スプレッドが小さいか

少しでも高値で売り、少しでも安値で買いたいのは

誰でも願う最良の取引スタイルです。

この売値と買値の差である「スプレッド」は、

小さければ小さいほど、特に少額の取引を行う投資家には

利益を確実にあげることができるので、嬉しいものです。

このスプレッドに注目して、

1銭でも少なくしようとしのぎを削っている会社は

少なくありません。

また、会社のホームページでも、

スプレッドの小ささを特徴にしている会社も多いです。

数多くあるFX会社の中から自分に選ぶ最適の1社を探す方法を、

「最小取引通貨の小ささ」「手数料の安さ」「会社の信頼度」

「取引システムの安定性」「スプレッドの小ささ」

などから見てきました。

そのほかにも、FX会社を選ぶ基準がありますので、

どの基準を自分が重視して、

その基準に合う会社はどんなものがあるのか、調べましょう。

 

扱いやすいシステム・アプリであるか

いくら、スプレッドが小さく、手数料が安い会社でも、

システムが使いにくく、アプリが見にくい場合は、

実際の取引を行う時点で、

非常に大きいハンデとなってしまいます。

デモ口座を開設することで、

自分に最も使いやすいシステムなのかを、

実際に使いながら見ていくことにしましょう。

サーバーエラーが出たときや停電時、デバイス不良時に

他のデバイスを使用して取引する可能性もありますので、

システムを使用すると考えられるすべてのデバイスに入れ、

使い心地を調べてみましょう。

 

約定率が高いか

約定率(やくじょうりつ)とは、ストリーミング注文を行う時に、

実際に画面で表示された値で取引が成立する確率を意味します。

約定率が高いならば、自分で選んだ値で注文が確定されるので、

予想と異なる取引は起こりにくいですが、

約定率が低い場合は、

画面に表示されたレートよりも不利な条件で取引が成立したり、

約定自体が正常に行われない可能性があります。

取引成立には欠かせない約定率の高さですが、

会社によっては公表していない事も多くあります。

公表していないのか公表できないのか分かりませんが、

約定率に自信がある会社は必ず公表しますので、

会社を選択する際の参考にしましょう

 

「最小取引通貨の小ささ」「手数料の安さ」「会社の信頼度」

「取引システムの安定性」「スプレッドの小ささ」、

そして「使いやすいシステム・アプリを提供していること」、

「約定率の高さ」の中から、

「使いやすいシステム・アプリを提供していること」以外で

自分が最も重要だと思う項目をリストアップします。

 

そして、その項目について

会社の公式ホームページで提示している内容と、

また実際に使っている人の評判を聞くことができれば聞きます。

 

そのうえで最も自分にあっていそうな会社をいくつか選び、

実際にデモ口座を使って、システムの使いやすさについて検証します

そして、システムも非常に利用しやすいことが分かったら、

その会社と実際のFXトレードを開始しましょう。