21

銀行にお金を預けておくと、年に2度、利子が付きます。

この利子も、課税の対象内で、

通帳記入をした際に、付いた利子と、引かれた税額が表記されます。

 

儲ける気がない預金でも、課税の対象になりますので、

FXで利益が出た場合にももちろん税金の対象になるのです。

 

もちろん、少々の利益が発生した時には対象外ですが、

1月1日から同年12月31日までの1年間で

20万円以上の利益が生じた場合は確定申告が必要です。

 

同様に個人の投資家が行う投資で、株式取引がありますが、

株の取引の場合は、源泉徴収のある口座に指定しておくことで

個人が申告する必要性はありません。

 

ですが、FX取引の場合は、

そのような源泉徴収のある口座を指定することができないので、

自分で書類を作成して申告する必要があるのです。

この確定申告を行わないならば、所得隠しや脱税になりますので、

摘発されたり、罰金を払うことになってしまうのです。

 

この20万円と言うラインは、「雑所得」の基準ラインですので、

FXで生じた利益が20万円に満たなくても、

サラリーマンなど定職がある人が

ネットオークションで儲けた金額や、副業で得た金額も

全て合算して20万円と言うラインを越えるかを判断します。

 

この雑所得として申告する金融商品には、

店頭でのFX、くりっく365でのFX、バイナリーオプション、

商品先物、TOPIXでの先物やオプション先物など

多くの種類の金融商品が含まれます。

これらには、利益だけではなく損失の繰り越し控除も受けられますので、

取引しているすべての金融商品について、申告しておくならば、

余分な税金を負担する必要もなくなります。

 

しかも、これらの「雑所得」には、必要経費も認められます

必要経費には、売買を行う時の手数料や、筆記用具の購入資金、

電話代やプロバイダの使用料、取引に用いるパソコンの購入費、

セミナーなどの受講料が含まれます。

 

これらの領収書もきちんと1年間保存しておくことで、

利益が出たとしても、必要経費を控除して、

節税するように心がけましょう。

 

利益が出てから、領収書を集め始めたり、

必要経費や他の金融商品の損益を考えていると、

効率も悪く、結局は時間のロスにもつながりますので、

FXを始めるなら、最初から領収書や取引記録などを

きちんと整理しておくようにしましょう

 

FX会社が提供している、コンテンツや電話相談などでも、

これらの税金に関する相談を、受け付けている場合も

多くありますので、活用しましょう。