AV012_L1

金融政策とは、国内外の信用の維持、物価の安定と雇用率の上昇

を目的に、金融を担当する省庁や中央銀行が行う手法です。

 

物価が異常な高騰や下降を示すと、

インフレーションやデフレーションが起こり

通貨の価値が安定しないので、結果として通貨の価値が下がります。

また、雇用率が低下し、失業率が上昇すると、

消費が縮小してしまうので、景気も悪くなります。

 

これらの悪循環を断ち切るために、

財政政策と金融政策が行われるのです。

 

具体的には、国内的な通貨の信用を中央銀行の裁量によって

拡大させるもしくは縮小させることを意味します。

国内的な信用の拡大とは、すなわち金融緩和であり

国内的な信用の縮小とは、金融引き締めを指します。

 

これを実行するためには、公開市場を操作することと

金利を操作することを行います。

市場操作で、株式の値は大きく変動しますが、

金利の操作で、為替相場が大きく変動します。

 

金融緩和をすると、利子率が低下し、投資や消費が拡大するので、

国全体で見るとGDPつまり国内総生産が増えます。

これを効果的に行うためには、金利を引き下げて

景気を悪化させないように準備する必要があります。

 

このように金利を引き下げると景気が良くなる可能性が高まりますが、

為替の世界では、低い金利の通貨の取引も減りがちですので、

全ての方向から見て良い政策と言うのがないことが分かります。

 

また、金利を引き下げても、投資や消費が予想通りに伸びるかは

誰にもわからないので、効果が十分に発揮される保証はありません。

 

ですが、このように政府が介入することで、金利が変わり、

外貨取引を行う人には、為替レートの波乱が予想され

取引の大きなチャンスになることは疑いありません。

 

日本円の金利は世界的に見ても非常に低いですが、

これは日本市場が比較的安定していること、

国内外の通貨の信用が高いことを表していますが、

反対に言うと、金利が少ないので保有しているだけでは

利益を得にくい通貨とも評価することができるのです。

 

日本で外貨取引をする投資家が増えていることは、

この日本円の金利の低さにも関係があります

日本円で外貨を購入するだけで、

ほとんどの場合プラスのスワップが生じるからです。

 

プラスのスワップつまり、金利の差が正の値であるということは

為替相場に変動がなくても、

ただ保有しているだけで利益を望めることにほかなりません。

 

金融政策と金利、そして金利と為替はこのように

密接にかかわりながら動いているのです。