ローソク足の項でおぼえた高値・安値が意識され、

サポートライン、レジスタンスラインが、トレンドの転換点の目安になりやすい

ということを見てきました。

 

では、そのサポートラインやレジスタンスラインができるまで、

トレンドの段階ではどういった方法で取引が行われているのでしょうか。

見てみましょう。

 トレンドライン

 

上昇の時は手掛かりとなりそうな目立った安値、下降中の時は高値をつないでいきます。

こうやって出来たラインをトレンドラインと呼びます。

 

なんだかすごくシンプルで、心もとない感じがしますが、

サポートライン・レジスタンスラインと並ぶ、もっともメジャーな分析方法です。

特に決まりはありませんが、ローソクをはみ出さないことが原則。

信頼できる線が引けるまで、何度も書き直すことが必要です。

 

こうして見てみると、ただジグザグと

上昇したり下降したりしているように見えるチャートに一定の規則性が見えてきませんか。

上昇中はこのラインに近づくと跳ね返されるように上昇、

離れては戻る、それを繰り返して、いったん下に抜けると転じて下降トレンドへと転換。

なんだか、前の項のサポートラインやレジスタンスラインと似た雰囲気がしてきましたね。

 

この特性を生かして、どんな取引ができるか考えてみましょう。

ラインをいかせば簡単ですね、チャート左側、上昇トレンドの時はラインに近づいたときに

「買い」でエントリーします。

 

この時、トレンドラインで跳ね返ると推測しての取引なので、

トレンドラインを割った時は反転した可能性もありますね。

損切りはラインを割ったと判断できるところで入れましょう。

ですが、利益確定は、どこまで上昇するのかはわからないので、

この場合、前もって決めることは出来ません。

好きなところで、または上昇した先で、

トレンドラインを割って反転したと判断できるところにいれるのが無難です。

 

今回はすでに出来上がったチャート上で考えてみましたが、

実際はトレンドが形成されている、と判断した時点でトレンドラインをひきます。

はじめはしっくりくるまでいろいろな線を引いてみたり、

多くのブログや専門記事、レポートなどを参考に、どんな線がひかれているのか見てみましょう。

 

市場取引では多くの人が利用するラインこそが、より信頼のおけるラインとなります。