m750171

金融政策によって金利が変動することで、

為替相場にも大きな影響があります。

つまり、金利が上がると通貨の価値も向上し、

反対に金利が下がると通貨の価値も下落するのです。

 

このように密接な関係がある金融政策と為替ですので、

為替ディーラーや投資家たちは

日本の場合は日本銀行、

アメリカの場合はFOMC(連邦公開市場委員会)、

EUの場合はECB(欧州中央銀行)が決定する金利に注目します。

 

これらの主要通貨の国の政策金利の発表があるときは、

為替の大きな変動を見込めますので、注文も集中します。

またどの国の政策金利の発表も、事前に日時が公開されるので、

外貨取引を行うなら、

これらの発表スケジュールも押さえておきましょう。

 

これらの発表で注目すべき点は、

「金利が○%だ」ということよりも、

金利が○%から△%に変化した」ということです。

 

この金利の変化ともう一つ注目すべき点はこれからの動向です。

発表するときに、

これからも同様の引き下げあるいは引き上げを予定しているのか、

また、今後は当分の間金利変更を予定していないのかを

言葉としてまたニュアンスとして伝えることがあります。

 

これらの言葉を読み取ったら、

これからの変化に対応できるよう、

外貨取引にも適切な準備を行うことができるのです。

 

金利の差が大きい通貨ペアで取引をすれば、

実際の為替レートに反映しなくても

大きな利益を手にすることができますが、

実際には金利の変更で為替レートに大きな変化が生じますので、

上手に「買い」もしくは「売り」注文をすることで、

取引の大きな波に乗ることができるのです。

 

現在、メジャー通貨、比較的安定している先進国である

アメリカドルやユーロ、日本円やイギリスポンドは

ほぼ金利が0に近い数字ですので、

少額の資金を動かす個人の投資家にとっては

スワップポイントで多額の利益などは期待できませんが、

多くの資金を動かす投資家や銀行などは、

この微々たる金利の差も大きな問題であるのです。

 

政策金利は意外と多く発表されています。

例えば日本つまり日本銀行では毎月発表していますし、

アメリカつまりFMOCでは年8回発表しており、

EUのECBでは、日本銀行と同じく毎月発表をしています。

 

そのほかにも、イギリスと南アフリカの中央銀行は毎月、

スイスのスイス国立中央銀行は年に4回、

カナダのカナダ銀行とニュージーランドの中央銀行は年に8回、

アーストラリアのオーストラリア準備銀行は年12回発表しています。