FXトレードの基本的な方法、そして為替を予測する方法、

そのような基本的な手法や情報を身につけても、

「外貨取引で勝つための心構え」ができていないなら、

実践において、効果を上げることができません

FXで勝つための心構えとは、実際には何なのか見てみましょう。

 

変動する為替レートを見ていると、

予想通りに動いているときは、

もっと利益を多くしたいと考えてしまい、

適切な利益確定の値を前もって設定していても

さらに上を狙って、結局は不利益になることもあります。

 

また、為替レートが予想通りに動かず、

初めに設定しておいた損切りのポイントを下回りそうなのに

いつかは巻き返すはずと、損切りポイントの下でも

まだ保有し続け、結局大きな損を被ることもあります。

 

これはどちらも、最初の設定を変更することで生じる不利益です。

最初に利益確定や損切りの設定を行う時は、

まだ実際にポジションを獲得していないので、

冷静な判断をすることができています。

ですが、いったんポジションを保有して、

刻々と動くチャートを見ていると、

何度も外貨取引を行ったことがある人でも、

冷静な判断を下せなくなってしまいます。

 

外貨取引と言うものは、

トータルで利益を得ることが大事であることを

忘れてはいけません。

一つ一つの取引で、損失を最小にすることで、

利益が出たときにそれらの本質を補てんして、さらに余れば

それで合格なのです。

どんな優秀なトレーダーでも、

全戦全勝のトレーダーはいないのです。

 

ついつい、一つ一つの取引で、「損失が出ないようにしたい」とか

「最大限の利益を得たい」と考えてしまうのは、

人間の本来の姿でもあり、仕方のないことでもあります。

ですが、このような心の弱さに打ち勝つことが、

外貨取引で勝つことにつながるのです。

 

どんなに相場が持ち直しそう、またもっと上昇しそうに思えても、

初めに決めた利益確定と損切りのポイントを守ることで

負けない取引を行うことが可能になります。

 

そしてもう一つは、取引が終わった後の様子見の時期です。

うまく利益を上げ、もしくは早めの損切りで損失を最小限に終えると、

新しい取引をしようと考えるでしょう。

 

ですが、この新しい取引も、勿論利益を上げるために行うのですから、

今だと思えるタイミングで「買い」もしくは「売り」」をしてこそ

良い取引になるのです。

あせってとにかくポジションを保有していなくてはとなると、

良い取引を行うことはできません。

ポジションを常に保有する必要はないことも、

忘れてはならない心構えです。