外貨取引の「売り」や「買い」の最良のタイミングを示す

「シグナル」は、様々なアナリストやトレーダーが開発し、

非常に多くの種類が存在します。

 

その中でも最も知られており、活用されている

ゴールデンクロス」と「デッドクロス」について

見ていきましょう。

 

初めに取引を考える通貨ペアの「日足」のチャートを見ます。

このチャート上で、25日移動平均線と100日移動平均線を表示させます。

この2本の移動平均線の交わるポイントに注目します。

このポイントの中でも、

25日移動平均線が100日移動平均線を下から上に越えていくポイントを

「ゴールデンクロス」と呼び、「買い」のシグナルでもあります。

 

反対に、100日移動平均線が25日移動平均線を

下から上に越えていくポイントは「デッドクロス」と呼ばれ、

「売り」のシグナルになります。

 

この二つのシグナルは、かなりの割合で当たることが多いので

利用しているトレーダーが非常に多いです。

 

なぜ、このように「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」は

「買い」と「売り」のシグナルになるのでしょうか。

 

100日移動平均線は、

3か月以上の比較的長いスパンでのトレンドを示し、

反対に25日移動平均線は

1カ月以内の比較的最近のトレンドを示します。

 

短期間の移動平均線が長期間の移動平均線を超えると言うことは、

過去の水準に比べてトレンドが上昇し始めたということを

指し示しているのです。

つまり、為替が上昇する力が大きくなってきたということなので、

「買い」注文を行う絶好の機会と言うことができるのです。

 

これは、表示させる移動平均線のスパンを変えても

同じように予測することができます

各自が最も予想を出しやすい「短期間」と「長期間」の

組み合わせを使うことで、

より自分に合った取引も見えてくるものです。

 

ただ、短期間の移動平均線を「5日」や「10日」といった

あまりにも短いスパンに設定してしまうと

平均値を使っても微小な変動も全て反映されてしまうので、

「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」などのシグナルも

頻出してしまい、本当にはどのポイントを読むのが良いのか

理解することが困難になります。

 

反対に長期のスパンをあまりにも長く設定してしまうと、

二つの線が交差する点がほとんど表れてこないので、

これもどのように読めばいいのか、判読ができなくなります。

 

パソコンやスマホのアプリやツールを使って、

色々とスパンを変更することができますので、

その時期に合わせたスパンを二つ選ぶようにしましょう。