チャートを見るときに、欠かせないのが「ローソク足」です。

一本で、「相場が上昇したのか下降したのか」「その期間の始値

その期間の終値」「その期間の高値」「その時間の低値」と、

5つもの情報を読み取ることができる優れた表示方法です。

 

このローソク足は、日本でつくられた表示方法で、

江戸時代に開発された分析方法とも言われています。

 

ローソク足一本でも、

これだけ多くの情報を伝えることができますが、

複数本あるならば、

更に相場を読み取る助けになるのです。

 

このように複数本あるローソク足で相場を読み取る方法には、

「酒田五法(さかたごほう)」と呼ばれる法則を

基本としていますので、覚えておくと読みとる力も増えます。

 

酒田五法には覚えるべきパターンとして

「三空」「三平」「三山」「三川」「三法」がありますが、

為替のチャートには「三空」のパターンは出てこないので、

残りの4つをマスターしましょう。

 

最も基本的なパターンが「三平」です。

これは、同じ色のローソク足、つまり上昇なら上昇、

下降なら下降のローソク足が3本続くパターンです。

陽線が3本続くなら、上昇トレンドのサインと読み、

陰線が3本続くなら、下降トレンドのサインと読み取ります

ただし、3本目の陽線に、長い上向きのひげが付くならば、

その値が天井になることもあります。

反対に、3本目の陰線に、長い下向きのひげが付くならば、

その値が大底になる可能性もあります。

 

三山」は、三つの高値が三つの山のように出ている場合をいいます。

特に、真ん中の山が突出しているように見えることが、

山の形のように見えるので、そのように呼びます。

高値が山の形をしているときは三山で、売りのシグナル、

低値が山の形をしているときは逆三山で、買いのシグナルと見ます。

三つの山がなくても、二つの山があれば、

高値で構成される「Wトップ」低値で構成される「Wボトム」

と言って、それぞれ売りと買いのシグナルと見ることもあります。

 

相場の転換点を捉えるのが、「三川」と呼ばれるパターンです。

陰線⇒陽線⇒陽線とならび、

それぞれの低値がUの字のようになっていたら「買い」のシグナル、

陽線⇒陽線⇒陰線と並び、

それぞれの高値が∩の形になっていたら「売り」のシグナル、

陽線⇒陽線⇒陰線と並び、

それぞれの高値が上昇しているように見えるときも

「売り」のシグナルと読み取ります。

 

3本のローソク足が、上記のどれにも当てはまらないときは

相場が一旦休んでいる「三法」と見ます。