ボリンジャーバンドを引いて見ると、

その上部の線であるアッパーバンドと下部の線であるロワーバンドの間に

為替レートが動く範囲の95.5%のが示されています。

 

この数字はどのように決定するのか、

またバンドの動きの読み方について掘り下げていきましょう。

 

σ(シグマ)というのは、標準偏差を表す記号です。

標準偏差とは、測定値がどれくらいばらついているかの度合いを示し、

つまり標準偏差が小さいなら「ばらつき」が少なく、平均に集まった分布をし、

標準偏差が大きいなら「ばらつき」が多く、平均値の意味が希薄になります。

 

標準偏差σは、n個のデータがあるとすると、

それぞれのデータの値から平均値を引き、その値を二乗します。(=a)

そしてn個全ての値において求めたaを足し、その和をn-1で割ります。(=b)

bの平方根がσつまり、標準偏差になるのです。

このようにして求めると、平均値±σの中には、全体の68.3%が収まり、

平均値±2σの中には、全体の95.5%が収まり、

平均値±3σの中には、全体の99.7%が収まるのです。

 

ボリンジャーバンドでは、確率の幅が狭すぎでも広すぎでもない

平均値±2σの線を、良く用います。

 

ボリンジャーバンドのアッパーバンドもしくはロワーバンドの

ラインに沿って為替レートが動くことを「バンドウォーク」と言います。

このような「バンドウォーク」がチャート上に現れたら、

強いトレンドが発生する可能性がかなり高くなってきた事を示すので、

要注目です。

 

このラインに沿って為替レートが動くと言うのは、

例えばアッパーバンド上にローソク足がかかったまま動くこと

もしくはロワーバンド上にローソク足がかかったまま動くことです。

ローソク足全体がバンドの上下のラインに沿って動く時が

要注目、そして注文の大きなチャンスです。

 

また、上下のバンドの幅が狭くなる時も要注目です。

バンドの幅が狭くなるということは標準偏差が小さいこと

つまり、一つ一つの値にばらつきが少なくなってきたことを表します。

このように値にばらつきが少なくなると、

これから爆発的な動きがあることを意味する場合が多いのです。

 

ボリンジャーバンドも標準偏差を1倍、2倍、3倍と変えることで

大抵のネット上のチャートに示すことができますので、

慣れていないときは標準偏差を2倍つまり「平均値±2σ」

の値でボリンジャーバンドを表示させ、

「バンドウォーク」が見られるか、

そしてボリンジャーバンドの幅が小さくなってきていないかに

注目して、予想を立てましょう。