trading-RSI-2-moyennesmobiles1

自分が予想する以上に「売られすぎ」「買われすぎ」が

行われることがあります。

このように「売られすぎ」だからそろそろ「買い」に転じるのか

「買われすぎ」だからそろそろ「売り」注文が増えてくるのか

そのような「○○しすぎ」かどうかを判断するのが、RSIです。

 

RSIとは、Relative Strength Indexの略で、「相対力指数」のことです。

このRSIも、どのチャートでも表示できるようになっているので、

パラメータを「9」もしくは「14」で設定して利用します。

 

大抵の場合、為替レートの表の下に、

為替レートの3分の1から5分の1くらいの幅の表が現れます。

この表が「RSI」を示します。

RSIの縦軸は、0、30、50、70、100と打たれてあることが多いです。

この30と70の数字に注目します。

 

RSIのラインが70を超えたら、これは「買われすぎ」を意味します。

チャートは上がりすぎなので、そろそろ頭打ちする可能性が高いこと

そして「売り」注文をするならかなり良いタイミングであること

を表しています。

もっとぎりぎりまで、「売り」注文を待ちたい人は、

80辺りになるまでRSIが上がるのを待っても良いかもしれません。

 

反対に、RSIのラインの30を下回ったら、「売られすぎ」を意味します。

チャートは下がりすぎなので、そろそろ下げ止まりになること、

そして「買い」注文をするには絶好の機会であることを意味します。

これも、もっとぎりぎりまで、「買い」注文を待ちたい人は

20くらいまで待っても良いかもしれません。

 

もちろん、このRSIの動きも、予想値で判断をすることになるので、

70を超えてもさらに上昇を続け、90を超えることもあります。

反対に20まで頑張って待って「買い」注文をしても、

さらに一けたまで値が下がることも充分あり得ます。

「ダマシ」がないように数字を見たいなら、

「売り」注文は80のラインで、「買い」注文は20のラインで

少し厳しめに見ることも良いかもしれません。

 

このRSIによる予想は、

特に上下運動だけを単調に繰り返しているように見える

「レンジ相場」で効力を発揮することが多いです。

 

上昇もしくは下降の「トレンド相場」でも利用できますが、

その時は、レンジ相場で利用する以上に上の数字を大きく、

もしくは下の数字を小さくすることで、

「ダマシ」の少ない予測を立てることが可能になります。

また、「売り」のタイミング、「買い」のタイミングだけでなく

RSIの数値の上下を見て、トレンドの変わり目を知ることもできます。