テクニカル分析を二つに大きく分けると、

トレンド系」と「オシレータ系」に分けることができます。

 

オシレータとは、「振り子」を意味し、ある一定の範囲を

振り子のように行ったり来たりの動きを繰り返すので、

そのような動きが見える分析をオシレータ系の分析と呼びます。

過去の値動きから「売られすぎ」や「買われすぎ」を判断する

RSIも「オシレータ系」分析に分類されます。

 

このオシレータ系の分析は、主にレンジ相場で、

トレンドに反した売買を行う時に、効力を発揮します。

上昇トレンドにあるときに、

一時的な下がりのタイミングを狙ったり、

下降トレンドが見られるときに、

一時的に下がりすぎに対する反発が見られる時をねらったり、

また、相場の転換点となる瞬間をねらったりすることが

得意な分析方法です。

 

「ストキャスティクス」も、オシレータ系のテクニカル分析で、

ネットのチャート上に表示させることができます。

この「ストキャスティクス」を表示させると、「%K」「%D」

という二本のラインが現れます。

ストキャスティクスで相場を読むときに注目すべきは

「%D」のラインです。

 

この「%D」のラインが70を超えているときは、「買われすぎ」

30を下回っているときは「売られすぎ」を意味するのです。

もちろん、もっと厳しく相場を見るときは、

80を超えているときは「買われすぎ」と判断して、

20を下回っているときは「売られすぎ」と判断するのは

RSI分析と同じです。

 

このストキャスティクスも、オシレータ系の分析法によくあるように

レンジ相場での転換点や、

レンジ相場での「売り」タイミング、「買い」タイミングを

見るときに威力を発揮します。

 

ストキャスティクスの表の上での特徴は、

30を超えるもしくは70を超える

「売られすぎ」「買われすぎ」のゾーンに、

線がずっとあるときは、トレンド傾向にあることを意味します。

「売られすぎ」ゾーンにストキャスティクスラインがあるときは

下降トレンドになっていることが多く、

反対に、「買われすぎ」ゾーンにラインがあるときは、

為替レートが上昇トレンドになっていることが多いです。

 

このように、ラインの様子から売買のタイミングを見るだけでなく、

それぞれのラインごとにどのような特徴があるのかを

実際の表を読み込むことで理解するならば、

こういった時は「売り」もしくは「買い」と機械的に判断するよりも

為替相場で勝つために、

具体的に対策を練ったり、計画を立てたりするときの力になります。