20100608_Technical_FibonacciRetracement1-1024x513

フィボナッチ数列による黄金比を用いた「フィボナッチリトレースメント」。

このテクニカル分析を用いて、

どのように相場の転換点を知ることができるのか見ていきましょう。

 

まず、チャートの種類を「ローソク足表示」にします。

ローソク足表示にしたまま、右クリックもしくは補助線の種類から

「フィボナッチ」を選択します。

 

フィボナッチリトレースメントが表示されたら、

過去の転換点となっていた「高値」と「安値」を一つずつ選択します。

すると、

チャート上にその高値を100%、安値を0%としたラインが引かれます。

そして補助線として、「38.2%」「50.0%」「61.8%」が表示されます。

それ以外にも何本か補助線が表示されるチャートもありますが、

「38.2%」「50.0%」「61.8%」の三本のラインに注目しましょう。

 

すると、この三本の線、特に「38.2%」と「61.8%」のライン上で

相場の転換点が多く発生することに気づきます。

つまり、自然が最も美しいバランスを示すこの黄金比に従って、

為替相場も動いていることが分かるのです。

 

なぜ、このように黄金比に沿って相場の転換点が現れるのか、

また、トレンドの頭打ちや大底が、何故分かるのかについては、

解明されていません。

ただ、実際に使用して、結果が出ているので利用する人が多いのです。

 

根拠が薄く、神秘的に思えるかもしれませんが、

実際にプロのトレーダーも多く利用している手法ですので、

効果がある一定以上保証されたテクニカル分析法と言えるのです。

 

このライン上に相場の転換点があることが多いことから、

フィボナッチリトレースメントを表示させて、

この「38.2%」と「61.8%」にローソク足が動くときに

「損切り」や「利益確定」などの注文を行う使い方や、

「指値」や「逆指値」に指定して注文を行う

トレーダーも非常に多いのです。

 

逆に考えるならば「損切り」や「利益確定」で迷った時や

「指値注文」や「逆指値注文」を行う時に数値を迷った時、

このフィボナッチリトレースメントを表示させることで

方向性や入力すべき数値が見えてくるのです。

 

もちろん、数値を知るために

フィボナッチリトレースメントを使用するだけでなく、

本来の使い方すなわち上昇するときにどこまで上昇するか

もしくは下降トレンドの時にどこまで下落するのかを

見ることもできます。

 

トレンドの継続の予想と、「売り」や「買い」のタイミングを知る

「フィボナッチリトレースメント」を上手に使って、

読みにくい相場を得際よく読むことを練習していきましょう。