インターネット上で気軽に口座開設を申し込むことができるのが、

ネットFX会社の大きなメリットでもあります。

口座開設の申し込みは、

インターネット上でいくつかの項目に記入し、

「新規口座開設を申し込む」のボタンを押すだけで完了です。

 

ここで、インターネット上に記入する項目としては、

氏名や住所、連絡に用いるメールアドレス、

取引に用いる銀行もしくは証券会社の口座情報、

今まで投資や金融取引の経験があるのかなどのアンケート

等々があります。

全て答えても、10分もあれば記入できる会社が大半です。

 

そのようにしてインターネットで申し込むと、

記入したメールアドレスに確認のメールが即時送られ、

記入した住所に最短2営業日、長くても一週間以内に

申し込み受付の確認と、

本人確認の書類を送付する封筒が郵送されてきます。

 

封筒が届いたら、免許証やパスポートなどの

写真付きの本人確認書類のコピーを同封して返送すると、

IDとパスワードが郵便で、もしくはメールアドレスに送られてきます。

 

FX会社によっては、

ファックスによる本人確認書類の提出が認められていたり、

本人確認書類をスキャンして、

その場で送ることが推奨されている場合があります

一日でも早く外貨取引をしたいと考えているなら、

そのような手段が使えるのかも、確認してみましょう。

 

このIDとパスワードが送られてきたら、

申し込んだFX会社の取引のページにログインすることができます。

 

このIDとパスワードは、取引を行う際には勿論、

FX会社が提供してくれるツールを用いる際にも必要になります。

スキャルピングでのトレードなど、

頻繁に取引を行う人には何度も用いるパスワードになります。

 

きちんと管理しておくことももちろん重要ですが、

自分が覚えやすいパスワードに変更することも可能ですので、

絶対に忘れたりしない方法で管理しましょう。

 

インターネットで簡単に申し込みができるとはいえ、

1度ないし2度の郵便の利用が必要ですので、

取引を申し込んでから実際に取引が始まるまで、

1週間から2週間は見ておいた方がいいでしょう。

 

また、FX会社によっては、

申し込んでから本IDと本パスワードが送られてくるまで、

即時発行してメールアドレスに送付される仮IDと仮パスワードを使って、

会社が提供するツールを実際に使えることもあります。

 

このように、仮IDと仮パスワードが使える場合は、

本番までにツールを使いこなせるよう、練習をしておきましょう。

口座に入金する

0561

FX会社から送られてきたIDとパスワードを使ってログインして、

まず最初にしなくてはいけない事は、口座への入金です。

 

申し込みの時に登録した口座は、

取引料金の引き落としに使用するものではなく、

利益があった時に振り込みを行う時に利用するものです。

 

ですから、FXで取引を行うには、

口座開設した口座に資金を入金しておく必要があるのです。

FX会社が指定してくる口座に

ネットバンキングで入金することもできますが、

提携している銀行となら振込み手数料が無料になったり、

24時間・365日即時入金ができたりする場合があります。

 

こまめにエントリーと決済を行うスタイルの取引を望む場合や、

ニューヨーク時間に合わせたスキャルピングトレーダーには、

このように提携銀行があるFX会社を選ぶのも、一つの方法です。

 

即時入金と、ネットバンキングによる入金の違いは、

ネットバンキングは基本的に銀行の営業時間内のみ業務を行いますので、

ネットバンキングを使って夜22時にFX会社の口座に振り込みをすると、

振込み完了後、すぐに自分の銀行口座には出金額が引かれて反映されますが、

振込先であるFX会社の口座には、

翌日の営業時間になってから入金が反映されるようになります。

つまり、注文などの取引は、

翌日の銀行の営業時間になるのを待って行う必要があります。

 

ですが、24時間・365日即時入金ですと、

夜22時振り込みを行ったとしても、

その瞬間からFX会社の口座に反映されますので、

注文もすぐに行うことができるのです。

 

振込み手数料も何度も必要になると、大きな額になりますので、

手数料のかからない銀行から入金を行うようにするか、

手数料のかからない提携銀行に口座を開いておくかしましょう。

 

FX会社でも、大手の会社は、銀行が母体となっていたり、

主要メガバンク各社と提携していることも多いです。

FX会社で口座開設する前に、きちんと確認しておくべきポイントです。

 

また、同じFX会社の中で、

取引タイプによってFX口座が何種類かある場合があります

 

1000通貨単位から取引を行えるので安心度は高い半面、

高額の通貨量で行う時は手数料が高くなる初心者向けの口座や、

反対に、10000通貨単位以上の取引を行う場合のみ

手数料が無料もしくは格安になる口座、

また、証券総合取引口座を作ることで

取引の度に、もしくは資金がなくなる度に

銀行から資金を移動する手間を省いた口座などもあります。

自分が行いたいトレードスタイルに最適な口座を選びましょう