img_ab74a09be2052c85ca540e93830ffa9d2054871

いつでもどこでも使えるのが、スマホ版のツールの良いところです。

パソコンのように立ち上げたりする必要がないので、

思い立ったときや、スキマ時間に、

チャートを見たりレポートを読んだり、

「売り」や「買い」の注文を行ったりすることができます。

 

利用しているスマホに合わせて「Android版」

もしくは「iPhone版」のアプリをダウンロードします。

そして、FX会社の口座を開設して送られてきた

IDとパスワードを使ってログインして利用を開始します。

 

パソコンとは異なり、タッチパネルでも操作ができる利点を生かし、

スマホの小さな画面を効率よく使うために、

チャートの配置や表示する情報を、

かなり自由にアレンジすることが可能です。

 

また、実際の注文を行うまでは、

ログインをしなくてもチャートの検索やレートのチェックが可能

アプリを提供しているFX会社も少なくありません。

常に、為替のレートを把握していたいトレーダーには、

使い勝手が非常に良いということができます。

 

また、複数のテクニカル分析を同時に表示させたり、

画面回転に対応することで、

横向き画面でより長いスパンのチャートを表示したりも可能です。

 

スマホによるトレーダーの増加に合わせて、

スマホ専用のコンテンツを提供しているFX会社も少なくありません。

スマホ専用コンテンツの充実だけでなく、

スマホだからできる機能を生かして、

ユーザーにさらなる利便性を提供していることもあります。

 

気になる通貨ペアのレートをアプリを開かなくても表示させたり、

為替に関するニュースをアラート機能で表示させたり、

経済指標の発表などをリマインダー機能でお知らせしたり、

自分に必要な情報をアレンジして、ニュース配信させたり、

スマホアプリには、様々な機能が日々追加されています。

 

また、入金口座や出金口座などの口座番号を

スマホに記憶させることができるので、

急な売買のタイミングの到来や、

取引をしようと思うタイミングに資金がないなどの不便感を

解消することができます。

 

このように便利で、機能も豊富なスマホ用のツールですが、

あまりにも気軽に利用でき、

さらに銀行と連動させるならもっと気軽に利用できるので、

取引に対する感覚が麻痺する恐れがあります

 

気が付くと、大きな額を動かしていた、もしくは、

大きな損失を繰り返していた、などの状況に陥らないように、

1000通貨単位で、そして常に損切りを指定しておくなど

慎重な取引を行うように心がけましょう。