FXとは?

FXとは本来「FXとはForeign eXchange )」の略ですが、

FXと呼ばれるときは、一般的に「外国為替証拠金取引」あるいは「外国為替保証金取引」のことをさします。

「お金を買ってお金を売る」取引で、指定した組み合わせ通貨を売り買いし、

そのときの為替レートによって生じた差益を稼ぐことを目的としています。

 

簡単に言うと以下のように取引になります。

1ドルが100円の時に100万円交換すると10000ドル。

それを1ドル101円の時に円に戻せば101万円となって儲かることができますね。 

この方法を交換所などを通さず、少ないコストで手軽に行えるものがFXとなります。

 

FXにはいくつかの変わった特徴があります。

まずは売りからも取引ができるということ。 

1ドルが100円の時に100万円を売り、1ドルが99円の時に買い戻す、ということですが、株の「空売り」とが違って、FXでは売りも買いも同等です。

この時も同じく1万円儲かることができます。

少々わかりにくいかもしれませんが、これによって上がるときも下がるときも取引することができ、利益を上げることができます。

 

また、「自己資金以上の取引ができる」ということも挙げられます。

 

「ちょっと、そんなうまいはなし怖いんじゃないかな」という方もおられるかもしれません。

これはFXが「差金決済」という方法を用いた取引で、現物の受け渡しをすることなくその差額で決済する形態をとっているからです。

1ドルが100円の時に買った1万ドルは、私の家には届きません。

おかげさまで、1ドルが101円で売り戻す際も送金する必要がありません。

受け渡しされるのはそのレートによって生じた差額のみで、為替取引においては、現物は必要ないというわけです。

 

そこで、万一の時も誰も損をしないように、前もって証拠金という形で自己資金を収めることになります。

FX会社に預け入れた証拠金の範囲内で取引が可能、というわけです。

 

こうしてみていくとFXがいかに便利なシステムかわかりますね。

世界規模の取引なので市場は24時間営業です。

おまけにオンライン取引なので好きな場所で取引可能。

しかも差額のみの取引なので、少ない資金で取引を始めることがきます。

実はほかの外貨建て金融商品と比べてコストが格段に安いということもあげられます。

 

 

FX初心者でもお金を稼ぐことは出来るのか?

「売り」からも、「買い」からも取引ができるFX。

株と違って値下がりするときも儲かるチャンスがあるといえますが、

本当に楽して儲かることができるのでしょうか。

 

FXに限らず、投資を始めようと思った時、必要なのは知識です。

はじめての取引まで、取引方法はもちろん、多くのルールをおぼえることが必要です。

もちろん、難しい仕組みや聞きなれない用語もおぼえることになります。

実際のお金を使った取引なので、ここがクリアできなければ、

思った以上の損失を出してしまうことになります。

 

それなのに、あまりルールを知らないうち、マニュアルだけおぼえて、

取引をしてしまう人がいます。

理由はひとつ、FXがほかの投資とくらべ、

格段に小さな資金から始めることができるからです。

 

それにより、あまり知識がないにもかかわらず、

いきあたりばったりではじめてしまうのです。

これでは損をする人が多いのもうなずけますね。

しかし、FXは投資であり、ギャンブルではありません。

本来なら、ルールをしっかり理解して、分析をした上で取引をするべきです。

 

そうすれば1回の取引で大きな損をすることもなく、

お金を稼ぐことは出来ます。

はじめは多くの勉強が必要となるので、楽して儲かる、ということにはなりませんが、

せっかくなので始めてみましょう。

 

とはいえ、最初から自己資金を使うのは、不安な方もおられることでしょう。

FX会社も、顧客が無駄なお金を使わなくていいように、

デモトレードというシステムを準備しています。

実際のお金を使いながらルールを学ぶことは出来ませんが、

 

架空のお金を使いながら、取引方法はもちろん、多くのルールや分析方法、

その他多くのことを学ぶことができますね。

長い文章や分厚い本を読むだけよりずっと頭に入りやすそうです。

デモトレードは多くのFX会社で取り扱っています。

もちろん利用料は一切かかりません。

「FX会社 デモトレード」で検索すれば多くのFX会社が出てきます。

 

そこではメールアドレスを入力することによって、

じっさいのFXシステムを使った、架空の資金での取引をすることができます。

会社によってシステムは違いますが、取引の大まかな流れやルールはほとんど変わりません。

 

FXを始める、というと、早くお金を稼ぎたいと焦って自己資金を使った取引を開始する人もいますが、

売りからも買いからも取引ができるFX。

逆を言えば、どんな経済情勢下でも儲かるチャンスはあります。

焦らずゆっくり、まずはデモトレードから始めていきましょう。

 

FX初心者でもわかる通貨ペアとは?

FXの取引方法やめんどうなルールは、デモトレードでおぼえるのがいちばん。 

しかしはじめてのFXでは、システムを開いてみても

何がなにやらさっぱりわからないかもしれません。

 

取引の手順はFX会社のマニュアルを読めば、だいたいのことはわかりますね。

いろいろポチポチ扱ってみても、まったく損をすることもないので、

ぜひいろいろ扱って、おぼえていってください。

こちらではまず、通貨ペアについてみていきましょう。

 

通貨ペアとは

FXはお金どうしの交換によって、その差益を決済する取引です。

そこで通貨は必ず1対、ペアとしてみていくことになります。

1ドルが100円の時交換した、1000ドルをもとに取引を行うときは、

アメリがドルと日本円の通貨ペアとなり、

この交換によって利益を得られるか否か取引を開始します。

 

FXでは多くの通貨ペアの取引を行うことができ、その組み合わせはたくさんあります。

代表的な通貨を見ていきましょう。

JPY  日本円

USD  アメリカドル

EUR  ユーロ

GBP  イギリスポンド

AUD  オーストラリアドル

NZD  ニュージーランドドル

CAD  カナダドル

CHF  スイスフラン

SGD  シンガポールドル

ZAR  南アフリカランド

HKD  香港ドル

NOK  ノルウェークローネ

KRW  韓国ウォン

TRY  トルコリラ

 

左側に何やらコードがかかれています。

これはISOで定められた世界共通の通貨コードになります。

FXではこのアルファベット3文字を使って通貨を表します。

 

もちろんこれをすべておぼえる必要はありません。

USD(アメリカドル)やEUR(ユーロ)、JPY(日本円)あたりをまずは覚えていれば、

あとは取引したい通貨を区別できれば問題ないでしょう。

 

通貨ペアはこれらの間に「/(スラッシュ)」を入れることによって、

それぞれの為替レートを表します。

USD/JPY と表記されたときは、アメリカドルと日本円の為替レートです。

このUSD/JPYといったような、通貨ペアの表記方法もまた統一されていて、

 

アメリカドルと日本円の組み合わせはいつでも「USD/JPY」であって、

ごく一部の場合を除いては「JPY/USD」と表記されることはありません。

通貨ペアは左から読むので、USD/JPYと表記された場合、「ドル円」と読みます。

 

これはアメリカドル(1単位=1ドル)に対しての、日本円の為替レートを表しています。

このように、FXでは多くの通貨ペアでの取引ができますが、

これらのどの組み合わせを取引するかは自由です。

 

自分で選んで、好きな通貨ペアの取引を始めましょう。

とはいえ、最初は日本円との組み合わせがされた、

「○○○/JPY」表記の通貨ペアから始めるのが、わかりやすいと思われます。

 

FX初心者でもわかる取引の流れ

FXの取引の基本はズバリ、

安く買って、高く売る

まずは取引の方法を見て、試していきましょう。 

 

スプレッド

では、FXの取引をデモトレードでさっそく、と思うと、

為替レートの欄に2つの値段が表示されています。

どういうことでしょう。

これは「売値(BID)」と「買値(ASK)」。

わかりやすく言うと、取引中のFX会社の「買いたい値段」と「売りたい値段」のことです。

 

これを参考に取引を行っていくわけですが、この2つには常に差があります。

これを「スプレッド」と呼び、いうなればFXの取引におけるコストです。

「売値(BID)」の方が「買値(ASK)」より常に安いので、

いつでも始まりはマイナスからのスタートになります。

 

もし取引を間違えたと思ってすぐに決済しても為替が有利な方へ動かない限り

この分マイナスになります。

ちょっと慣れるまで面倒な感じがしますが、

取引での注文と決済の方法をおぼえながら、まずはスプレッドになれることが最初の課題です。

 

取引の流れ

「買う」ことからエントリーすることも、「売る」ことからエントリーすることもできるのがFXの特徴。

株の「空売り」とは違い、FXではどちらも同じ取引なので、面倒なルールが加わることはありません

USD/JPYの通貨ペアにおいて、

もし、アメリカドルが下がると思えば遠慮なく「売る」からエントリーすることができます。

もちろん日本円が上がると思った時も、同じく「売り」から入ることになります。

2つは同じことですね。

 

取引の流れは以下のように、反対売買による決済までして1クール。 

「買う」→「ポジション保有」→「売る(決済)」

「売る」→「ポジション保有」→「買う(決済)」 

いたってシンプルです。

 

エントリーするときも、決済するときも、注文が確定することを約定(やくじょう)と言います。

ポジション保有」は現在取引中の未決済の取引を保有しているということ。

最後に決済をすれば、ポジションがなくなり、取引完了というわけです。

 

さっそく聞きなれない専門用語が出てきましたが、順を追ってみていけば難しくはありません。

まずはデモトレードでおぼえていきましょう。

※スプレッドはFX会社によって違うので、FX会社選びのポイントの一つとされています。

通貨ペアによっても違いがあるので、いろいろな会社を比較してみましょう。

 

注文

FXでは、まず通貨ペアを決めて、「買い」もしくは「売り」、

いずれかのポジションを持ちます。

もっとも早い取引方法は「ストリーミング」と呼ばれる注文方法です。

現在の為替レートでの注文ですが、取引数量、

売り買いいずれにするかが決まれば、ボタン一つで注文できます。

もちろん決済もその時のレートでの決済なので、数量だけ入力すればすぐに決済可能です。

他にもいくつかの注文方法がありますが、詳しくは注文方法の項でご紹介していきます。

 

ポジション保有

注文が約定したら、「建玉一覧」を見てみましょう。

「建玉」とはポジションのことで、FX会社によっては「ポジション一覧」と表記されていることもあります。

建て玉一覧では、約定したレートや現在のレート、取引の数量などが確認できます。

含み損益」という名前で表示されているのが、現在の損益状況。

ポジションを保有しているあいだ、この数字は為替の動きにしたがって、変化し続けます。

 

決済

含み益にプラスが出たところで、決済の注文をします。

決済は「反対売買」を行うことなので、

買いから始めたときは売りで決済、売りで始めたときは買いで決済となります。

今回は利益がのっているので「利益確定」となり、決済をすることによって、

含み益が実質的な自分の利益へと変わります。

口座情報の自己資金を表す「預託証拠金」の額が増えているので、

ここから確認することもできますね。

 

約定履歴(取引履歴)」からも、決済が約定して、、取引が終了したか確認することができます。

では、為替が思っている方向とは、逆の方へ動いた時はどうすればいいでしょうか。

その時はあきらめて、やはり決済をしましょう。

この場合は含み損を抱えているので「損切り」と呼びます。

 

こうすればこれ以上、含み損が大きくなることはありません。 

これによって、口座の金額はその分マイナスになります。

このように、現実の取引では、必ず利益を得ることができるわけではなく、

予定以上の損失を被らないよう、損失が小さいうちに決済してしまうことも多くあります。

 

しかし悲観することはありません。

思った通りに動いても、思わぬ方向に動いても、損益の金額の割合は変わりません。

損失が小さいうちに損切りしてしまえば、利益を大きく育てることができたときに取り返すこともできます。

利益が出たときの「利益確定」、含み損を断ち切るための「損切り」、

いずれにしてもFXの取引は、ポジションを保有したら「反対売買をして決済」をする、

ここまでで1クールとなります。

 

FX初心者が理解すべき損切りの徹底について

FXで儲かるいちばんの秘訣を表す言葉として、

「利益は大きく、損失は小さく」というものがあります。

 

デモトレードをしながら、

「為替がいつも予想通りに動いてくれるわけではない」、

と、いうことは身をもって知ったことでしょう。

 

「ここは気合で我慢するぞ」、

なんて、戻るのをじっと待つ方法もあるかもしれませんが、

「きっぱりあきらめる」という方が、効率的かもしれません。

 

レバレッジの項でもお話ししますが、取引の数量が多くなれば、

それだけ強制ロスカットのリスクは高まります。

1000通貨の取引であれば、たとえ1ドルが10円になっても、問題なく耐えることができますが、

大きなチャンスが来ても、追加で取引できる数量が減ったり、FX口座からむやみにお金を引き出せなく可能性が出てきます。

 

もちろんFXに限らずリスクのある投資は、

しばらく使う予定のないお金で行うべきですが、

しばらくがいつまでになるのかは、まったくわかりません。

 

もし、1年や2年、もっとかかって5年や10年・・・。

考えたくありませんね。

たいていの場合、数日もすれば為替は戻ります。

「やっぱり損切りしなければよかったな」

そう思うことも少なくないかもしれませんが、それはあくまで結果論。

 

予想が間違っていたと判断できたときは、

すぱっとあきらめて、間違いを正す方が前向きです。

「損切りばかりしていたらもうからないよ~。」

そんな声も聞こえてきそうですが、

そんなときはこんな考え方はいかがでしょう。

 

損切りは、たとえば反対側に10pip動いた時と決めます。

反対に利益確定は30pip動いてから。

単純な考え方ですが、これで3勝7敗でも勝てますね。

これはたとえ話ですが、「利益は大きく、損失は小さく」の基本的な考え方です。

 

損失を小さくおさえて、それ以上の利益を得る可能性があれば、

結果的にはお金を稼ぐことができます。

大切なことは損失が大きくなる前に自分で対処すること。

実際のお金を使った取引では難しいかもしれません。

 

そんな時は少ない金額の取引で試せばいいのです。

大きな金額では難しい損切りも、損失の額が小さければ難しくはないでしょう。

1万通貨の取引では5000円の損切りも1000通貨でしたら500円です。

いずれにしてもまずはデモトレードから始めて、損切りに慣れましょう。

自分のお金は一切減らないと思えば、気持ちは楽かもしれません。

専業のトレーダーでも勝率5割前後の方もおられます。

FXでお金が稼げるかどうかは「損切りの徹底」ができているかどうかになります。

 

FX初心者が知るレバレッジについて

デモトレードで取引の方法を少し覚えてきました。

しかし取引をおぼえただけでは、まだまだ「FXをおぼえた」、

ということにはなりません。

 

FXのルールについて少し考えてみましょう。

まずは「レバレッジ」です。

FXのルールの中で最も大きな位置を占めるのがこのレバレッジ。

全てのルールの基準ということもできます。

 

たいていのFX会社はレバレッジを25倍に設定しており、必要証拠金が算出されます。 

一方FXの書籍や記事を見ると

「低レバレッジで取引しましょう」や「ハイレバレッジの取引は危険」

といった言葉を耳にします。 

 

どういうことなのでしょう。

「てこ」を意味するレバレッジ。

FX会社は25倍のレバレッジをかけて「必要証拠金」を算出します。

 

しかしこの金額だけでは値動きどころかスプレッドにも耐えられず、

すぐに強制ロスカットになります。

そこで自己資金である「預託証拠金」を収めて、その中から取引を開始するというわけです。

一回の取引ですべての預託証拠金を担保に取引をするということです。

 

「ハイレバレッジ」「低レバレッジ」と表現されたときは、

この預託証拠金に対する取引額の割合となります。

わかりやすく言えば、ある通貨ペアのレートが100円だったとき、

1000通貨の取引をしようと思ったら、100円×1000通貨で10万円となり、

この時の預託証拠金(自己資金)が10万円であればレバレッジは1倍で、

「低レバレッジ」となります。

 

同じ資金で1万通貨を取引しようと思ったら、

100円×1万通貨=100万円となり、

自己資金に対して10倍のレバレッジがかけられている、ということになります。

初心者が扱うには高めのレバレッジです。

そこで、われわれ一般投資家ができる、レバレッジの調整は、

取引数量の調節ということになります。

100円のレートでしたら、10万円の資金でも2万通貨の取引ができますし、

これでしたらクロス円では1円の値動きになら耐えられ、

予想通り1円動けば2万円の儲けとなります。

 

しかし、逆をいけば強制ロスカットです。

ぐっとおさえて1000通貨で取引すれば、1円動いても損益はどちらも1000円。

ハイリスク・ハイリターンとローリスク・ローリターンのどちらを選ぶかは自分次第。

大きな損をした人の多くは、このことを知らずに、

あるいは知っていながら常に取り戻せると信じたがために

損失を大きく膨らませていったと推測されます。

 

どのくらいの割合で勝てるのか、どのパターンだと勝ちやすいのか、どんな相場が危険か・・・。

自分のスタイルやリスク対策ができてから、取引数量を考えていきましょう。

※レバレッジの設定はFX会社によって調節できるところもあります。

また必要証拠金の額はFX会社によって、異なることもあります。

 

FX初心者が知るべきローソク足について

FXの取引では、これから為替が上がっていくのか、

それとも下がっていくのか、見極めていくことが大切ですね。

その手立てとして多くの人が参考としているのがチャートです。

それではチャートの見方、まずはローソク足の見方からおぼえていきましょう。

 

ローソク足のチャートは2種類のローソクで構成されます。

以下の図を見てください。

ローソク足

参考:http://www.m2j.co.jp/sukusuku/charts/201310/02.php

 

白いローソクであらわされた、始まり値より終値の方が高いものを「陽線」、

逆に青いローソクで示された、始まり値より終値の方が低いものを「陰線」と呼びます。

2色であらわされることによって、白が続いていれば「上昇しているな」、

また、青が続いて入れば「下降しているな」と一目で判断することができますね。

これだけで方向がわかります。

 

ローソク足は箱型になった実態部分と上下に突き出たヒゲの部分とで構成され、

それぞれが、「始値」「終値」「高値」「安値」を表しています。

始値」はそのローソクが表わす時間の最初につけた値段、

つまり日足であれば市場が始まった時につけた値段を表し、

一方「終値」はそのローソクが表わす時間の終わりにつけた値段、

日足であれば市場がクローズするときにつけた値段、となります。

 

高値」「安値」はそのヒゲの先で表し、それぞれの時間の高値、安値を表します。

ローソク足と一口に行っても、多くの情報が詰まっているのがわかります。

 

1本のローソクが表わす、この4つをまとめて「四本値」といいます。

チャートは、この1本のローソクが1日の値動きを表しているときは「日足」、

1週間の値動きを表しているときは「週足」、月の動きなら「月足」、

といったようにローソクが表わす時間の単位で呼ばれ、

ほかに「1分足」「5分足」「60分足」など、多くの時間単位でチャートを見ることができます。

 

どれを見るのかは取引にかける時間にもよりますが、原則としては自由です。

複数を見ることによって、より詳しくトレンドや値動きがわかります。

このローソク足を見るときに注意したいのが、「四本値」、

特にヒゲの先であらわされる「高値」や「安値」。

これらは目印とされ、相場の転換となることがあります。

 

やみくもに動いて見える為替の中に少しだけ手掛かりが見えてきましたね。

どのように目印とされるのかは次回になりますが、

多くの人が取引をする為替市場。

やはり為替は何の手がかりもなくジグザグしているわけではなさそうです。

まずはチャートを見ることから学んで、簡単な分析方法を探っていきましょう。

 

FX初心者が知るべきサポートライン・レジスタンスラインとは?

前回のローソク足の説明で四本値

特に高値安値が取引の際に目印にされているということをお話ししました。

どんな風に意識されていくのか見てみましょう。

以下は、直近の目立つ安値や高値に青い線を引いてみたものです。

それぞれのラインが目印とされ、何度も為替がはねかえるポイントとなっているのがわかるでしょうか。

おもに丸で囲った部分を確認してみましょう。

 A

 

何度もたたいては方向転換しているのがわかりますね。

このようにチャートの上値を抑えているように見えるものを「レジスタンスライン」と呼び、

このラインが抵抗となって為替が上がれないように見えることから、「抵抗線」とも呼びます。 

 

また、下を支えているように見えるものを「サポートライン」と呼び、

このラインを支持して為替が上がっているように見えることから、「支持線」とも呼びます。

サポートライン、レジスタンスラインはともに相場の転換点となりやすいため、

おもにエントリーや利益確定、損切りの目印として用いられます。

 

このような場合どんな取引ができるのか、チャートを参考に見ながら、考えていきましょう。 

まずは丸で囲った1を見るとレジスタンスラインを目印に、

「売り」のエントリーをすれば利益が出ますね。

 

レジスタンスラインで抵抗すると思われるので、損切りをレジスタンスラインの上に置くこともできます。

利益確定は、これ以上伸びないと判断できたところでするのがいいでしょう。

FXではおもに、市場の流れに沿って取引をしていきます。

市場の波に乗れば一緒に儲かることができますね。

今回は明確な損切りの場所も考えられるので、リスクの少ない取引ができます。

 

しかし、何度も目印とされているということは、

それだけこのポイントが注目を浴びているということにもなります。

丸で囲った2を見てみましょう。 

 

はじめはレジスタンスやサポートとして機能していますが、

いったん抜けた後は、大きな動きへと変わっています。

このようなパターンを「レンジブレイク」と呼びます。

動きが大きいのでぜひエントリーしたいものです。

どうすればいいでしょう。 

 

ここは欲張らずに、明確にレジスタンスラインを割ったと判断できたところで

エントリーするのが無難です。

損切りは明確にレジスタンスライン内に戻ったと判断できるあたりに置きましょう。

あとはどこまで含み益が増えるか見守るだけです。

とても便利なサポート&レジスタンスラインですが、

実際の取引ではどのポイントがサポートやレジスタンスになるのか、

なってみなければわからないというのが難点です。

 

今回は近くの安値や高値を参考としましたが、

そもそもこれも、ずっと以前のどこかのサポートやレジスタンスだった可能性があります。

まずは過去の重要な節目や、過去1年間の高値・安値、

トレンドの起点となった高値・安値に線を引いてみましょう。