FX初心者が知るべきトレンドラインとは?

ローソク足の項でおぼえた高値・安値が目印とされ、

サポートライン、レジスタンスラインが、トレンドの転換点の目安になりやすい

ということを見てきました。

では、そのサポートラインやレジスタンスラインができるまで、

トレンドの段階ではどういった方法で取引が行われているのでしょうか。

見てみましょう。

 トレンドライン

 

上昇の時は手掛かりとなりそうな目立った安値、

下降中の時は高値をつないでみます。

こうやって出来たラインをトレンドラインと呼びます。 

なんだかすごくシンプルで、心もとない感じがしますが、

サポートライン、レジスタンスラインと並ぶ、もっともメジャーな分析方法です。

 

特に決まりはありませんが、ローソクをはみ出さないことが原則。

信頼できる線が引けるまで、何度も書き直すことが必要です。

こうして見てみると、ただジグザグと上昇したり下降したりしているように見えるチャートに

一定の規則性が見えてきませんか。

 

上昇中はこのラインに近づくと跳ね返されるように上昇、離れては戻る、それを繰り返して、

いったん下に抜けると転じて下降トレンドへと転換。

なんだか、前の項のサポートラインやレジスタンスラインと似た雰囲気がしてきました。

 

この特性を生かして、どんな取引ができるか考えてみましょう。

ラインをいかせば簡単ですね。

チャート左側、上昇トレンドの時はラインに近づいたときに「買い」でエントリーします。

この時、トレンドラインで跳ね返ると推測しての取引なので、

トレンドラインを割った時は反転した可能性もあります。

 

損切りはラインを割ったと判断できるところで入れましょう。

ですが、利益確定は、どこまで上昇するのかはわからないので、

前もって決めることは出来ません。

 

好きなところで、または上昇した先で、トレンドラインを割って反転したと判断できるところにいれるのが無難です。

今回はすでに出来上がったチャート上で考えてみましたが、

実際はトレンドが形成されている、と判断した時点でトレンドラインをひきます。

 

はじめはしっくりくるまでいろいろな線を引いてみたり

多くのブログや専門記事、レポートなどを参考にどんな線がひかれているのか見てみましょう。 

市場取引では多くの人が利用するラインこそが、より信頼のおけるラインとなります。

 

FX初心者が知るトレンド相場とレンジ相場について

FXのチャートで2種類の形をおぼえました。

ひとつはトレンドラインがひける形で、これを「トレンド相場」といいます。

上昇の時はローソクの安値が切りあがっていくので安値に、

下降の時は高値が下がっていくので高値に、

それぞれトレンドラインをひいて「上昇トレンド」「下降トレンド」と呼んでいました。

 

それに反してトレンドラインのひけない状態のチャートも出てきました。

一定のレンジ(値幅)の中にあって、上がっているとも下がっているとも言えません。

サポートラインやレジスタンスラインがひける状態です。

このような形を「レンジ相場」もしくは「ボックス相場」「保ちあい」と呼びます。

 

FXではこの「レンジ相場」と「トレンド相場」が交互に発生します。

全体的に見ると「レンジ相場」であることが多く、

「レンジ7割、トレンド3割」とも言われるほどです。

レンジ相場での取引はFXの基本「高く買って、安く売る」が有効です。

 

サポートラインやレジスタンスラインにそって取引します。

しかしなぜ、こう頻繁にレンジ相場が現れるのでしょうか。

実は大きな変化に備えてエネルギーを蓄えているという見方もできます。

 

イメージとしては、大きく動くための「準備中」。

もしくは大きく動いた後の「調整中」。

いずれにしても「レンジ相場」のうちにエネルギーを蓄えているので、

いったんレンジを抜けると大きく動く可能性が出てきます。

 

じゅうぶん動いたら、またレンジへともどり、為替は動き続けます。

レンジ相場、トレンド相場、いずれにしても言えることですが、

実際の取引の前はより長い足のチャートも参考にしましょう。

チャートの時間足を変えてみると、トレンドもレンジも変わってくることは

めずらしいことではありません。

 

取引の前にはいろいろなチャートを見ることが大切です。

長い時間足のチャートから見ていけば、1日に何度もに見直す必要がありませんし、

短い時間足のチャートの方向性は、

より長い時間足のチャートのトレンドを見ることによって、見分けやすくなります。

いずれにしてもレンジはいつか破られるものです。

備えあれば憂いなし。

 

ポジションを持つときはまずは損切りをどこに入れるか考えて、

わからない時は取引自体を見直す

といった心構えがリスク対策の一つとしてあげられます。

たとえデモトレードであっても、ポジションを持つときは実際の取引のつもりで、

十分根拠のあるポジション取りを心がけましょう。

 

FX初心者が知るチャートの見方

チャートを取引の手立てとする時、まず見てしまうのは

現在までの動きがより詳しくわかる短い足のチャートではないでしょうか。

1分足、や5分足を見れば現在のレート付近のこまかい動きをすぐに見ることができます。

 

狭い値幅を常に行ったり来たりしているので、

少ない値幅を何度も取ることが可能なように思えます。

実際やってみるととれないこともありません。

このように短い足のチャートを見て、

狭い値幅を取引していくことを「スキャルピング」と言います。

FXの取引スタイルのひとつです。

 

このスキャルピング

気を付けなければならないことがあります。

たとえば2銭の値動きで4回利益をとれたとします。

しかし、一瞬で反対側に10銭動くことも珍しいことではありません。

この場合、スプレッドもいれると結局はマイナスとなってしまいますね。

 

対策として考えられることは、より長い時間足のチャートを見ておくことです。

チャートを見比べると、5分足が下降しているのに60分足は上昇中、

おまけに日足はレンジ、なんてことは珍しいことではありません。

 

下降している5分足だけを見て天井で売ったら、60分足の底だった、では逃げるヒマさえありません。

「木を見て森を見ず」

ということわざがありますが、全体を見ることによって、

よりはっきり分かることがあります。

長い時間足のチャートが上昇トレンドであれば、

たとえ短い時間足のチャートがレンジにあったとしても、

いつかは大きなトレンドについていくことが予想されます。

 

わかっていれば、トレンドに合わせて「買い」からのみエントリーしよう、や

「売り」の時の損切りは早めにしよう、といった対策を取ることができますね。

スキャルピングに限らず、

取引を決断するときはより長い時間足のチャートを確認することが大切です。

サポートやレジスタンス、トレンドライン、のような分析でも、

長い時間足のトレンドやサポート&レジスタンスがわかっていれば、より有利な取引ができます。

 

どんな時間足のチャートを見るかは、それぞれの取引スタイルによりますが、

いずれにおいても、長い時間足のチャートを確認することは必要です。

月足・週足・日足、それから時間単位の足へと長い時間足から短い時間足を見ることによって、

より現在の為替の位置が詳しく見えてきます。

 

FX初心者が知るべき利益確定について

「損切りの徹底」や「低レバレッジ・低資金での取引開始」と

損をする方にばかり目が行っていましたが、利益確定はどうでしょうか。

保有しているポジションに含み益が出始めるとうれしいですね。

つい「戻ってしまう前に」なんて思わず早々に利益確定してしまいがちです。

 

大切なことは「損失は小さく、利益は大きく」です。

損切りの時は「もう少ししたら戻るから・・・・」と時間をかけて損失を膨らませ、

利益確定の時は「もう、これ以上伸びなかったらどうしよう」と早々に利益確定していたら、

損失の方が大きくなってしまいます。

 

これでは損切りの時におぼえたことがまるで逆になって、

9勝1敗なのに口座の資金が減ってしまった、なんてことになりかねません。

対策としては「一度決めたことは変えないこと」これしかありません。

そうすれば損切りの時に考えたように勝率3勝7敗でも儲かることができるはずです。

 

しかしターゲット付近に到達して、

まだまだ伸びる可能性があると判断した時はどうしましょうか。

そんな時は思い切って利益を伸ばしてみましょう。

具体的な方法として、次のようなことが挙げられます。

 

まずは損切りの位置を動かします。

とはいっても、最低限の利益が確保できる位置へ、です。

こうすれば、少なくともこちらの分の利益は得ることができます。

それから、利益確定用の注文がなされていた場合は解除してみます。

 

これで、「損切り」が最低限の利益確定ポイントとなって、

利益はどこまでも伸ばせる状態ができました。

この時、気を付けなければならないのは、あまり欲張りすぎないこと。

大きく動かし過ぎると早い段階で損切りにあたってしまうかもしれません。

 

また、毎回利益が思ったように伸びず、損切りの方にばかりにあたってしまうときは、

見直しすことも必要です。

いずれにしても、損切りをプラスの方に動かしておけば、損失が少なくなるので、

利益確定を急ぎすぎることもなくなるかもしれません。

 

もし可能であれば、さらに確保できる利益を増やすよう位置を移動していきましょう。

このように損失と利益のバランスを取るというのはとても難しいことですが、

デモトレードのうちにいろいろなことを試してみましょう。

そこから自分の新しいルール作りができるかもしれません。

ただし、損切りを損失が膨らむ方へ動かすことはいかなる時も禁止です。

 

FX初心者が知るべきOCO注文とは?

ポジションを持つときに考えなければならないのは

「利益確定」の位置と「損切り」の位置。

まずはざっくりとでいいので、イメージしながらポジションを持ってみましょう。

 

しかし意思は弱く、うっかり位置を変えてしまいそう。

そんな時は「OCO注文」で決済予約を入れてしまいましょう。

「OCO注文」の決済では、利益確定の「指値」、損切りの「逆指値」の両方の注文が、

1度にできてしまいます。

 

「OCO」とは、「One Cancels the Other」の略で

「片方の注文が約定したら、もう一方の注文をキャンセル」する注文方法です。

最初にポジションを持つときにも使えますが、まずは決済。

 

先に損切りに到達すれば損切り決済を、先に利益確定に到達すれば利益確定決済を

それぞれ行ってくれるので、予定通りの取引が可能になります。

「ストリーミング注文」で決済を入れた方が早いのは確かですが、

そうすると含み損が出るたびに、

「もうちょっとしたら戻りそう」と損切り予定のレートを移動したり、

利益確定の時は「これ以上伸びないかも・・・」と早すぎる利益確定をしたり、

どうしても感情が入りがちです。

 

それを避けるために「OCO注文」で機械的に決済してしまいましょう。

もしも、途中で思っていた以上に利益が上がりそうな場合は、

利益確定予定の注文レートを変更すればいいのです。

利益は出来るだけ増やしましょう。

 

しかし損切り注文のレートを移動することは利益確保のとき以外は不可です。

もちろんシステムとしては可能ですが

それをしてしまってはOCO注文を使った意味がなくなります。

 

「損切りの徹底」はFXで儲かるためには基本中の基本。

ポジションを持つ際に損切りはどこにいれるのか、それに見合う利益は可能なのか、

思い付きだけのエントリーではそれすらも難しくなります。

 

為替がどのように動くか予想することはとても難しいことですが、

まったくあべこべにばかり動いているわけでもなさそうです。

「絶対」といわれるものはありませんが、

多くの人が手掛かりとしている方法を少しずつ学ぶことによって、

思い付きだけのポジションを取ることは減るでしょう。

まずは「損切りの位置を損失の増える方向に動かさない

これを徹底するためにも「OCO注文」での決済を覚えてください。

 

FX初心者が知るべき様々な注文方法

FXにはたくさんの専門用語がたくさんあります。

その中でも、早く覚えたいのが、注文方法。

いくつかは先に出てきましたが、

ひとつずつ見ていきましょう。

 

ストリーミング注文

FXの取引で最も早い取引方法、「ストリーミング注文」。

株取引での「成り行き」注文と似ていますが、実は「成り行き」注文とは少し違います。

成り行き注文はいわば「お任せ」の注文で、「今」売りたい、「今」買いたい、

そのためには「金額は市場にまかせる」という意味合いが含まれます。

しかしFXではシステムをクリックして注文がFX会社のサーバに届いた時点での「約定」となり、

大きな為替の変動の時にはその注文が成立しない場合も少なくありません。

よって、株式の「成り行き注文」とは区別して「ストリーミング注文」という呼ばれ方をします。

 

指値注文

FXでの取引において「今より安いこのレートで買いたい、

今より高いこのレートで売りたい」といったように

エントリーや決済のレートが決まっている場合、役に立つのが「指値注文」です。

レートが決まっているときには、そのレートで取引したいですよね。

前もって注文しておくことによって、そのレートに到達するとともに「約定」となります。

「高く売って安く買う」のFXの基本に忠実な注文ができます。

もちろん決済の時にも利用可能。

注文を出しておけば指定したレートで利益確定をすることができます。

時間指定ができる場合もありますが「GTC」というところにチェックを入れることによって

「無期限」とすることもできます。

ただしできないことが一つ。

相場とは反対の注文は出来ません。

「今より安いところで売る。今より高いところで買う」といった注文が必要な時は

「逆指値」注文になります。

 

逆指値注文

指値注文ではできなかった「今より安いところで売る。今より高いところで買う」といった

相場に反した注文に使う方法で、主に損切り注文で使います。

また、エントリーで使う主な場面は、レンジブレイクのときの注文。

レンジ相場の際にこれを抜けたら大きく動くと予想される

サポートやラインやレジスタンスラインのレートは先にわかっているので

その上もしくは下に自分の予想するレートを入れて予約します。

これによっていち早くポジションを取ることができます。

 

OCO(オーシーオー)注文

初心者にぜひ覚えていただきたい決済方法、「OCO注文」。

これによって保有するポジションの利益確定、損切りの注文を同時に行うことが可能です。

注文を取り消さない限り、最初に決めたことを実行するので、

感情の入らない取引が可能となります。

エントリーの際も、2つの注文を同時に行うことができることを利用して

「今より安くなったら買おう。今より高くなったら売ろう」の指値・逆指値の注文も可能です。

一方の注文が約定したら、もう一方の取引がキャンセルされます。

 

IFD(イフダン)注文

IFDONE注文と表記されることもありますが、

「もし、注文Aが約定したら、注文Bを発注する」という注文方法です。

早い者勝ちのOCOとは違い、最初の注文Aが約定した時のみBと連続した注文が行われます。

具体的には「注文A」で保有したいポジションのレートを入力しておき、

「注文B」で希望するレートでの利益確定決済、もしくは損切り決済を発注することができます。

 

IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文

「OCO」「IFD」の2種類の便利な注文方法ですが、さらに合わせた「IFDOCO注文」。

「IFDOCO注文」は新規のエントリー注文が約定すると利益確定・損切りの注文が発注され、

どちらか先に到達した方が約定される注文方法です。

一度注文を出してしまえば、

ポジションを持つところから決済まですべて自動で発注される、

いわば全自動の取引方法です。

チャートを見ながら取引したいレート・利益確定レート・損切りレートの3つが決まったら、

あとは「IFDOCO注文」さえしておけば、

到達した時点でそれぞれが順に自動で「約定→発注→約定となります。

これでシステムに張り付く必要はありませんね。

忙しいときにも取引が可能な便利な方法です。

 

トレール注文

レートの上昇や下落にあわせて、逆指値の注文を自動で修正してくれるのが「トレール注文」です。

少々わかりにくいので、例にとってお話ししていきましょう。

たとえば100円でロング(買い)ポジション、

50銭下での損切りでトレール注文を発注したとします。

レートが上がるにつれて損切りである逆指値のレートも50銭下をついてきます。

現在101円となりました。

この時、逆指値は50銭下の100円50銭の位置にあります。

しかし100円90銭に下がりました。

しかし逆指値は逆の方へは動かないので、100円50銭のままです。

また上昇し101円20銭となりました。

50銭下の100円70銭の位置に移動します。

また下がって100円80銭となりました。

逆指値は100円70銭のままです。

このように利益を確保する方にだけ、逆指値がついていくので、

利益を確保しながら損切りの位置を変えていくことができます。

損切りラインを割らない限り利益を伸ばしていける、非常に便利な注文方法です。

 

FX初心者が知るpipターゲット

アメリカのカリスマFXトレーダーのブラッドリー・フリード氏。

共著「超カンタンアメリカ最強のFX理論」で有名な人物ですが、

彼の考え方のひとつに「pipターゲット」というものがあります。

 

1000通貨単位での取引では大きな金額を稼ぐのが難しく、

つい手っ取り早く取引数量を増やしてしまいたくなりますが、

「pipターゲット」では、いくら稼ぐかより何pipとれたかが重要なです。

 

「FXでの目標は、的を正確に射抜くこと。あなたの目標は的を射ることです。

FXでの目標とはpipターゲット。Pipとは取引レートの最小単位のこと。

1日5000円だとか、金額で目標を立てる人も多いですが、それだと感情に振り回されがち。

Pipで考えると、値動きだけに集中できるんです。」

 

FXでは大きく儲けたからと言って、次も必ず、ということはありません。

勝率の高い取引ができなければ、いつか大きな失敗をする可能性があります。

ビギナーズラックは続かないということも言えますね。

いずれにしても、FXで取引できるのはクロス円だけではありません。

EUR/USDなどの通貨ペアでは、金額で考えていてはむしろ戸惑います。

それなら初めからpipで見る、という考え方もいいのではないでしょうか。

 

もちろん最初は少額取引から始めるべきですが、

pipで見れば、利益確定も損切りも案外、きちんとできるかもしれません。

もともとpip単位であるものを、「これでいくら儲かる」といった形に変えているのは、

取引する側の欲でしかないのかもしれません。

方法はいろいろかもしれませんが、1日に何pip取れるかによって目標を決めて、

あとから取引数量を調節していけば、無理なくFXを続けていけそうです。

 

では、どうやって目標pipを決めるのでしょう。

「人それぞれですが、最初のpipターゲットを知る最良の方法はこれまでの取引履歴を確認して、

1週間の平均獲得pip数を計算することです。

1か月後に目標達成できないようなら少し目標を落としたり、

逆にもう少し稼げるようなら増やしたりと調整するようにしましょう。

こうして少しずつ調整することで、最適なpipターゲットが見つかるはずです。」

これなら、難しくありません。

 

アメリカのカリスマFXトレーダーのブラッドリー・フリード氏はこう伝えています。

「・・・多くの方が誤解しているようですが、名トレーダーとはたくさんの利益を稼ぐ人ではありません。

自分の目標を明確にしてその目標を精度高く実現できる人こそ、名トレーダーなんです。

一度に大金を稼ぐトレーダーは、30回トレードしたとして、大半は失敗して、残り10回で稼いでいるのかもしれません。」

より的確な取引ができるようになることをお祈りします。