まずは10万円からFXを始めよう


21

少額から取引ができるFX。いったい資金はいくらから始めるのがいいのでしょうか?
これはどの通貨ペアで取引をするのか、どのくらいの値動きを想定するのか、またあなた自身どんな性格でどこまで知識があるのか、それによっていくらぐらいが妥当かは一概には言えません。

そこでFX初心者という観点で、無理のない、また覚えていく期間も十分取れると思われる、資金10万円、1000通貨単位での取引をお勧めします。まずは10万円という資金について考えていきましょう。

FXでは最大25倍の取引ができますが、最初からその必要証拠金のみでは、スプレッドだけで強制ロスカットとなってしまいます。そこで少々の値動きにも耐えられるよう必要証拠金+アルファの金額が必要となってきます。常に変化し続ける為替レートに対応するのは至難の業です。取引数量に対してじゅうぶん余裕のある資金が必要ですね。

また、FX初心者がビギナーズラック以外で、急にお金を稼げる世界でもありません。いろいろ研究していくことが必要となります。

FXは1000通貨の取引に対し、10万円の資金は、実はそれなりに余裕を持ったものになります。これなら複数のポジションを少々持ったとしても問題ありません。

ほかにも。10万円なら「思い切った取引をすることができる」というメリットもあげられます。

1000通貨単位でしたら1円動いても1000円の損失。為替が大きく動いたとしても、よっぽどのことがない限り1日2円かそこいらです。

万一それ以上動いても、たとえば、USD/JPYが1日で50円になっても、1000通貨でしたらまだまだ強制退場にはなりません。せっかくなので資金を増やしながら、いろいろ研究してみましょう。

「損失は小さく、利益は大きく」
FX取引の格言ですが、利益を大きくする方法が見つかるまでは、まずは損失を小さくすることが肝心です。もちろん実際の取引はあなた自身の責任の下で行われます。テクニカル分析の項と合わせてみていきながら、気になるものはどんどん試していきましょう。

 

まずは目標を設定する


251

いよいよ10万円からの取引スタートです。もちろん、デモ口座で検証してみるのもいいでしょう。しかし、実際のところ1000通貨単位の取引では儲からないような気がします。

そこでまずは目標を設定しましょう。
10倍の100万円ではどうでしょうか。しかし目標を定めたらコツコツ頑張ることによって無理な話ではないかもしれません。

以下の作戦、いかがでしょうか。

「元手10万円で100万円目指す計画」 

<概要>
週の目標pip 50pip 
通貨ペア クロス円
取引数量 4000通貨~
条件 口座資金が+2万5千円となるごとにトレード数量を1000ずつ増やす。

「週の目標 50pip」
1日10pipで計算できます。難しい数字ではないでしょう。

少な目の損切りと出来るだけの利益を心がければ、1度には無理だったとしても数回の取引でとれる可能性は大いにあります。金額がわかりやすいのでUSD/JPYなど、日本円との組み合わせ通貨ペアがおすすめです。

「取引数量は4000通貨から」
4000通貨で10pipsでしたら1日の儲けは400円。

少々少ないような気がしますが、続けていくことができたら、3か月目には2万5千円のプラスとなるので、1000通貨取引数を増やして、5000通貨での取引を開始することができます。そのまま週50pipの目標を続けていきましょう。

すでにお気づきだと思いますが、取引数量が増えるたびに2万5千円貯めるまでの期間はだんだんと短くなっていきます。1万通貨取引になるまでの期間はおよそ50週間。100万円に到達するのは、122週目となります。
この時の取引数量は4万通貨。2年とちょっとで、資金が10倍になりました。

この方法のいいところは、目標が明確であるということ。また無理がないというところも魅力的です。終了するころには自信と自分のルール、リスク対策も身につくでしょう。

このように、1000通貨単位での取引でも、明確な目標をもって取り組めば、その金額の小ささも気にならなくなります。1000通貨単位の取引に限らず、ルールを決めておけば、一度に大きな取引をおこなって、大きなリスクを背負うこともなくなるでしょう。

 

最初は「ZAR/JPY」を試す


zarjpy

はじめてFX取引を始めた人は、「なじみ深い」という理由だけでUSD/JPYから取引をはじめるようです。
FX会社のパンフレットなどでも「初めはUSD/JPYから始めてみましょう」など見かけることもあります。

しかしUSD/JPYが特に取引が楽で初心者向き、というわけではありません。FXでは多くの通貨ペアでの取引ができます。せっかくなので、1000通貨単位取引の機動性をいかして、ほかの通貨ペアの様子を見てみましょう。

まずはZAR/JPY
「ZAR」は南アフリカランドのことで、FXを始めるまで全く知らなかった人も少なくないかもしれません。

実はこの南アフリカランド、意外なことに新興国通貨ではもっとも人気があります。1日の変動幅が少ないので、稼ぎにくいという印象を受けますが、数量を調節することによって決して稼げない通貨ペアではなくなってきます。

日頃1日にUSD/JPYで1円の値動きを狙う際に1000通貨で取引をしているとします。
しかし、南アフリカランドの値幅は4分の1の12銭しかありません。なので、ここは単純計算で4倍の4000通貨で取引してみましょう。これなら25pipsの値幅を追えばいいので、USD/JPYとあまり変わらない感覚で行うことができますね。

ZAR/JPYの取引では4000通貨で取引しても実際に動かしているお金は4万円から5万円。自己資金に対するレバレッジも全く問題ありません。為替水準の低い通貨でしたら、このような方法で試してみることができます。

では、反対にアメリカドルより為替水準が高いGBP/JPYの場合はどうでしょうか。こちらはその変動幅の大きさから、バリバリ取引をしたい個人投資家に人気の通貨です。しかし、初心者が取引するには少々値動きがはげしすぎるとも言われて、敬遠されがちな通貨でもあります。

1日の平均値幅は1円16銭。

ここで生きてくるのが、1000通貨単位の取引。最小の1000通貨で試してみます。

思いっきり大きく1円の損切りを入れてみましょう。もし為替が逆に動いたとしても損失は1000円です。

「これでは損切りと利益確定のバランスが・・・」、なんて普通でしたら考えてしまいそうですが、1日の平均値幅が大きいので、利益が出たときも大きくなる可能性があります。

バランスも問題ありません。
このように1日の平均値幅や、値動きによって数量の調節をしたり、損切りの許容額を見直したりすれば、多くの通貨の取引を試してみることができます。低レバレッジの少額取引ならではの考え方といえますね。平均的な値幅はその時々で違いますが、ほかの通貨ペアも同じようにして試してみてください。
 

打診買いをしてから本格参入する


20081005133541

1000通貨での取引に慣れて、損益のバランスもとることが出来るようになってきたかもしれません。 1万通貨で取引していたら、すべてのトレードが全力の取引で常に利益を取らなければと、プレッシャーでいっぱいいっぱいだったでしょう。

しかし、少々損失を出しても大した金額にはならない1000通貨単位での取引。

そこで、ちょっとプロにならって「打診買い」を試してみましょう。「打診買い」とは、プロのディーラーが1日の取引の前に、市場の様子をうかがうために、ひとまずポジションをとってみる方法です。
関連記事:レンジ相場における打診買いのコツ

重要な節目となりそうなポイントに近づいたら、まず1000通貨で「打診買い」をします。節目になるポイントとは「これを抜けたら大きく上がりそう、これに跳ね返されたら大きく下げそう」といったポイントです。

もしうまく利益がのって方向感が出てきたときは、さらに2000通貨、3000通貨と買い増していきます。逆に動いたときはあきらめてさっさと撤退して次のチャンスを待ちます。

この方法が特に有効なのが、FX相場の7割を占めるという「レンジ相場」です。そして、利益を最も狙えるのはブレイクアウトを狙うときです。

レンジを抜けた!!と急いでポジションをとったにもかかわらず、すぐにレンジに戻って損切りを重ねることも多かったかもしれません。

それなら少な目に1000通貨の打診買いで様子を見てみましょう。

まずはレンジを抜けたと判断できる位置でこれまで通りポジションを持ちます。1000通貨のみのポジションなので、レンジに戻った時は考えうる最少の金額での損切りということになります。気持ち的にも楽です。

運よく思い通りに動いてトレンドができ始めたら、追加のポジションを持ちましょう。すでに含み益のあるポジションを持っているので、追加ポジションを持つときのプレッシャーも少なくてすみます。

これから自分に合ったスタイルを見つけ出すことによって、勝率が高い取引ができるようになります。「様子見」としての「打診買い」「打診売り」といった方法をおぼえておけば、いざというときも役に立ってくれます。

 

指標発表について


20111006gbpjpy

FXを始めると経済関連のニュースがおもしろくなります。 特に毎月第一金曜日の夜に発表されるアメリカの「雇用統計」。その中でも「非農業部門雇用者数」、「失業率」が最も関心を集め、この数字によっては大きく為替が動くことがあります。
関連記事:FXで注目すべき経済指標
関連記事:経済指標とサプライズ相場とは?

発表時間は冬時間では22時半、夏時間では21時半。
通常では1日50銭~60銭の値幅しかないUSD/JPYがほんの数分で1円近く動くこともあるので、どれだけ関心を集めているのかうかがい知ることができます。

重要視されるのは「数字がいくつか」ではなくこれが「市場の想定内にあるか否か」で、それによって為替が動くのですが、我々一般投資家はどちらに動くのか、また動かないのか、予想することは出来ません。

一見、どうしようもないように思えますが、ひとたび動けば大きな動きとなる可能性が高いこの「雇用統計」。これを利用して取引を行う手立てがないわけではありません。「上がる」「下がる」の予想は出来ないので、大きくどちらかに動くと想定して、両方で待ち伏せます。

注文は発表直前のレートより少し離れた位置で行うのがいいです。

2つの注文と同時にそれぞれの決済注文もできるIFDOCO(イフダンオーシーオー)を使うのが最も効率的です。
気を付けたいのは、大きく動く際に見せる乱高下。損切りの位置は遠めに設定しておかなければ、すぐに引っかかってしまいます。

ここで1000通貨の出番です。

1万通貨のような大きな数量での取引ではお勧めできませんが、1000通貨でしたら万一ひっかかっても損失は10分の1。思い切った取引も可能というわけです。
あとは指標発表を待ちます。

じゅうぶんに動き始めれば、上下どちらかの注文が約定されるとともに、反対側の注文はキャンセルされます。万一動かなかったときは、注文をすべて自分でキャンセルすればいいだけです。

あとは利益確定もしくは損切りポイントに到達するのを待ちます。注意することは、乱高下がおさまったと判断した時に損切りの位置を動かすこと。もちろん「含み益が出る位置へ」です。

これだけのことですが、これで1回の取引で短時間に大きな利幅を取ることも可能です。

万一うまくいかなかったとしても、1000通貨でしたら痛手は少額で済みます。指標発表時の取引は難しいものとされていますが、少額取引なら、あえてリスクをとって楽しんでみることもできます。


FXで利益を伸ばしていく手法の続きは
FXの1000通貨で儲ける!お金を稼ぐ方法(後編)をご覧ください。



【FXに役立つ関連記事】
FXで儲かるために「日記」を付けよう!
シストレ「システムトレード(自動売買)」の意味とやり方
FXで儲かるための「トレードスタイル」の選び方
FX会社のを選び方~注意すべきポイントを解説!


Twitterでも情報を配信中!