349f85321-1024x477


FXの1000通貨で儲ける!お金を稼ぐ方法(前編)では、
10万円の種銭で稼いでいく戦略について書きました。

ここでは、具体的な手法や利益を伸ばしていく方法について
見ていただきます。

FXの1000通貨で儲けるお金を稼ぐ方法 利益を伸ばす

取引するFX会社によって、

1000通貨から取引できるところ、1万通貨からしか取引できないところ、いろいろあります。 

しかし少額資金で始めるときは、1000通貨単位での取引ができるFX会社を選択する方が、

断然楽しめます。

 

ここまでほかの通貨を試したり、打診買いしてみたり、

損失の少なさをいかした冒険をしてきましたが利益を育てることもできます。 

 

利益確定の際、「戻ってしまったらどうしよう」とつい、

利益確定を急ぐあまりに十分な利益を取ることができなくなる、というお話をしました。

その際は、損切りを動かして利益を確保する、という対策を取りましたが、

もし2000通貨以上の複数の取引でしたら、こんな方法もあります。

 

たとえば、現在保有中の買いポジションにじゅうぶんな含み益があるとします。

取引数量は6000通貨。

このまま決済することもできますが、まだまだ伸びていきそうな予感がします。

利益が減るよりはここらへんで妥協して決済すべきかな、と悩むくらいなら、

半分だけ利益確定してみましょう。

 

そうすればいったんは利益が受け取れます。

残りはどう動くか見守ればいいのです。

もちろん、「半分」という表現をしましたが必ずしも半分でなくても構いません。

トレンドが強そう、と判断できたときは、2000通貨でもいいでしょう。

そうすれば、また、次にうろうろしはじめた時、さらに2000だけ決済することができます。

 

これが1万通貨単位の取引だったらどうなったでしょうか。

10万の資金では大きなリスクを抱えて最高2万通貨取引できるかどうか。

1万通貨で取引すれば、それは「1」でしかなく、分けることは出来ません。 

しかし1000通貨単位の取引が可能でしたら、もし慣れてきて1万通貨の取引をする場合も、

それは「10」で、複数として扱うことが可能です。

 

もちろん初めのうちは少なめの数量で取引することが、リスク対策の面でも重要です。

しかし、ぐっとおさえて2000通貨単位で取引しても、それはやはり複数です。

まだまだはじめたての時は、利益確定で決済するより、損切りの方が多いかもしれませんが、

これからその1000通貨単位取引での機動性や、複数扱いできるという特性を生かしながら、

いろいろな利益の増やし方を見つけていきましょう。

 

FXの1000通貨で儲けるお金を稼ぐ方法 ピラミッディング

1000通貨の取引でも複数単位で取引することによって、いろいろなことができます。

 

打診買いを少し応用したような方法で、より利益を積極的に増やす方法の

ピラミッディング」についてご説明します。

 

レートを100円としてお話してきます。

まずは100円で4000通貨、買いポジションを持ったとします。

狙い通り伸びて100円50銭になりました。ですが、まだまだ上がりそうな気配です。

そんな時は、せっかくなので思い切って買い増ししてみましょう。

とはいえすでに50銭上がったところで買い増しするのは、なんとなくちょっと怖い感じがします。

 

レバレッジが急に大きくなることもプレッシャーです。

では、半分の数量だったらどうでしょうか。

それと同時に初めのポジションの損切りを移動しましょう。

もちろん利益が出る方向へ、です。

 

このように数量を増やすことと損切りの移動はセットで行います。

こうすれば最低限の利益は残るので、新しいポジションの損失を防ぐことができます。

もし運よく利益が伸びてレートが101円になったらどうしましょう。

ここでもまだ上がりそうな気配がしています。

それではさらに買い増しです。

今度はさらに半分の1000通貨。

もちろん先の2つの損切りも移動です。

あくまでセットで行いましょう。

 

こうして増やしていけば数量が増えた分、利益も増えます。

損切りの位置を動かしながらの買い増しなので、万一の時も大きな損失とはなりにくいでしょう。

損切りの位置は為替の動きと自分の許容範囲を見ながら変えていくことが肝心ですが、

具体的な方法として、「平均購入単価」の計算をお勧めします。

 

「平均購入単価」とは、すべてのポジションの平均購入価格、

つまり「損益分岐レート」を知ることができます。

100円で4000通貨購入した時は100円、100円50銭で買い増しした時は

(100円×4)+(100円50銭×2)÷取引数7=100円17銭。

101円で買い増しした時は

(100円×4)+(100円50銭×2)+(101円×1)÷7で100円29銭。

損益分岐レートは100円29銭。

ここにすべての損切りを入れると最悪でも損失はゼロです。

今回は「4・2・1」と買い増ししていきましたが、比率はもちろん自由です。

ただし、「ピラミッディング」という名前の通り数量は減らしていくことが原則。

また「平均購入単価」の計算と、それに合わせた「損切り」をきちんとすることが、絶対条件です。

ピラミッティングでのトレード方法はこちらもご参考に!
関連記事:FXのトレード手法「ピラミッティング」とは?

 

FXの1000通貨で儲けるお金を稼ぐ方法 ナンピン

ピラミッディングの項で数量を減らしながら、ポジションを増やしていくことを学びました。

「平均購入単価」を計算することによって複数のポジションを持った時も、

損益分岐レート」を算出することが可能です。

 

では、もし、為替が予想に反して逆に進んだときはどうでしょうか。

前と同じくレートを100円としてみていきます。

同じように4000通貨買ってみましたが、残念なことに50銭も下がって現在99円50銭。

しかし、為替は上がるようにしか見えません。

ここで、2000通貨買い増してみましょう。

 

思わず「え?」と思いますが、「損益分岐レート」を計算してみましょう。

99円83銭に下がっています。

もし4000通貨買い増した場合は99円75銭。

「損益分岐レート」が近づいています。

これぞナンピン

含み損があるのに買い増しをするなんて発想はなかなか思いつかないと思いますが、

落ち着て考えてみれば不思議なことではありません。

もちろん、1000通貨単位の取引だから可能な方法です。

 

これは「ナンピン」「ナンピン買い下がり」と言って、

現時点、含み損を抱えたポジションを持っているのに、

さらに「売り」「買い」が同様のポジションを増やすことです。

しかしこのナンピン、むやみに使うにはあまりに危険な方法でもあります。

 

本来なら予想に反して為替が逆の方に進んだときは「損切りの徹底」が原則。

損切りをして、もう一度チャートを見直し、それでもまだ上がると思った時に

新たにポジションを取り直せばいいのです。

ましてやすでに、予想と反して為替が動いています。

自分の判断に固執するのは非常に危険です。

いったん撤退して見直すことが必要な場面といえるでしょう。

 

お気づきとは思いますが、含み損を抱えたポジションを増やすということは

大きなリスクを抱えるということでもあります。

ナンピンとは「難平」と書き、本来なら初心者が気軽に使いこなせるものではありません。

うまく使いこなせば強い味方になりますが、まずは「損切りの徹底」、
チャートの見直しを優先すべきです。


ナンピンについてはこちらも参考にどうぞ。
関連記事:ナンピンの考え方、利益の積み上げ方


実際に予想通り上昇を始めたときはポジションを取る位置が悪かった

という可能性も考えられます。

為替はいつも決まった動きをするとは言えず、手掛かりとなるものがないことも多くありますが、

もう一度見直して、わからない時は取引をしない、ということも必要です。

 

FXの1000通貨で儲けるお金を稼ぐ方法 トレード数量の決め方

「損切り」、「レバレッジ」、この2つがリスク対策において

大きな位置を占めていることはこれまでお話ししてきたとおりです。

 

しかしいずれにおいても「取引数量」が重要なキーワードとなってきます。

どんな方法で取引をするとしても、取引数量が間違っていれば

リスクの高い取引となってしまいます。

初心者にもわかりやすい、取引数量の指針のようなものがあるといいですね。

 

もちろん自己資金での取引ではすべて自分の責任の下で、

自分でルールを決めなくてはなりませんが、以下のように

自分の許容できる損失額から考えていく方法もあります。

参考にしてみてください。

 

①まずは自分がこの1回の取引で損してもいいと思う金額を決めます。

たとえば5000円としましょう。

この時大切なのは資金とのバランス。

10万円の資金に対して1万円では予想に反して為替が動いた場合、資金の10%を失ってしまいます。

今後の取引において大きなプレッシャーとなりますね。

5000円ではどうでしょうか。

決して少ない数字ではありませんが、資金の5%。まだまだ問題なさそうです。

 

②次は保有したいと考えているポジションでの損切りポイントを決めます。

ここではレートが100円の時にロング(買い)でエントリーしたいと考えているとして、

損切りはどこにいれるのがいいか考えてみます。

ポジションを持つ前に損切りの位置を決めておくことが重要なのはこれまでお伝えした通りです。

ここでは1円50銭動いた98円50銭としましょう。

 

③許容できる損失額と損切りポイントまでの幅で数量を計算します。

5000円÷1円50銭=3333.33…

今回の取引数量は3000通貨となりました。

これで取引数量を出すことができますし損失額も許容範囲内に収まります。

先に損切りのポイントも決めているので、動かすと損失額が増えてしまうということも

理解できています。

 

1万通貨単位の取引では、許容損失額を大きくしなければ

身動きがとれなくなってしまいやすい、ということもわかります。

資金の額に占める損失の割合が大きくなることが

どれだけ危険だということも、認識されておられることと思います。

 

初心者のうちにほんの数回の取引で退場させられては、実際にFXで儲かることができるのかどうか

知ることもできません。

リスク対策として、取引数量と損切りポイント、許容損失額の3つで

バランスを取る必要があるということがわかります。

 

FXの1000通貨で儲けるお金を稼ぐ方法 地道に10pipsずつ積み上げる

巨額の資金を動かす機関投資家から、プロのディーラー、熟練した専業トレーダー

多くの種類の人が取引する為替市場。

その中で最も弱者であるのは、私たち個人投資家といえます。

ともすると、多くの市場のプロから見たら「カモ」でしかない一般投資家ですが、

そんな為替市場でも勝ち残る方法がないわけではありません。

どうすればいいのでしょう。

 

ひとつは強欲にならないということ。

大金を稼ごうとすればそれだけ大金を失うリスクが伴います。

為替市場は素人が簡単に大金を稼げるほど甘くはありません。

 

そう語るのはアメリカのカリスマFXコーチブラッドリー・フリード氏。

彼は対策として「1日10pipsを着実に積み上げる」戦略をあげます。

とはいえ10pipsでは10銭。そんな値幅では全然儲からないような気がします。

 

しかし考えてみてください。

1万通貨の取引で毎日10pips。

はじめは1日1000円ですが、10万円増えたら2万通貨とふやしていけば

1年で70万円以上の金額になります。

 

元の資金の7倍です。

「大金を稼ぐのに強欲になる必要はないんです。

毎日小さな利益で満足して、それを継続することが大切。

上級トレーダーやプロのディーラーは大きな利益を狙いますから、

10pipsなんて目もくれません。そこに生き残るチャンスがあるんです。」

 

上級トレーダーやプロのディーラー相手に同じ土俵に立っていれば、

じゅうぶんな利益を得る前にしてやられることの方が多いかもしれません。

しかし小さな数字であれば、その小ささゆえに生き残るチャンスが生まれてくるというものです。

 

もちろん小さな利幅のみを狙っていれば、必ず安心というわけではありません。

思い通りに行かないと、思わず「裏の裏をかいてやる!!」

なんて考えてしまいそうですが裏の裏とは表。あくまで「クール」に行きましょう。

 

市場における個人とは、農業における自然と農家の関係に例えることができるかもしれません。

研究し、分析し対策を練る。

自然に挑んでも勝ち目はありませんが、そうやってより安定的に果実を実らすことは出来ます。

 

FXも同じように、コツコツ積み上げれば、リスクの多い取引を選ばずとも

1年間で資金を7倍にすることもできるのです。

初心者には少額からの取引がお勧めですが、4000通貨から始めても、

2万5千円儲かるたびに取引数量を増やせば2年とちょっとで資金は10倍です。

 

市場で毎回勝つのはどんな名トレーダーでもまず無理なことです。
地道に利益を増やしていくのが資産を増やすには一番の戦略ですね。


【FXの関連記事】
FXで勝率を上げるために「トレード日記」を書こう!
「サポートライン」と「レジスタンスライン」の引き方、FXトレードへの応用方法
相場環境に応じたFXトレード戦略