為替の動きを分析する方法は大きく分けて2つあります。

「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」。

ファンダメンタルズ分析はおもに取引する国の経済状態やニュースをもとに、

大まかな為替の流れを読み取るものです。

 

目先の値動きを予測したり、どこで買ってどこで利益確定するのか考えるとき、力となってくれるのはテクニカル分析です。

テクニカル分析とはチャートを使った分析方法で、これまでの傾向やパターンをもとに、

どのタイミングで取引するのが有利か分析する方法です。

 

日本人はとかくファンダメンタル分析が好き、といわれる民族ですが、

これらは2つで1つともいえ、片方だけでは心もとなくなります。

 

たとえばファンダメンタルズ分析によって、「今後為替が動きそう」と判断しても、

いったい何を基準に取引をすればいいのかわからなければ、ポジションの持ちようもありません。

ともすると、高値で買ったり安値で売ったりしないとも限りません。

 

しかし、テクニカル分析を合わせれば、

「ファンダメンタルズ分析では、しばらく円高になりそうだから、

直近の安値を割ったらエントリーしよう」や

「テクニカル分析ではまだシグナルが出ていないから、しばらく様子を見よう」といった

判断ができます。

 

もちろんファンダメンタルズ分析が大きなトレンドを作ったり、

トレンド転換につながったりするのも事実です。

 

デイトレードなど短期の取引においてはテクニカル分析に頼る場面も少なくありませんが、

イメージとしてはファンダメンタルズ分析3割、

テクニカル分析7割くらいで活用することになるかもしれません。

 

チャートにはこれまでの値動きと共に多くの人の行動パターンが刻まれています。

チャートをひも解けば、有利な取引をすることも可能かもしれません。

 

テクニカル分析にはおもに「オシレーター系」と「トレンド系」の2種類がありますが、

変わったところではフィボナッチリトレースメントのように、為替とはまるで関係なさそうなものを使うこともあります。

 

このように複雑で専門用語の多いテクニカル分析ですが、

すべてを知らなければならないわけではありません。

使いやすいと思うものから始めてみてはいかがでしょうか。