FXの最大の特徴であり、最大の魅力とも言われる「レバレッジ」。

これは英語で「てこ」を意味しています。

 

FXの取引では、この小さな力で大きなものを動かす、てこの原理によって

小さな金額で大きな取引が可能となっています。

株の取引でもこのてこの原理を利用した取引は可能ですが、せいぜい3倍程度。

しかしFXでは最大25倍のレバレッジがかけられます。

どういうことでしょうか。

 

それはFXが「差金決済」であって決済を前提とした取引であるということが挙げられます。

「差金決済」とは商品の受け渡しをすることなくその差額で決済を行うことで、

例えば、「買った100万円分の米ドルが90万円の価値になっても

必ず売り戻してくれるのであれば、先に収めた預託証拠金(自己資金)の

10万円を合わせることによってFX会社はとりっぱぐれない」というほうが

わかりやすいかもしれません。

 

逆を言えばFX会社としては預かった10万円以上の損失を抱えてもらうわけにはいかないので

度を超えた取引をしてもらっては困ります。

そこでレバレッジに上限を設けて、「必要最低証拠金」という形であらわします。

 

預託証拠金におけるレバレッジの算出方法は、

自己資金10万円で1ドル100円の時に1000通貨取引する場合、

(100×1000)÷10万=1倍。

同じく10万の資金で1万通貨の取引をした場合、

(100×1万)÷10万=10倍。と計算することができます。

 

「適正レバレッジっていくらだろう」思わず考えてしまいますが、それは人それぞれ。

レートの変化によってかわっていくレバレッジを追いかけるより、

市場の動きを追うことが先決です。

不安な時は自分の許容損失額と損切りポイントから取引数量を算出すればいいのです。

 

いずれにしても、資金10万円の取引では1000通貨の取引でも

1ドルが100円以下でなければ実際はレバレッジが利用されています。

難しくてややこしいルールではありますが、自己資金以上の取引が可能なことは確かです。

1万通貨で取引するのも慣れている人にとってはそんなに危険なことではない場合もありますが、

ここはちょっと考えて、初心者のうちは可能な限り少な目の数量で取引をしてみるのが

いいかもしれません。

 

自分に合った通貨ペアを探したり、複数のポジションを持ったりいろいろ試しながら、

自分のスタイルやルールを見つけましょう。

ただし、複数のポジションを持つときはレバレッジが増えるということは忘れてはいけません。