FXの取引をするには、FX会社の口座に資金を振り込まなくてはならないわけですが、

FX会社の信頼度ってどうやって考えればいいのでしょう。

万一のことがあってはと思うとなかなか、取引の開始に至りません。

わたしたちができることといったらネットで

株式の上場の有無を調べることぐらいです。

FX会社の信頼度ってどう見ればいいのでしょう。

 

FX会社には「信託保全」が義務付けられています

FX会社の信頼度を表すキーワードは「信託保全100%の義務化」。

 2010年にこの法律が定まるまでは、FX会社には「分離管理」という

方法のみしか課せられていませんでした。

「分離管理」とは顧客の預託金と会社のお金とを区別して保管するということ。

これによって顧客の資産は守られると考えられていましたが、

自己申告制でしかなかったため、過去に破たんしたFX会社をしらべてみたところ、

実は守られていなかったというケースがありました。

 そこで導入されたのが「信託保全100%の義務化」。

これまでの分離管理を、法律として取り締まるとともに、

制度として義務付けるといった内容です。

これにより、顧客の預け入れた資金は、信託銀行へと移し替えられ、

万一の場合も「受益者代理人」によって、100%返還されることになりました。

早くから、導入していたFX会社もありましたが、現在ではこの法律により、

すべてのFX会社がこれに従わざるを得なくなり、信頼が高まったといえます。

顧客の資産は「含み益」「スワップ」も含め、すべて返還されるよう設定されています。

 

しかし、「含み益が返還される」ということは、もちろん

「含み損も考慮に入れられる」ということになります。

FX会社の経営破たんの際、万一、含み損を抱えたポジションを保有したままになっていたら、

その分ひかれてしまうということです。

 

FX会社の破たんが起こるきっかけは、その経営体制によることもありますが、

大きな値動きの際、顧客の含み損をカバーができなくなった、

ということも可能性としてあげられます。

 

うっかり持ち越したその含み損。

多くの人も同じように抱えていたとしたら・・・。

 

FX会社の経営破たんの際には、ポジションを処分する期間を少々設けることもありますが、

その期間内に含み損が必ず消えてしまうとは限りません。

 

FX会社の信用度も重要ですが、まずは損切りの徹底が重要そうです。