新聞や週刊誌でこんな見出しを見たことある人もいるのではないでしょうか。

「FXで所得隠し、4億円を脱税」「FX所得で主婦が脱税、国税局が告発」。

儲かってる人も大変だな~、なんてつい遠い世界のことのように思いがちですが、

実はそうではないかもしれません。

 

確定申告は20万円から必要です

FXで税金、というと大きく儲からなければ縁のない話のように思われますが、

サラリーマンの場合1月1日から12月31日までの1年間で20万円超の利益が出た場合

申告が必要となります。税率は一律20.315%。

これに満たない人も、FXの利益は雑所得として分類されるので、

ネットオークションで得た利益や副業で書いた原稿の印税など合算して

20万円以上になると申告が必要です。

バイナリーオプション、商品先物、日経225先物、CFDなど多くの金融商品との損益通算が可能

と共に損失の繰り越し控除も受けられるので、損した分はぜひぜひ届けておきたいところです。

 

儲かってからでは間に合いません

儲かった分を税金で納めなければならないのは仕方ないことですが、

できる対策はとっておくに越したことはありません。

20万円の利益といえば月換算で2万円にも満たない数字です。

雑所得には必要経費が認められるので、売買手数料はもちろん、FXを勉強するために買った本や

プロバイダ使用料、FX用に新調したパソコンや筆記用具など、

領収書を保管しておけば、認められるものも少なくないはずです。

領収書には日付が記載されるので、儲かってから考えるのでは遅すぎます。

 

FX会社は税務署への支払調書提出が義務付けられています

少々ならいいじゃん、と思うかもしれませんが、

実はFX会社は税務署への支払調書提出が義務付けられています。

支払調書というのは税務署が徴税の参考とするため、

給与支払者や取引業者に提出させる資料です。

このため、税務署はそれぞれの顧客の取引について知ることができる、ということになります。

少々のうちは黙って見過ごしてくれるかもしれませんが、

大きくなった時にまとめて請求にやってくるかもしれません。

低レバレッジでの取引をまじめにやっていたら、怖いのは強制ロスカットより税務署だった、

なんてことになったら、笑われてしまいますね。

 

こうしてみていくと、含み損の持越しはせいぜい年内までかもしれません。

急な時は、とりあえず、年末の取引の含み益は両建てでもして計算してみましょう。

来年の雑所得になるだけではありますが・・・。