ASPにはバナー広告やテキスト広告など

色々な種類のアフィリエイト広告があります。

 

これらには適切な掲載箇所があるので

上手に利用していきます。

 

【グラフィック系広告】

 

グラフィック系の広告は、掲載箇所が決まっています。

人間の目は「Z」を描くようにしてブログの画面を閲覧するため

本文上部、画面右にあるサイドバーの上下部の3箇所です。

 

しかし商品の内容や紹介方法で

掲載箇所や掲載数は変わってきます。

 

人気商品はアフィリエイト広告画像も

多くの人達が見ている場合が多いので

同じ広告を使っても効果は期待できません。

 

人気商品をアフィリエイトする時は

自分で撮影した写真を使うのが良いです。

 

本文上部に自分で撮影した画像を掲載して目立たせ

本文下部とサイドバー上部にバナー広告を掲載。

 

複数の商品を比較する場合は

対象商品を持っているのであれば

同じように撮影した画像を本文上部に掲載。

 

商品を持っていないのであれば

本文で概要を説明してから

下部に商品画像のバナー広告を配置すると良いでしょう。

 

バナー広告に記載されているPR文を

画像編集ソフトを使い消す行為は禁止されています。

 

気に入った広告が見つからなかった時は

他のASPで探すか、自分で撮影した画像を使いましょう。

 

自分で撮影した画像については

何枚以内に抑えるとかいう枚数の制限はありません。

 

一般的に企業の画像でも

見られないような工夫した角度の写真なら

4~5枚を目安に掲載すると良いです。

 

工夫できなかったら、2枚程度の掲載が良いでしょう。

 

【テキスト広告】

 

テキスト広告は比較的クリック率が高いです。

 

ブログやホームページのどの部分に掲載しても

不自然さがありません。

 

アフィリエイトする上でテキスト広告は必要不可欠です。

 

テキスト広告には

商品のキャッチコピーやフレーズが

テキストになっているものと

商品名そのものがテキストになっているものとがあります。

 

これらは最適な掲載箇所が少し違います。

 

キャッチコピーやフレーズがテキストの場合は

商品の特徴を記事で紹介した後

補足説明として画面下部に配置すると良いです。

 

商品名がテキストの場合は

記事の文中に配置すると効果的です。

 

お勧めとして具体的な商品名を出す時などに挿入しましょう。

 

ブログのアフィリエイトでは

テキストと画像の数のバランスを考えることが大切です。

 

サイドバーの上下と記事中に

グラフィック系の広告が掲載されている場合

テキスト広告は2~3種類程度に抑えます。

 

1画面にグラフィック系の広告が1つしかない場合

5~6種類程度のテキスト広告を掲載します。